上智大学


上智大学を目指す現役高校生の方へ

傾向
上智大学の文系学部の入試ではどの科目もマークセンス方式を採用していますが、問題量が多く、複雑な解答形式のものもあるので、教科についての深い理解はもちろん、特有の形式に対応できる力が必要です。英語は私大文系の中でもレベルが高く、難解な語を含む長文が出題され、また問題量が多いのも特徴的です。国語の現代文は評論の出題が主流、古文は幅広いジャンルから出題されていて、紛らわしい選択肢から正解を選ぶための正確な読み取りが要求されます。
対策
英語は語彙力と速読力が求められます。できるだけ多くの英文に接し、一読で要旨を把握する力をつけましょう。国語においては評論文対策は必須です。またどの科目でも、問題を解く際に選択肢を吟味し、答えの選択に理由づけをするといった、問題形式に即した対策が必要です。徐々に時間を意識して解くスピードをあげ、問題演習をこなしていくとよいでしょう。
対策を実行に移す上智大学受講プラン(文系の例)
文系プラン
[英語]4時間の授業の中で、文法・語法問題や長文読解問題はもちろん、速読演習も行います。語彙力強化プログラムもあり、これらのトレーニングで培った英語力があれば上智大英語対策は万全です。
文法を早期にマスターし、入試問題を用いて、文章の内容・展開を読み取る力をつけていきます。

ページの先頭へ