早稲田大学


早稲田大学を目指す現役高校生の方へ

傾向
早稲田大学の特徴は、学部・学科により入試教科・科目の配点比重が異なること。ただし、慶應義塾大学や上智大学などと比べると、入試科目3教科のバランスを重視しているといえます。英語はどの学部も長文読解中心の問題で、論理的な文章が多く出題されています。また国語の現代文は大学入試問題の中でも一際難解といえ、合否を左右するといってもよいでしょう。現古融合問題、古漢融合問題が出題されるのも特徴的です。地歴・公民については記述問題に対応できる確かな知識と理解が要求されます。
対策
学部・学科により異なる配点比重に合わせた対策とともに、3教科のバランスの取れた実力養成が必要になります。英語は論理的な文章を読みこなすための英語力をつけましょう。国語の現代文は、難解な文章を正確に読み取る読解力と、様々な設問に対する解法を身につけましょう。
対策を実行に移す早稲田大学受講プラン
文系プラン
[英語]4時間の授業の中で、文法・語法から速読演習まで扱います。入試に必要な英語力はもちろん、問題文で語られる内容を把握するための教養を養います。法学部や文学部、国際教養学部などで出題される英作文対策も万全です。
[国語]入試問題を教材に文章を正確に読み取る論理力と、記述・論述力を養成します。古文は文法をマスターした上で、文章の主旨や作者の主張を読み取る力を鍛えます。

ページの先頭へ