先輩からのメッセージ

東京大学

難関大学に合格するために早くから受験勉強の必要性を感じていましたが、お茶ゼミは毎週の「Weeklyテスト」があったため、早い時期から学習のサイクルができ、単語などの基礎も積み上げられました。また、授業は少人数制で先生との距離が近く、英作文などの添削も頼みやすかったです。

独学では難しいフランス語講座があったことが、お茶ゼミ受講の決め手でした。それだけでなく、先生と生徒が親密になれる距離感だったので、過去問の添削もお願いしやすく、プロに見てもらえたことで自己満足に陥らない論述が書けるようになりました。学校の実力テストで、高3で1位を取ることもできました。

当初は自ら進んで勉強できなかった私も、面白い授業と、成績優秀者が毎週発表される「Weeklyテスト」があったので、モチベーションがあがり、単語も覚えることができました。また、先生には勉強の仕方から記述の細かい点まで指導いただけ、数学の記述模試では全国1位を取れたこともありました。

お茶ゼミの少人数制授業は指名があるため、適度な緊張感で集中的に授業を受けられます。また、そのことで予習・復習をしっかりと行うモチベーションになりました。疑問点については先生が親身に、丁寧に答えてくださるので、弱点だった部分も逆に得意分野にすることができました。

お茶ゼミの東大クラスでは、東大の形式や頻出テーマをマスターできるだけでなく、先生に大量の添削をお願いしていました。丁寧に添削をしていただいた後、一対一で細かいアドバイスをしてくださったので、解答の精度を上げるとともに、今後の勉強の方針も立ちやすくなるという効果もありました。

兄もお茶ゼミで東大に合格したので、お茶ゼミで頑張ろうと決めていました。僕も東大を志望していましたが、模試ではE判定…。少人数制でかつレベルの高い先生方の分かりやすく気迫ある授業とお茶ゼミの復習テスト「Weeklyテスト」に真剣に取り組み続けた結果、高3・秋の模試では、A判定を獲得できるまでになりました。

少人数で授業中も質問しやすいお茶ゼミですが、逆に先生から指名されることもあります。そのことで忘れていた知識も定着でき、突然指名されて緊張した状態でも、基本がスラスラ言えるようになりました。理解できていないこと、理解していることをはっきりさせることができ、これから何をすべきか常に把握ができていました。

双方向のやり取りの中で、先生が一人ひとりを見てくださるのがお茶ゼミ。先生との距離が近いことで質問がしやすく、また先生は生徒の「何となくわかった」を見抜きます。なんでその手法なのか、考え方のプロセスを追及することで「何となく」をなくしていくことが楽しく、感動できる授業でした。

お茶ゼミの先生は予習にまで目を通してくださり、欠点や長所を踏まえてアドバイスしてくださいます。また、授業では自分で答えを発言することがあり、間違えてもその場で弱点を知れるので、苦手なことがない状態にできます。そのことで、学校の成績が悪かった私も、進研模試の数学で全国1位を取れるまで伸びました。

お茶ゼミではレベルの高い問題にたくさん取り組めるうえ、少人数制授業で先生からの指名があるため、より緊張感を持って授業に臨め、それぞれの問題を深めていくことができました。また、毎週の「Weeklyテスト」により復習を疎かにせずに、総合的に学習を進められたため、模試でも大きな失敗はしませんでした。

ページの先頭へ