第四の波~コロナ後の世界の潮流~

はじめに

君は『第三の波』というアルビン・トフラーの名著を知っていますか。

この本は1980年に出版され、世界中の人に読まれ大きな影響を残しました。

トフラーは「未来学者」です。現実的な課題をベースに分析しています。

彼は、人間の歴史を「大きく三つの波」に分けています。

第三の波
第三の波 【画像の引用元

「第一の波」は農業革命です。新石器時代に始まる採集から農業生産へ。

「第二の波」は産業革命です。現在の工業化社会をつくりました。

「第三の波」は情報革命です。脱産業社会の到来を意識せよ、というのです。

そして、いま私は「第四の波」が来ていると思います。

「第四の波」はコロナ禍で起こった

急激な勢いの「第四の波」は、私が勝手にネーミングしたものですが「コロナ禍」による世界の一変を指します。

世界は、コロナで「根底から変革」を余儀なくされました。

今回の波の特徴は、突然に、激しく、社会構造の変革を迫った点にあります。

これによって、既存の「未来予測」の修正を求められているのです。

第22回の「リキッド化」・第30回の「すでに起こった未来」に繋がります。

受験アドバイス

文科省は「未来予測」で「20年後に実現される技術」を出しました。(20/6)

コロナ禍を受けて、20年後の君は「どのような技術環境の下」で仕事し、暮らしているのか。現在の「受験勉強の先にあるもの」を考えるヒントになります。毎年「科学技術白書」が発表されますので、データと資料について関心を深めるといいですね。

「第一の波」は、農耕による変化

アルビン・トフラーは「農耕」による食糧生産により、人々の生活が一変した点に注目します。

採集生活から、農耕による生産への転換です。

「第二の波」は、産業革命により生まれた

「第二の波」は産業革命です。

18世紀にイギリスに始まった革命は、生産基盤を「農業社会から工業社会へ」と転換させました。生活が一変しました。

産業革命の進展により、人口の都市集中化、新興都市の誕生、労働問題、社会主義、帝国主義も生まれました。

これは、君が実感していることですね。

トフラーは工業化の限界を「産業社会は終焉」と捉え、これからは第三の波「情報化社会」に入るというのです。

そして近年は、国家も企業も、「IoT」、「ビッグデータ」、「AI」などが普及した新しい産業構造のアップデートを試みるところまで来ています。

では「第四の波の特徴」を、次の五点から考えてみましょう。

  1. スピード・・・どのくらい早いスピードで変革を迫っているか
  2. 強烈さ・・・波はどれくらい強く、激しいか
  3. 広がり・・・波の拡大の広さ・範囲はどれくらいか
  4. 持続性・・・波は、これからどれくらい持続するのか
  5. 発展性・・・波は「別の新たな波」を引き出しているか

(1). スピード

コロナ禍の下で、波はものすごいスピードで、社会の変革を迫っていますね。

特にIT化が進んだことは、君も実感しているところですね。

オンラインによる授業
オンラインによる授業 【画像の引用元

学校は休校の代替に「オンライン授業」を開始し、ビジネスでは、在宅による「テレワーク」を推進し、変化は一挙に進みました。

そのために、インターネットサービスプロバイダー(ISP)や通信事業者は、インターネットに接続する「急激な通信量(トラフィック)の変化」に対応をせまられ、大混乱に陥りました。

教育関係では、ネットワークを増強しましたが、想定以上の量対応に追われて「パンクした企業」もありますね。

機能不全に陥って動かなくなったのです。

オンライン授業

これは、10年単位のハードルを一挙に飛び越えたことを意味します。発想も行動様式も「過去と決別」です。

この私でさえ「ZoomやTeamsを利用して仕事をすること」に慣れました。 Miro やSlido(スライド)は有効です。やがて、[これを使いこなす授業]が構築されるはずです。

学校も予備校も変わるでしょう。

「第四の波」はWeb授業を展開する民間企業から推進されるでしょうね。

一番遅れるのは、教員の意識改革が必要な公立学校でしょう。

受験アドバイス

君は「ムーアの法則」を知っていますか。専門的になりますが、アメリカの半導体素子メーカー:インテル(株)創業者の一人のムーアが提唱した法則「p=2n/1.5」です。私は専門家でないから詳しくないですが、コンピューター本体のデータ処理装置であるプロセッサーの性能が、猛烈なスピードで向上しているのです。それを裏打ちする実績がでているのです。しかし、この法則すら「遅れている」・「プロセッサーの時代は終わる」という議論があります。まさに「第四の波」です。

(2). 強烈さ

シンギュラリティの「向こう側」に何があるのでしょうか。

君の時代は、まさに、人工知能(AI)が、分野を問わず人間の能力を超えていくでしょう。

コンピューターが「機械学習」で、ガンダムのような「操作型」であるうちは、まだ何とかなるでしょうが、人間の脳に近い「鉄腕アトム」や「ドラえもん」のような「自立型ロボット」の開発が進めば進むほど止めようがないですね。

ましてや、「量子コンピューター」が実用化され、搭載されたロボットが登場する日がくれば、「第四の波」が現実のものになります。

コロナ対策でもコンピューターを利用する研究が進んでいるようです。

手術支援ロボット ダ・ヴィンチ
手術支援ロボット ダ・ヴィンチ 【画像の引用元

最近私の友人が、最先端の技術を駆使したロボットのダ・ヴィンチで、内臓の手術を受けました。ものすごい技術ですね。

受験アドバイス

君は「デジタルネイティブ世代」ですね。1980年前後生まれが該当するとされていますからね。その中で、君は16歳~24歳ですから「Z世代」ですね。25~34歳の先輩は「ミレニアル世代」、2017年からの人を「α世代」とよんでいますね。君の世代の特徴は、生まれた時から、高速インターネット、スマートフォン、ビデオ・オン・デマンド(VOD)、さまざまなゲーム機器、そしてSNSの存在が「当たり前」に存在していましたね。A・T・カーニーの分析によれば、世界中に23億人いるそうです。世代による価値観と行動様式に違いを勉強すると面白いです。

