高2生 講座紹介

お気に入り講座を
一覧で確認する
お気に入り講座リセット

教科を選ぶ

  • 英語
  • フランス語
  • 数学
  • 国語
  • 理科
  • 地歴
  • 推薦・論文
  • 日曜特訓

●目標とする大学レベルから講座を絞る

  • 難関 … 東大・早慶など志望
  • 標準 … 国公立・MARCH志望
  • 基礎 … その他私大
ALL
  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • ALL

 お気に入り機能

講座名のそばのを押すと、候補として登録ができます。次に、画面の上の★お気に入り講座を一覧で確認するボタンを押すと、候補の講座を検討・絞り込みができます。最後、希望の講座をまとめて仮申込みができます。

●校舎マークの読み方

  • 東京本校(水道橋)
  • 渋谷校
  • 池袋校
  • 吉祥寺校
  • オンライン・映像授業
要選抜資格

高2東大英語

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1

  • 180分授業(池袋120分、途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 2・3限18:00~21:15
  • 渋谷校
  • 火曜日 2・3限17:00~20:15
  • 池袋校
  • 土曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

東大現役合格のための英語力を身につける

【対象】

英語が得意で、東大・京大・一橋大・国公立医学部への現役合格を目指す高2生。東大英語を受講するためには選抜資格が必要です。

【授業内容】

◆記述論述に強い英語力をつける

授業では東大合格に必要不可欠な「読解力」を論理力・思考力・知力の3点から養成、ならびに「英作文力」の養成に力を注ぎます。また、文法は、読解・英作文にいかに“有機的に”役立てられるかという視点から体系的に鍛えていきます。文法の授業では、『monogrammar』を教材として使用します。加えて、東大の2次試験で出題される特徴的な要約問題・小説読解の対策も毎回の授業でしっかり行います。

◆添削指導で答案作成力・アウトプット力を強化

東大英語クラスでは、講義に加え、東大クラスの一番の特徴である添削問題による個別指導も行います。講師が添削することで、答案作成力を築いていきます。東大の問題は国立大学の中で一番バリエーションに富む問題ですが、基礎をしっかり押さえれば、決して難しい問題ではありません。

◆ネイティブ講師の指導でスピーキング・リスニング対策も万全

リスニングの比重の高まる大学入学共通テスト、また英語4技能が測られる英語外部検定試験。新入試の英語で高得点を取るためのスキルをネイティブ講師から授業の中で学べます。また、共通テスト対策・東大英語リスニング対策に留まらず、アカデミックな場面で使える実践的な英語力を身につけられるので、留学や国際的な環境で仕事や研究を行ううえでも役に立つこと間違いなしです。(池袋校にはネイティブ講師のパートはありません)

カリキュラム

学年 GRAMMAR ネイティブ
高2 11月 準動詞
助動詞・仮定法
Psychology
Technology
12月
冬期講習
1月 時制・相 Lifestyle Cultural Studies
2月 動詞・態
高3 前半 東大合格のための問題研究を中心に授業を進めていきます
後半 東大合格のための実戦問題演習を行います
  • ※上記以外に、英文解釈(和訳)、長文読解、英作文も扱います。
  • ※英文解釈、長文読解は毎回東大、一橋大の厳選された素材を読んでいきます。
  • ※英作文はオリジナルテキストを用い、ハイレベルな和文英訳、自由英作文の方法論を学びます。
  • ※日本人講師(120分)+ネイティブ講師(60分)で授業を実施します(池袋校は120分日本人講師で、ネイティブ講師のパートはありません)
要選抜資格

高2早慶英語S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S3

  • 180分授業(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 2・3限17:00~20:15
  • 渋谷校
  • 水曜日 2・3限17:00~20:15
  • 池袋校
  • 月曜日 2・3限17:00~20:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

早慶などの英語難関大に必要な英語力・知力を養成する

【対象】

早慶上智・東京外大といった英語が難しい難関大を目指していて、現在の自分の英語力に自信を持っている高2生。早慶英語を受講するためには選抜資格が必要です。

【授業内容】

◆英語力に加え、難関大入試で必要な「知力」もつける

難関大の英語入試は英語が難しいことはもちろん、内容が難しい。いくら英語力があってもその内容に精通していなければ読めません。早慶英語では、単に英語ができることだけではなく、英語を使って「知」を追求することを目標にします。

