サポート体制

受講生から積極的に「面談お願いします」の声があがるのは、「サポート体制」があるから。

お茶ゼミは5人6脚のサポート体制で合格までしっかりサポート。

受験までの道のりは平たんなものではなく、ゴールが見えないマラソンのように感じることも多いでしょう。スポーツで喩えるなら、受験はもちろん個人競技。とはいえ、個人競技のトップアスリートの多くがそうであるように、結果を出している選手ほど「周囲の環境」を整え、強力なサポートチームを擁しています。今の時代の受験生も同じ。お茶ゼミでは、受講生の一人ひとりを「不安なまま」にしないために、あらゆる環境を整えて、適切な情報を「学習法」として提供していきます。ここでは、お茶ゼミの「サポート体制」について詳しくご紹介していきます。

講師とは?

お茶の水ゼミナールで教壇に立つのは、お茶ゼミならではの少人数制授業を運営できるプロ講師。進路担任と連絡を取り合い、必要に応じて「教科間を超えた」指導も行います。

ベネッセとは?

お茶の水ゼミナールはベネッセグループの予備校です。ベネッセによる日本最大のデータベースと指導ノウハウが、お茶ゼミ生サポートに生かされています。

進路担任とは?

「進路担任」は、毎年受講生に向き合って手助けしてきたベテラン講師&スタッフ。成績データを把握しながら、学習の優先順位づけや進路決定をお手伝いします。

先輩とは?

難関大合格を果たした先輩大学生が、お茶の水ゼミナールにスタッフとして参加しています。実際に受験を乗り切った先輩たちのアドバイスや学習法提供を利用してください。

講師
ベネッセ
進路担任
先輩
あなた

ひとりの孤独なレースじゃない、
良質の環境であなたをサポート。

今の大学入試の状況は?
正しく知ることからスタートをきる

少子化が続く中、大学・短大全体で見ると、確かに入試競争は緩和が進んでいます。しかし、「都市部の難関大」に焦点を当てると、依然として倍率は下がっておらず、さらに近年では「入学定員厳格化」の影響も加わり、特に人気の高い首都圏の私立大での入試競争は、厳しさを増しています。つまり、難関大は、現役生にとって高い壁であり続けています。

今の大学入試の方式は?新入試は?
多様な情報を得て、チャンスを増やす

入試方式は、AO入試・指定校推薦・公募制推薦・センター利用入試・一般入試といった多様な入試があり、全体として早期化・長期化・複線化しています。これは「きちんと知っていれば合格チャンスを多数確保できること」と考え、お茶ゼミは責任をもって情報を提供していきます。

「情報」を持っているかどうか
難関大ほど、それが合否の決め手になる

限られた時間の中で難関大のゴールを目指すには、遠回りにならない適切なルートの「情報」が必要です。「今のやり方でいいのか」「どんな学習が不足しているのか」など、軌道修正しながらゴールへ導く。お茶ゼミは、精度の高いナビゲーターとしてサポートしていきます。

お茶ゼミだけ!進研模試に基づく正確な学習・進路指導

模試の結果をもとに
ひとり一人に適切なアドバイス。

全国規模の模試×難関大に特化した模試
ふたつの模試で相乗効果

ベネッセの模試では、全国最大のデータを活用し、より精度の高い分析が可能です。また、お茶ゼミオリジナル模試では、東大や早慶の入試問題も意識して、きめ細やかに記述力までチェック。2つの模試の特長をいかして学習の効果をはかれます。

模試で実力を伸ばす
「今のあなたに必要な学習」をピンポイントで見える化

模試の結果が返却されたら、判定も大事だけれど、教科間の得点や大問・分野別の得点のばらつきなど志望大突破への宝になる情報がいっぱい。「頑張ったね」より「前回よりもできるようになったね」や志望大のレベルを上げるなら「課題はこの単元のこの問題だね」。そんな具体的で即効性があるのがお茶ゼミ流です。

具体的なフォローがあるから不安や迷いも
前向きな気持ちに変わっていく

お茶ゼミでは、進路担任による面談や、各教科担任によるアドバイスなどが具体的だから、何をすればよいかが明確です。学校でも多く使われているGTZを用いて進路相談や受験校決定の相談にも乗りますからとてもわかりやすい。受講生から積極的に「面談お願いします」の声があがるのには理由があります。

軌道修正成功!

