日本女子大学AO推薦入試攻略

日本女子大理物質生物自己推薦

1.基準
評定平均値:3.5以上、資料提供者自己平均値:3.6
2.試験の種類…書類選考(推薦書・調査書)、論文(提出)、面接
《論文》
文字数:1000字×2、出題形式:課題型
テーマ:
・「環境問題について…化学で解決するには?」
・「高校で行った実験について印象に残っていることは?」
書いた内容:
・環境問題の方は、主に“ゴミ”のことを書きました。ゴミを捨てると私たちに悪影響を及ぼす。
  →化学を利用すると解決への道が開ける!!
・実験の方は、“中和滴定”について書きました。一滴がとても大事である! とか面白い発見があった! とか書きました。
3.その他、アドバイス等
日本女子大にしよう! と決めたのは高3の夏休み。きっかけはオープンキャンパスに行って、雰囲気がよく、アットホームであり、自分がしっかり学べそうだと思ったから。
実際に大学を見に行くと、雰囲気が分かるし、モチベーションも上がるのでオープンキャンパス等を利用して実際に大学へ行ってみるべきです。
推薦で受かると思ってなかったので、夏休みは一般に向けて勉強していました。自己推薦を受けると決めたのは9月中旬ぐらいです。
担任の先生や化学の先生にお願いして協力してもらいました。
評定平均も気にしなくてはならなかったので、定期テストも勉強をちゃんとしました。部活で忙しかったけど、私は短期集中型だったので一気に勉強しました。
最後に、友達の支えは本当に大事だと思います。おしゃべりすると気持ちが落ち着くし、励ましあって互いに頑張りました。結果、勝利を手にしました。最後まで諦めず頑張ってほしいと思います!!

ページの先頭へ