◆日本人講師+ネイティブスピーカー講師の連動授業

日本人講師(120分)+ネイティブスピーカー講師(60分)の連動授業で、非常にハイレベルな英語力を育成します。日本人講師は主にグラマー、リーディング、ライティングを、ネイティブスピーカー講師は主にリーディング、リスニング、スピーキングを担当します。日本人講師によって解説された読解素材を基にネイティブ講師が授業するなど、両者が有機的に絡み合った授業を行います。

◆強靭な英文解釈力+作文力の養成

難度の高い英文を読みこなすには、強い単語力、読解力が必須です。当講座の英文解釈部分は、非常にレベルの高い英文を素材としながら小手先のテクニックではない、どのような問題にも対応できる強靭な英文解釈力を身につけていきます。また、長文読解の部分は、近年の早慶入試を素材としたもので、読解問題の解き方を学ぶだけでなく、出題されやすい話題に関する知識もつけていきます。またお茶ゼミオリジナル英作文教材『Writing~極意と技術~』を用い、高度な和文英訳、自由英作文で必要とされる発想法もつけていきます。

カリキュラム

学年 GRAMMAR ネイティブ
高2 11月 準動詞
助動詞・仮定法
Psychology
Technology
12月
冬期講習
1月 時制・相 Lifestyle Cultural Studies
2月 動詞・態
高3 前半 【GRAMMAR】英文法をもう一度体系的に学習します
【READING】総合問題を扱うほか、速読演習を行い、読解力を高めていきます
後半 【GRAMMAR】各大学の入試問題を研究し、実戦的な文法問題への対応力を養います
【READING】早慶の入試問題を題材に、実戦的な長文読解問題への対応力を養います
  • ※日本人講師(120分)+ネイティブ講師(60分)で授業を実施します。
  • ※上記は日本人講師のGrammarパートとネイティブスピーカー講師パートのカリキュラムです。その他読解問題など内容については「授業内容」をご覧ください。
要選抜資格

高2最難関大英語S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S3

  • 180分授業(途中休憩あり)
  • 吉祥寺校
  • 木曜日 2・3限17:00~20:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

英語難関大に必要な英語力・知力を養成する

【対象】

東大・一橋大・東京外大・早慶といった英語が難しい難関大を目指していて、現在の自分の英語力に自信を持っている高2生。最難関国立・早慶英語を受講するためには選抜資格が必要です。

【授業内容】

◆日本人講師+ネイティブスピーカー講師の連動授業

日本人講師(120分)+ネイティブスピーカー講師(60分)の連動授業で、非常にハイレベルな英語力を育成します。日本人講師は主にグラマー、リーディング、ライティングを、ネイティブスピーカー講師は主にリーディング、リスニング、スピーキングを担当します。日本人講師によって解説された読解素材を基にネイティブ講師が授業するなど、両者が有機的に絡み合った授業を行い、ハイレベルかつオールラウンドな英語力をつけていきます。

◆使うための文法、使うための英語を徹底養成

授業内で文法、長文、要約、リスニング、スピーキングを扱います。長文問題では、語彙や構文が複雑なだけでなく、評論・小説・エッセイなど内容や文体においても様々なテキストに触れることで、思考そのものの枠組みを拡大し、柔軟な知的態度を涵養します。長文読解の素材は、近年の難関大入試を素材としたもので、読解問題の解き方を学ぶだけでなく、出題されやすい話題に関する知識もつけていきます。英作文に関してはお茶ゼミオリジナル教材『Writing~極意と技術~』を用い、高度な和文英訳、自由英作文で必要とされる発想法もつけていきます。文法知識がWriting, Reading, Listeningへとスムーズにつながるオールインワン授業により国立私立を問わずどんな大学の入試問題も簡単に思える英語力をつけることができるでしょう。

カリキュラム

学年 GRAMMAR ネイティブ
高2 11月 準動詞
助動詞・仮定法
Psychology
Technology
12月
冬期講習
1月 時制・相 Lifestyle Cultural Studies
2月 動詞・態
高3 前半 【GRAMMAR】英文法をもう一度体系的に学習します
【READING】テキストで全文訳や総合問題を扱うほか、速読テスト問題演習を行い、読解力を高めていきます
後半 【GRAMMAR】各大学の入試問題を研究し、実戦的な文法問題への対応力を養います
【READING】早慶や難関国立大の入試問題を題材に、実戦的な長文読解問題への対応力を養います
  • ※日本人講師(120分)+ネイティブ講師(60分)で授業を実施します。
  • ※上記は日本人講師のGrammarパートとネイティブスピーカー講師パートのカリキュ ラムです。その他読解問題など内容については「授業内容」をご覧ください。

