中高一貫新中2生 講座のご案内

ザ・大学入試改革2020【最新情報】

入試に向けて動くのは、早い方が有利。
早期に決意したあなたをお茶ゼミは応援!
新学年応援キャンペーン
325までの
1
平常授業ご入会者対象
入会金16,200円が 全額無料 ※価格はすべて税込です。

志望大現役合格を目指してこの春スタートするあなたを、より受講しやすい価格で、お茶ゼミは強力サポート。お茶ゼミはこれからも、受講生の志望大現役合格を応援し続けます。キャンペーンのご不明点は、お茶ゼミ各校舎にお問い合わせください。

新学年準備特講(2月)はこちら

2017年度現中1生向け平常授業はこちら

無料体験授業はお電話でお申込ください。

中学生のスタンダード。海外進学者だけではなく、
国内進学者の将来も世界とつながっていく。

10年後に「海外で働く」「国内で外国人と働く」ことは、今以上に当たり前に。海外進学者だけではなく、国内進学者の未来も世界とつながっていく。あなたの英語入試が「変わる」ものであるならば、あなたの未来は「変える」もの。さあ、10年後のスタンダードへと踏み出そう。

国内入試においても、英語4技能の総合評価が求められるように。

国立大学協会は2017年11月10日、センター試験の後継制度となる大学入試共通テスト英語教科における決定を行いました。2020~2023年度(2018年度中1生)の間は「現行のマークシート式問題」と「民間の読む・聞く・話す・書くの4技能を測る資格・検定試験」の両方を全ての国立大学の受験生に課すことになります。民間試験の成績を点数化してマークシート式テストに加算する方式や、民間試験で一定の水準に達することを2次試験の出願資格とする案などを検討しており、2017年度中にガイドラインを策定する予定です。海外大入試のみならず、国内大入試においても英語4技能の総合評価が求められる時代が到来しているのです。

英語力の測定方法が4技能へ。スコア型英語4技能受検者数増加。

スコア型英語4技能検定「GTEC」は、中学・高校生対象としては年間延べ受検者数約93万人、年間受検校数約1,700校、大学入試採用335校の規模で実施されています(3技能受検を含むスコア単独型検定での2016年度実績)。2020年度の共通テスト実施を待たずに、多くの学校現場が英語コミュニケーション力を測定するためにGTECを利用しています。また多くの大学・短期大学の一般・推薦・AO入試でGTECのオフィシャルスコアを活用することができます(検定日に受検した場合)。受検者の規模は急伸しており、英語力は4技能で測定することがスタンダードになっています。

今後の中高生活での対策が、あなたの将来を左右する(2018年度中2生の進路イメージ)

「あなたの英語入試」が2技能型から4技能型に変わる。
それ以上に「あなたの未来」も変わる。

2技能型から4技能型へ。
変わりゆく英語入試とともにあなたに必要な対策法も変わる。

テストの点が上がったとしても、英語が話せる実感が持てないのはなぜ?その違いがまさに、2技能と4技能の差ではないでしょうか。問われる英語力が変われば、対策法も変わります。2技能型対策がムダになることはありませんが、4技能型入試対策としては十分ではありません。実践重視型の英語学習が求められる理由は、ここにあります。

Benesseお茶の水ゼミナールなら
「運用力」を重視した英語学習メソッドで、
「使いこなせる」レベルで4技能を養成。

実践的な英語4技能の習得がゴールでも、中学生に「さあ、英語を使ってみよう」と最初から要求するのは、現実的には難しいもの。中学生には「ならでは」の学習法があるのです。まずは日本人講師が単語や文法などの英語を学ぶための土台=ルールをレクチャーし、その後外国人講師も交えて実際に運用することで、「使えた」という実感とともに定着。そんな最短距離の学習メソッドを、教室、あるいは自宅で受けることが、お茶ゼミではできます。

少人数制の教室で、1回の授業で英語を「使える」レベルに。
日本人講師+ネイティブ講師の「Junior Master Class」。

中1・中2生で開講する「Junior Master Class(Prep/Global)」は、授業時間の半分を日本人講師が、半分をネイティブ講師が担当する特殊な形式で進行。日本人講師が教える文法をテーマに、ネイティブ講師のAll English授業で実践することで、「聞く・読む・話す・書く」英語4技能を一回の授業でそれぞれ養成していきます。このメソッドにより、最短距離で英語を「使いこなす」力を身につけていくことができます。

