上智大学AO推薦入試攻略
上智大外国語フランス語一般推薦

1.基準
評定平均値:4.0以上
その他の条件:外国語の評定平均値4.3以上
2.試験の種類…学科別課題、自己推薦書、論文(当日)、面接
《論文》
時間:90分、文字数:1400~1600字
テーマ:
歴史上の人物に1人だけ会えるとしたら誰に会いたいか、またそれは何故か?
『クレーヴの奥方』の著者、ラフェイエット夫人に会いたい。
理由は3つ、そのうちの1つとして:同じ貞燥・姦通をテーマに描いた(アメリカ)ホーソンの『緋文字』は、厳格なピューリタン思想の基づき、一度あやまちを犯してしまった人間は永久に社会から葬り出され、悪しき者の刻印を押されてしまうが、フランスのラフェイエット夫人の作品は、より生身の人間の感情に対して同情的である。アメリカ中心の価値観が浸透している単眼になりがちな現代社会において、ラフェイエット夫人のように人間に根本を考え、それに同情を示したフランス人に会うことは、自分の中に複眼的な価値観を育む上でとても有意義なことだと言える。己の中に2つ以上の価値観があり、比べる対象を持って初めて、世の中で何が一番必要とされているかを見定めることができると思うからである。

ページの先頭へ