高2難関国立英語

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A1

  • 120分授業(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2限16:45~18:45
  • 渋谷校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 金曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関国公立大学に受かるための文法力・読解力を強化

【対象】

東工大・千葉大・筑波大・お茶の水女子大などのハイレベルな国公立大をめざし、文法を基軸として、構文力・英作文力・長文読解力を養成したいという高2生。

【授業内容】

◆難関国公立大に受かるために文法・読解を総合的に学ぶ

国公立大入試では、早慶上智(文系)ほどではないにせよ、英語の総合力を問うレベルの高い問題が出題されます。授業は120分授業で、大学入試で出題される文法・読解・英作文を総合的に学習しますが、特に英作文と読解の解釈部分に重点を置いて、基礎力を土台とした英語運用能力・読解力・記述解答力が求められる国公立大入試に対応できる「英語力」を養成していきます。文法に関しては、『monogrammar』を教材として使用し、英作文に繋がるように体系的に習得することを目標とします。

◆長文読解に必要な解釈力と語彙力、記述論述力を強化

入試問題では長文問題が大きな比重を占めることはいうまでもありません。授業では、和訳問題と長文読解問題を題材に、長文を読みこなすのに必要な重要構文の知識を身につけるとともに、説明問題・大意要約問題・英文和訳問題を多めに取り入れ、記述・論述形式の設問が多い国公立大の問題に対応できる力を養成していきます。高2の秋から、「骨太の記述論述力」を養成しておけば、圧倒的な優位性を保ちながら、受験学年に向かうことができます。

◆音読用音声教材「音-Dock」でリスニング力+読解力強化

音-Dockはテキストの読解教材をmp3化した復習用の音声教材です。これを聞くことでリスニング力を強化するとともに、音声に合わせて音読するシンクロリーディング、音声に続いて発声するシャドウイングで、読解力・音読力も強化させることができます。

カリキュラム

学年 GRAMMAR READING
高2 11月 準動詞 難関国公立大の良問を扱いながら、英文解釈力と内用把握力を養成します。
12月 助動詞・仮定法
冬期講習
1月 時制・相 難関国公立大の良問を扱いながら、英文解釈力と内用把握力を養成します。
2月 動詞・態
高3 前半 【GRAMMAR】文法事項をもう一度体系的に整理します
【READING】構文や構造分析の理解をはじめ、読解に必要な練習を積んでいきます
後半 【GRAMMAR】実際の入試問題形式に即した演習をしていきます
【READING】国公立大学の問題を題材に、実戦的な読解力を高めていきます

高2英語ハイレベル

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A2

  • 120分授業(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 3限19:00~21:00
  • 水曜日 3限19:00~21:00
  • 木曜日 2限16:45~18:45
  • 渋谷校
  • 月曜日 3限19:15~21:15
  • 水曜日 2限17:00~19:00
  • 池袋校
  • 火曜日 3限19:15~21:15
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 月曜日 3限19:15~21:15
  • 水曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

1年半で難関大合格へ

【対象】

GMARCHや東京理科大の合格を目指す人、さらには早慶上智といった最難関私大の合格も視野に入れて勉強を行う高2生。

【授業内容】

◆難関大合格を目指す、発展途上の人のためのクラス

将来、GMARCHなどの大学は必ず突破、力を伸ばして国公立大学や、早稲田・慶應といった難関私大にも現役で合格したいと思っている人のためのクラスです。授業は2時間授業で、大学入試で出題される文法・英文解釈・長文読解・英作文を総合的に学習する「オールインワン」スタイルで、大学受験で必要となる力を総合的に養成します。

◆英文構造の分析技術を身につけ、「音-Dock」で読解力強化

入試問題では長文問題が大きなウェイトを占めることはいうまでもありません。そこで必要とされるのは、「正確な英文構造の分析」に基づいた「スピーディな処理能力」です。ハイレベル英語クラスでは、短いが複雑な英文解釈問題と、300word程度の長文を題材に、この2つの力を養成します。また、読解教材を音声化した「音-Dock」を専用WEBページで提供しており、リスニング力だけでなく、速読力・読解力のさらなる強化が可能です。