入試で表現していくのは、
知識だけではなく、あなたの思考力。
求められているのは、創造性。

以前世間を席巻した、「センター試験がなくなる」というニュース。正確には、センター試験の代わりに現行とは「異なる能力を測るテストを実施する」ということです。変わるのはセンター試験だけではなく、個別試験やAO・推薦入試までも含めたすべて。これまでの入試の常識を取り払い、相応の対策をする必要があります。

Benesseお茶の水ゼミナールなら
「考えて、書く」積み重ねで圧倒的な記述力へ。
仲間からの刺激が、あなたをもっとやる気に。

大学入試改革以降も、「知識」が軽視されるわけではありません。ただ、知識を習得したうえで、どう考えて、伝えていくか。そういった創造的な学習プロセスが、主体的にできているかが求められます。そのためお茶ゼミでは、毎週思考力と記述力を磨いていくことと、主体的な学習への橋渡しを、強力にサポートするしくみをご用意しています。

実施はあえて一週間後の「Weekly Test」で思考力・表現力を養成。
成績優秀者が発表されるから、「負けたくない」と思う。

授業の最後に確認テストを行う塾は一般的ですが、お茶ゼミではあえて一週間後の授業の冒頭15分で「Weekly Test」として、原則記述形式で実施します。最初はB4のテスト分量に圧倒されますが、好成績を取る仲間に刺激を受け、毎週の復習にも自然と力が。いつの間にか学習サイクルが確立し、思考力・表現力を磨いた結果としての圧倒的な記述力へと深化していきます。

復習専用教材「Everyday Practice」は講師が毎週採点。
学習習慣作りをサポートし、早期に主体的な学びへ。

今後求められる「主体的な学び」への壁。それは、中学受験時に塾に頼らざるを得なかったお子様が陥りがちな中高一貫校での「中だるみ」ではないでしょうか。お茶ゼミでは早期に主体的な学習へとスイッチできるよう、毎週少しの時間で取り組む課題集「Everyday Practice」を用意し、講師が出来具合を毎週チェック・指導することで、「学習への自立」に向けたサポートを行います。

課題集は難関大学を意識し、記述力・思考力を高められる構成。一日少しの時間でも、積み重なれば大きなリードとなります。

事実。 Junior Master Class受講の中学生が、
東大入試レベル・海外大入試レベルの英語力を獲得しています。

  • case1.開成中学3年生GTEC CBTスコア1155/TOEFL iBT®Test スコア96
  • case2.麻布中学3年生GTEC CBTスコア1003
  • case3.桜蔭中学3年生GTEC CBTスコア1293/TOEFL iBT®Test スコア112
  • case4.桜蔭中学3年生GTEC CBTスコア1200
  • case5.渋谷教育学園幕張中学3年生TOEFL iBT®Test スコア101/英検準1級
  • case6.国立筑波大学附属駒場中学3年生TOEFL iBT®Test スコア67/英検準1級
  • case7.麻布中学2年生TOEFL iBT®Test スコア90
  • case8.区立九段中等教育学校中学2年生英検2級
  • case9.雙葉中学2年生英検準2級
  • case10.白百合中学1年生英検2級

帰国子女の方はもちろん、中学から本格的に英語を学ぶ方であっても、お茶の水ゼミナールのメソッドで中学生のうちから非常に高いレベルの英語力を身に付けることができます。英語で会話ができることで満足せず、将来を見据えてグローバルに活躍するための英語力養成へ、踏み出してみませんか。※学年はスコア取得時のものです。

Benesseお茶の水ゼミナール中学課程保護者様・受講生の声

Y・T先輩(筑波大学附属駒場中)のお子様を持つ
M・T様(保護者様)の声

グローバル化する社会の中、これからは海外はもちろん、日本にいても世界中の人と一緒に働けるようになる必要がある、と考えています。そんな時代に、いわゆる「受験英語」で海外の方とコミュニケーションが取れるのか?という点では不安に思っていました。そんなときに子どもから学校の友達が通っている、と聞いて知ったのがBenesseお茶の水ゼミナールでした。ネイティブの先生も交えた「アカデミックイングリッシュ」を学べる授業は、海外大にも通じるレベル。納得して通塾を決めました。実際に授業を受けてみて、子どもたちは内容はもちろんですが、各学校のトップレベルの生徒が集まる少数精鋭の授業で、クラスメイトから刺激を受けることも楽しみにしているようです。また、学校活動などで授業を欠席した時には個別に補講をしてくださったり、勉強の方法など学習の悩みについても気軽に相談に乗ってくださったりと、先生方の面倒見がとてもよく、学校との両立にも不安はありませんでした。子どもは海外大を視野に入れているようで、グローバルに通用する素地を作るという点で重要なことを学べているのではないでしょうか。これからも将来につながる、可能性を拡大してもらえれば、と思っております。