(3). 広がり

コロナ禍による「価値観の転換」は、西洋合理主義の行き詰まり・限界を意味していると思います。

「西洋の価値観」を象徴するアメリカと、「中華思想」の影響効果を狙う中国の対立に象徴される「覇権争い」が表面的な流れです。

が、その根底の潮流は「西洋の価値観」からの転換ではないかと思います。

アメリカ 人種差別抗議デモ
アメリカ 人種差別抗議デモ 【画像の引用元

いま、アメリカで「人種差別をなくす激しい抗議デモ」が展開しています。

この運動が、世界的に広がる様相を見せています。

この抗議デモの本質は、アメリカ的な、西欧中心主義への「異議申し立て」だとも言えます。

イスラムを含めて「多様な価値観」を尊重せよ!これが行動になっているといえましょう。

受験アドバイス

レヴィ―・ストロースの『野生の思考』によれば、西洋近代の合理的な思考と同じレベルで、「未開社会においてみられる一定の秩序・構造」を認める必要があるといいます。ここに「今後の世界の在り方」を考えるヒントがあると思います。これは文化人類学という学問分野です。

野生の思考
野生の思考 【画像の引用元
西洋の没落Ⅰ
西洋の没落Ⅰ 【画像の引用元

1918年にドイツのシュペングラーは『西洋の没落』を発表しています。100年前に、現在が来ることを予言しています。こちらは歴史学です。学問は飾りではありません。君には「学問の大きさ」を知って欲しいと思います。

(4). 持続性

いまスパコン「富岳」が話題になっていますが、教育では、スイスやフィンランドの「eラーニング」に比べて、日本のWebの立ち遅れが指摘されていますね。

理由は、経済効率優先で、「教育の基盤整備」に対する投資が足りないからです。

国家の大学の研究助成金などは、世界的にみるとみじめなレベルです。

一流国家として、研究助成にも人材養成にも投資が足りません。

さあ!君の出番です

IT業界では、世界的には「Googleの勢い」が止まらないですね。

世界中に張り巡らされたGoogleの眼が、社会と個人を監視しています。

もはや「データサイエンス」を知らないで、君は仕事ができないですね。

データをアルゴリズムで集め・整理し、ビッグデータを分析し、人工知能で開発につながっていく。

この「流れ」・分野へのGoogleや中国の投資額が凄いですね。

「華為技術(ファーウェイ)」がGoogleに追従し、中国の技術とアメリカの技術が拮抗し、すでに中国が追い抜いているとも聞きます。

中国のアリババ集団も気になります。「日本は立ち遅れるばかりだ」と嘆く声が大きいです。

YahooとかFacebookとかTwitterを合わせてみると、トフラーが予測した以上のスピード・量・拡がりですね。この先どうなるか心配です。

ましてやコロナ禍で、オンラインの授業とかテレワークによって、一挙に社会の仕組みが変わってしまいました。

さあ!君の出番です。

受験アドバイス

未来予測レポートは、民間でも盛んにおこなわれています。「2025年までのロードマップ」を出したのは、日経メディアマーケティング(株)です。コンサル会社ですから

  1. 世界経済の動向
  2. 技術テクノロジー
  3. 産業企業戦略
  4. ライフスタイル価値観

の四つの項目で分析しています。少し専門的で、君に直接的に見えにくいと思いますが、将来の仕事や生き方につながるものです。だから、こうした分野があることを理解しておくといいでしょう。また、第四の波の中心は「量子力学」になるでしょう。勉強する価値がありますね。

(5). 発展性

コロナ禍で一番注目したいことは「意識改革」です。

世界中の人々の考え方、捉え方の変化です。このままでは「人類は滅亡してしまう」。

その一点に世界中の人々の意識が集中したことです。

ITやバイオに対する関心が高まったということだけでなく、民主主義が守られるにしろ、管理社会が徹底するにしろ、「自然への畏敬」を取り除いたら、どの社会も存続できないという警鐘を突きつけられたのです。

人類滅亡後の世界 イメージ図
人類滅亡後の世界 イメージ図 【画像の引用元

一部の政治家や経済の指導者たちは、目先の利害から離れて考えることができていませんが、コロナ禍は「甘ちょろい自然回帰」を許さない厳しさを人類につきつけています。

スマホの普及は、近年ものすごい発展性を示しています。そこにコロナ禍です。多くの人が孤立し・人々のリキッド化が一挙に進みました。

そして、「5Gの時代」です。学校教育も「三密」への対応が余儀なくされ、集会・イベントの開催も、ままならない状態が続いています。

受験アドバイス

国連が主唱するSDGsがますます重要になるでしょう。

「指標」は、

  1. 貧困
  2. 飢餓
  3. 保健
  4. 教育
  5. ジェンダー

など60項目ありますが、世界中の大学で「豊富な実践事例」が発表されています。東大・東工大・慶応義塾大の総合的な実践事例を紹介されたことがあります。こうした実践が重要になります。君もこうした運動に参画するといいですね。

(安達昌二:お茶の水ゼミナール特別顧問)