◆「作文のための文法力」養成

大学受験においても、検定試験においても、「文法的に正確で、自分の考えがわかりやすく伝わる」英作文能力が求められます。お茶ゼミの英語ではこの「正確な運用のための文法力」を重視し、オリジナル教材『monogrammar』を用いてこの力を養成します。高2の間は、英語力の基礎となる単元をピックアップし、1か月に1単元を集中的に学習して定着を図っていきます。高2の間に、重要な文法事項を一通り習得してしまいます。

カリキュラム

学年 GRAMMAR READING
高2 11月 準動詞 文中における品詞の機能などを学びながら、文型理論に基づいた正確な英文理解の方法を学びます。
12月 助動詞・仮定法
冬期講習
1月 時制・相 複雑な構造の文の捉え方、また倒置や省略といった特殊な構造の文の読み方を学びます。
2月 動詞・態
高3 前半 【GRAMMAR】文法事項をもう一度体系的に整理します
【READING】構文や構造分析の理解をはじめ、読解に必要な練習を積んでいきます
後半 【GRAMMAR】実際の入試問題形式に即した演習をしていきます
【READING】GMARCHレベル以上の長文問題を解いていきます
  • ※上記はGrammar・英文解釈のカリキュラムです。この他、授業ではReading・Writingも扱います。内容に関しては『授業内容』をご参照ください。

高2英語スタンダード

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ A1~A3

  • 120分授業(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 3限19:00~21:00
  • 土曜日 2限16:45~18:45
  • 渋谷校
  • 木曜日 3限19:15~21:15
  • 土曜日 3限19:15~21:15
  • 池袋校
  • 木曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 火曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

基礎を固め、合格へ向けての第一歩を踏み出す

【対象】

じっくりと基礎力をつけて、現役合格の足がかりを作りたい高2生。文法・英文解釈・英作文を総合的に学習します。

【授業内容】

◆英語の基礎を着実に固める

大学入試の中心的科目となる英語は、高2の終了時点で基礎力がバランス良く身についている必要があります。その基礎力とは、フィーリング頼りでなく英文の構造を正確に見抜く力、自分の言いたいことをわかりやすく伝える英作文力、そしてその2つを支える文法力です。この講座ではその3つの力のベースをバランスよく構築します。

◆「英文法―英作文」をリンクさせ、基本原則を徹底的にマスター

大学受験において英文法は、ただ四択問題が解けるだけではなく、英作文にも活用できる力が要求されます。お茶ゼミの英語ではこの「正確な運用のための文法力」を重視し、オリジナル教材『monogrammar』を用いてこの力を養成します。高2の間は、英語力の基礎となる単元をピックアップし、1か月に1単元を集中的に学習して、文法事項の定着と、その事項に関連する英作文能力の養成を図っていきます。高2の間に、重要な文法事項を一通り習得してしまいます。

◆どんな長文でも読めるようになるための基礎力養成

英文読解に必要なのは「ワンセンテンスを正確に読む力」「長い素材の大意をつかむ力」です。スタンダード英語では、Structure Reading(英文解釈)とReading(長文読解)というコーナーで、この2つの力を養成していきます。Structure Readingでは、短いけれども構造が複雑な文の分析方法を、またReadingでは、長い文章を読み進めるコツを学び、どのような文章でも読みこなせるようになる強靭な読解力のベースを作っていきます。

カリキュラム

学年 GRAMMAR READING
高2 11月 準動詞 文型理論に基づいた正確な英文理解の基礎的方法を学びます。
12月 助動詞・仮定法
冬期講習
1月 時制・相 入試レベルの複雑な構造の文の捉え方を学びます。
2月 動詞・態
高3 前半 【GRAMMAR】文法事項をもう一度体系的に整理します
【READING】構文や構造分析の理解をはじめ、読解に必要な練習を積んでいきます
後半 【GRAMMAR】実際の入試問題形式に即した演習をしていきます
【READING】入試問題を題材に長文読解力を極めます

難関大フランス語

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 金曜日 3限19:00~21:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

多くの例文・パターン作文で入試フランス語を整理

【対象】

入試科目の外国語について、フランス語を選択しようという高2生で、高校で仏語を履修している人、仏語圏からの帰国者、仏語履修経験者。将来的には東大・京大・慶應大・早稲田大・上智大といった難関大の合格も視野に入れる。