K・S先輩(筑波大学附属駒場中)のお子様を持つ
S・S様(保護者様)の声

子どもは小学校低学年時に1年半ほど海外で暮らしており、比較的英語に関する素地はあった方だと思います。ですが、中学受験であまり英語に触れられなかったこと、そして何より「耳」から入った英語ですので、きちんとした「文法」も学ばせたい、と思っていました。さらに、これからは日本にいてもグローバルに通用する力が必要になると考えておりましたから、できればネイティブの先生からアカデミックイングリッシュを身につけたいという気持ちもあり、その両方を実現できる塾となると、必然的にBenesseお茶の水ゼミナールに行き着きました。授業では日本人の先生からしっかりと単語・文法を学びつつ、ネイティブの先生と学んだ英語を使ってみるという流れで、本人も楽しみながら通塾しているようです。学校では吹奏楽部に所属し、週4日ほど練習しているという忙しい中でもあるのですが、宿題の分量も考えられていて、予習・復習をきちんとやっても、学校との両立が十分にできるということも、Benesseお茶の水ゼミナールの魅力だと思います。

K・Y先輩(開成中)の声

両親の海外経験が豊富なことから、僕は中学に入る頃から漠然と海外大も視野に入れていました。興味のある分野は医療やロケット工学など理系分野ですが、もちろん国内にも東大や医学部をはじめ、優れた大学はたくさんあります。今は進路を限定することなく、可能性を広げていきたいと思っていますが、その意味でBenesseお茶の水ゼミナールは他にはない魅力があります。僕は英語と数学を受講していますが、英語は日本人とネイティブの先生がいらっしゃるので、受験英語だけでなく、海外大でも通用する英語を学べるのがポイントです。そして数学ですが、実は英語よりも後から受講を始めています。もともと数学は違う教材で一人でこつこつと学習していたのですが、成果に結びついている気がせず、手厚いサポートが欲しくて通塾を検討しました。その点Benesseお茶の水ゼミナールなら、先生がしっかりと質問に答えてくださるなどサポートが手厚く、少人数でアットホームな雰囲気があったので、数学も受講を決めたのです。数学の授業は単純な問題と解説の繰り返しではとどまらずに、先生が中学範囲から高校範囲や大学入試などの先のつながりまで説明してくださるので、とても刺激になります。テキストの問題数は少なめですが、その分深い問題となっていて、考える量は問題の量と比例しないことに気付かされました。復習や課題の量も一週間で十分にこなせるので、学校や課外活動として取り組んでいる模擬国連とも両立ができますし、欠席した時も先生が面倒見よく質問に対応してくださいます。授業の進度は速いですが、その分学校の授業が復習になり、より定着しやすくなるという効果もあります。そのため学校の定期テストでは随分勉強が楽になり、安定的に上位が取れるようになりました。

M・H先輩(桜蔭中)の声

東大や医学部を志望しているにも関わらず、中学入学以降に段々と数学が苦手になりつつあった私。周りも塾に行っている友達が多く、焦りを感じ始めていました。そんな私が最初に通塾を検討したのが、以前映像講義を見て興味を持っていたBenesseお茶の水ゼミナールでした。同じような問題を繰り返して解き、量をこなす学習スタイルに慣れない私にとって、問題数を絞って深く考えて解くBenesseお茶の水ゼミナールの数学は、とても合っていました。問題数が少ないといっても問題にはしっかりと意味があり、一つわかると連鎖的に色々な問題が応用的にわかるよう工夫されています。この無駄がないテキストだから、学校の学習ともバランスが取れるのです。また、先生は何もなくても「いつでも質問に来て」と声をかけてくださいますし、少人数の授業なので、わからない表情をしていると察してより詳しく説明してくださるなど、双方向のやり取りがあることで不明点も安心です。先生には学校のテスト範囲も質問できますし、時には補習で対応してくださることも。授業で取り組むカリキュラムの進度も速いので、塾で習った範囲のテストを学校で受けると、とても高い点数が取れて驚きました。そのため平均を下回ることもあった点数も、今では上位グループに入れるまでに成長することができました。

ページの先頭へ