上智大学AO推薦入試攻略
上智大外国語ドイツ語一般推薦

1.基準
評定平均値:4.0、資料提供者自己平均値:4.1
2.試験の種類…学科別課題(A4、2枚)、自己推薦書、論文(当日)、面接
《論文》
時間:60分、文字数:800字
テーマ:
対外国人行動における公平なコミュニケーションについて(文章を読み、論じる)
3.その他、アドバイス等
自分が合格したことから考えると、論文ができなくても自己推薦書や面接で十分カバーできるということだ。90分で2題という論文は時間が足りなく、問題も難しめだと思う。わからなくても必ず全てうめることが大切だ。
面接は論文のあとに、抜き打ちだったのだが、自己推薦書をしっかり時間をかけて書いていれば、言うべきことも整理されているはずなので、大丈夫だ。そのためにも、自己推薦書は大切なので、人生をかけるつもりで書くべきだ。
上智の面接は厳しいというのは有名だが、確かに自分も1回、カマをかけられそうになった。したがって、十分注意する必要がある。
欠席日数も、自分の前の受験生がつっこまれているのが聞こえたので、少ない方がいいのだろう。
論文(化学の知識も求められる)では、自分は化学を勉強していなかったので、全然分からなかったのだが、前もって調べていた新素材のことや化学者のことを書きなぐって、全てうめた。
対策としては、お茶ゼミのスポット授業の論文は是非受けるべきだし、本屋で雑々な論文や推薦入試の本をさがして勉強する必要がある。
ここは穴場なので、ドンドン受けるべきだ。

上智大外国語ドイツ語一般推薦

1.基準
"評定平均値:4.0以上、資料提供者自己平均値:4.3 その他の条件:全体以外に数学・理科それぞれ4.0以上、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B・C、物理Ⅰ、化学Ⅰ・Ⅱを履修していること "
2.試験の種類…論文、面接
《学科試験》
科目 出題範囲 時間 配点
小論文 ①物質の構成について700字程度で述べる 90分 ①全体の50%
②芳香族化合物の系統分離を少し応用させた実験を読んで、推測、実験のねらい、妥当性を論じる。 ②全体の50%
3.その他、アドバイス等
自分が合格したことから考えると、論文ができなくても自己推薦書や面接で十分カバーできるということだ。90分で2題という論文は時間が足りなく、問題も難しめだと思う。わからなくても必ず全てうめることが大切だ。
面接は論文のあとに、抜き打ちだったのだが、自己推薦書をしっかり時間をかけて書いていれば、言うべきことも整理されているはずなので、大丈夫だ。そのためにも、自己推薦書は大切なので、人生をかけるつもりで書くべきだ。
上智の面接は厳しいというのは有名だが、確かに自分も1回、カマをかけられそうになった。したがって、十分注意する必要がある。
欠席日数も、自分の前の受験生がつっこまれているのが聞こえたので、少ない方がいいのだろう。
論文(化学の知識も求められる)では、自分は化学を勉強していなかったので、全然分からなかったのだが、前もって調べていた新素材のことや化学者のことを書きなぐって、全てうめた。
対策としては、お茶ゼミのスポット授業の論文は是非受けるべきだし、本屋で雑々な論文や推薦入試の本をさがして勉強する必要がある。
ここは穴場なので、ドンドン受けるべきだ。

ページの先頭へ