【授業内容】

●どんな大学にも合格できる態勢を整える

授業は文法と読解の2部構成。さらに添削形式の作文やWeeklyテスト(単語・文法など)も毎週扱います。高3までに知っておくべき受験必須の重要基礎知識を確認し、さらに応用問題にも取り掛かります。どんなに難しい大学にも合格できるための態勢を整えていくための講座です。

●文法と読解をリンクさせ、入試に必要不可欠な力をつける

文法は入試で必要な基本事項(時制、話法、態、疑問文、前置詞といった基本文法から、フランス語受験生が苦手とする関係代名詞、不定代名詞、不定形容詞、中性代名詞など)を一通り確認し、練習問題を通して受験に不可欠な文法力を徹底的に身につけてもらいます。読解は、毎回の授業で扱った重要文法事項を取り入れた文章を使い、文法・構文・熟語・文の構造を見ながら、正確に文を訳す方法を学習していきます。こうした受験準備を高2から始めることで、受験で高得点が狙える力を確実に身につけ、高3でのハイレベル問題に対応できる態勢を整えます。

●多くの例文&パターン仏作文で基本を身につける

多くの例文を用いてフランス語の基本文法事項を整理し、生きたフランス語を研究していきます。仏作文は、共通テストや中堅大学、そして難関大学でも出題される、いわゆる“パターン仏作文”を中心に、毎週添削形式で演習。重要な慣用句・構文を繰り返し扱うことで、単なる作文の訓練にとどまらず長文読解の基本を学ぶことになります。

カリキュラム

学年 文法 読解
高2 11月 動詞の時制(直説法、条件法、接続法) 厳選入試問題の演習
12月 話法の転換、受動態、関係代名詞、複合関係代名詞
冬期講習
1月 疑問文、動詞の時制・命令法・代名詞、
不定代名詞・不定形容詞
厳選入試問題の演習
2月 前置詞、冠詞
高3 前半 受験必須の文法事項をもう一度体系的に整理するのと同時に、受験最高レベルの知識まで全て確認します 厳選入試問題の演習
後半 実際の入試問題形式に即した演習をしていきます テーマ別に長文問題をどんどん解いていきます

高2数学トップレベル(Ⅲ)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2限16:45~18:45
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

最難関大への理系数学

【対象】

東大・京大・東工大・国立医学部など理系難関校を目指す高2生。※数Ⅲの極限および微分法が既習であることが望ましいクラスになります。進研模試GTZ目安 S1~S3レベル

【授業内容】

◆微分積分学の理論構築

教科書だけでは学べない、微分積分学の本質を講義します。時には、“大学数学”にも踏み込んでいきます。

◆概念と技巧のバランス

入試問題には必ず“答え”があります。その“答え”を導くための概念と技巧をバランスよく身につけることも大切です。これらを、演習を通して定着させていきます。

◆定着度確認の2つのテスト

先週学習した内容の確認テスト(Weeklyテスト)と、毎期最後に行う、蓄積した概念と技巧を確認するStrategyテストの2つのテストを実施することにより、定着度を深めます。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 積分法とその応用
12月
冬期講習
1月 定積分と不等式/定積分関数
2月 求積の発展演習/総合演習
高3 前半 分野別講義
後半 解法研究・実戦演習
要選抜資格

高2数学トップレベル(ⅠAⅡB)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 金曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

最難関大への高2数学

【対象】

東大・京大・一橋大・東工大志望者。または、早慶志望者で数学を得点源にしたい人(文理共通)。高2数学トップレベル(ⅠAⅡB)を受講するためには選抜資格が必要です。進研模試GTZ目安 S1~S2レベル

【授業内容】

◆概念構築<foundation>

教科書レベルの理解では、数学の本質的な概念は定着しません。根本的な概念の構築を高2で行い、入試問題に対応する力を養います。

◆典型解法<techniques>

問題を解く上で、ある程度のテクニックの獲得は必要不可欠です。典型解法を習得し、頻出問題を必ず落とさない実力を獲得します。

◆解法運用<application>

典型解法も、問題の中で運用できてこそ意味があります。問題演習とテストを通じ、知識だけでなく運用能力を体得します。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 数列
12月 整数
冬期講習
1月 テーマ別講義「論理」「存在」「平面図形」「空間図形」
2月 テーマ別講義「数列応用」「整数応用」「解法研究」
高3 前半 分野別講義
後半 解法研究・実戦演習
  • ※数学Ⅲは「高2数学トップレベル(Ⅲ)」「理系数学(Ⅲ)」で扱います。
要選抜資格