推薦もAO対策も万全に
〝あなたらしさ〞をトコトン磨く。

「推薦・AO」講座で
合格できる志望理由書作り

推薦入試の中には高い倍率であるものも…。合格には「あなたらしい」志望理由書作りが重要です。お茶ゼミでは高2夏から推薦対策をスタートし、小論文や面接対策など、その時期に必要な対策を行う推薦・AO講座があります。講師はもちろん、他の受講生とのやり取りも視野が圧倒的に広まるポイントです。

授業と一人ひとりへのフォロー
絶妙な組み合わせで合格までサポート

お茶ゼミの「推薦・AO」講座は少人数制の授業で受験生の多くが陥りがちな誤りや独りよがりを修正し、課題が浮き彫りとなった点は一人ひとり個別に適切なフォローを行います。授業と一人ひとりの指導とのバランスが絶妙であることもお茶ゼミの「推薦・AO講座」の大きな特長です。

徹底して自分と向き合う
その先に見える世界がある

入試本番でどのようなプレゼンならば面接官の心を動かせるのか。自身が考え抜いた志望理由をクラスの仲間の前でプレゼン。講座内では、受講生同士のディスカッションも取り入れ、多角的な視点から「なぜその大学に入りたいのか?」というあなたの夢を具体的に深めていきます。必要に応じて小論文対策も行います。

推薦・AO入試実績

<慶應義塾大>法-FIT 12名、総合政策・環境情報(AO)6名、文(自主応募制)18名
<早稲田大>政経-グローバル 3名、国際教養(AO)3名
<上智大公募(海外就学・カトリック推薦も含む)>法 1名、経 3名、外 2名、総合人間 2名、文 2名、総合グローバル 1名、国際教養 1名
<お茶の水女子大>文教育(一般)1名、<東京医科歯科大>:保健衛生(公募)1名
<立教大>自由選抜:文 1名、現代心理 1名、経営 2名、社会 1名、異文化コミュ 2名
<法政大>自己推薦:キャリアデザイン 1名、国際文化 2名、文 1名
<明治大>政経-グローバル 1名、文(自己推薦)1名
<青山学院大>文(自己推薦)2名、
<中央大>法(自己推薦)2名 <学習院大>文(公募)2名

※2015~2017年お茶ゼミ論文・推薦AO講座在籍者における主な推薦・AO入試合格大学名(指定校・内部推薦は除く)上記は一部です。

少人数で互いに学び合うことができる環境だった

AO入試と一般入試が両立できるのが魅力で選んだのが、お茶ゼミ。少人数制で先生やクラスメイトとの距離が近いため、互いに学び合うことができる環境でした。また、テキストもキーワードが書きこまれているので先生の説明に集中でき、内容を忘れてもテキストを読み返せばすぐに思い出すことができました。

慶應義塾大学法学部 法‐FIT入試 合格
松島未来さん(国立学芸大学附属国際中等教育学校出身)

海外大も国内最難関大も
あらゆる進路を想定。

世界の入口がここにある

海外大への進学、留学もスタンダードになった今。海外進学も見据えた高度な学力と英語力を身につけたい人のためにネイティブ講師による少人数制のALL Englishの授業を開講しています。全て英語で展開する授業に最初は緊張する受講生も、講師のきめ細かいフォローで英語検定試験のスコアも急上昇。お茶ゼミでの授業が夢を叶える大きな一歩となります。

世界で活躍したいから
英語学習を通じて思考力を育む

中学時は一回の授業で日本人講師とネイティブ講師が交替で指導を行う特別講座を開講。日本人講師パートでは英語を学ぶためのルール(英文法)と英文読解を学び、同時にネイティブ講師のパートでそのニュアンス、リスニング、スピーキングを習得します。英語4技能を身につけるためのバランスを最重視したカリキュラムに基づき、英語を使って思考力を鍛えるステップを踏んでいくことで、英語を「使いこなす」力が自然と身につき、どんな進路もめざせる可能性を切り拓くことができます。

日本人講師+ネイティブ講師

海外大併願コース受講生実績(2017年度入試まで)

海外大・国内大合格実績

  • Harvard University(6位)合格
  • Princeton University(7位)合格
  • University of California, Los Angeles(15位)合格
  • University of California, Berkeley(18位)合格
  • University of Toronto(22位)合格
  • University of Washington(25位)合格
  • University of California, San Diego(31位)合格
  • University of Melbourne(32位)合格
  • University of British Columbia(34位)合格
  • 東京大(46位)合格
  • Australian National University(48位)合格
  • Brown University(50位)合格
  • University of California, Santa Barbara(53位)合格
  • University of California, Davis(54位)合格
  • University of Southern California(66位)合格
  • Boston University(70位)合格
  • University of Glasgow(80位)合格
出典:The Times Higher Education, World University Rankings2017-2018
※ランキング[( )内 ]はTHE 世界ランキングを表しています。

Junior Master Classの英語検定実績

中2生Junior Master Class(東京本校)の 在籍生の 8 が中2・秋までに英語検定準2級、2級以上を取得
(※2018年12月現在)

ページの先頭へ