高2トップレベル理系数学

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 180分(途中休憩あり)
  • 池袋校
  • 金曜日 2・3限18:00~21:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

最難関大への数学ⅠAⅡBⅢ

【対象】

東大・京大をはじめとする最難関大志望者で、高校数学を俯瞰したい高2生。高2トップレベル理系数学を受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆高校数学を俯瞰する

高2の一年間を通して、高校数学全範囲を俯瞰し、数学の概念構築を目指します。ⅠAⅡBⅢの中でも特に重要な「数列」「整数」「微積分」を中心に扱います。

◆概念と技巧のバランス

授業では「解法原理」を紹介していきます。それを整理することで、解法の必然性を学び、入試問題へのアプローチ法を定着させます。

◆演習による技巧の定着

授業では、先週学習した内容の確認テスト(Weeklyテスト)に加え、多くの問題演習を実施することで、技巧の定着度を高めます。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 ベクトル(数B)
微分法とその応用(数Ⅲ)
12月 整数(数A)
積分法とその応用(数Ⅲ)
冬期講習
1月 テーマ別演習
2月
高3 前半 分野別講義
後半 解法研究・実戦演習

高2理系数学Ⅲ

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 火曜日 2限17:00~19:00
  • 池袋校
  • 金曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

数学ⅡBが終わっていなくても大丈夫。独自のカリキュラムで理系入試の要『数学Ⅲ』を速習

【対象】

理系難関校・上位校を目指す高2生(数学Ⅲを必要とする人)。進研模試GTZ目安 S3~B3レベル ※本講座は数学ⅡBが既習でなくても、誰でもゼロから始めることのできる『ゼロスタ数学』講座です。

【授業内容】

◆高2のうちに数学Ⅲの基本概念を完成

高2のうちに数学Ⅲ全分野をひと通り扱います。お茶ゼミ独自のカリキュラムで速習し、高3になったときに安心して入試演習が行えるようにします。数学ⅡBが終わっていない生徒さんでも始められる特別カリキュラムです。

◆分かったことをそのままにしない

できるようになるには、ある一定の練習が必要となってきますが、大量の問題をやっても意味がありません。高2理系数学Ⅲでは、授業中に演習をする時間を設け、質の高い問題演習を積み重ねることで、理解と定着を図ります。

◆Weeklyテストで理解度を確認

毎回の授業では、先週学習した内容の確認のために小テスト(15分程度)を実施します。このテストによって、自分の理解度を確認することができます。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 いろいろな関数、極限
12月 極限、微分法
冬期講習 微分法
1月 積分法
2月
高3 前半 入試頻出・典型問題を中心に、実際の入試問題を使用してもう一度整理しなおします
後半 数学の全内容の実戦力を養成します
  • ※高3はⅠAⅡBを扱うクラスとⅢを扱うクラスの2クラスで理系大学・学部受験に必要な全範囲を扱います。

高2数学ハイレベル(ⅡB)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 3限19:00~21:00
  • 火曜日 2限16:45~18:45
  • 木曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 火曜日 3限19:15~21:15
  • 池袋校
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • 土曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 火曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

高2から入試実戦力を高める

【対象】

大学入試に向けて、受験数学の実戦力を養成したい高2生。(文理共通)進研模試GTZ目安 S3~A2レベル

【授業内容】

◆講義+演習で“数学ⅡB分野”の実戦力を養成

講義では演習と解説を行い、自力で解けるという喜びを感じてもらいます。数学ⅡBのうち頻出のテーマを取り上げ、1.5年かけてじっくり扱います。入試は単元別で出題される訳ではありません。高2からの1.5年間、テーマ別の入試演習を行うことで、早期に実戦力を養成します。また、単元別に忘れている部分を振り返ることもできるテキストになっています。

◆Weeklyテストによる定着

前回の内容を正しく理解しているか、どの位定着しているかを確認するために、毎回の授業でWeeklyテストを実施します。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 数列、テーマ別演習『指数対数』
12月 テーマ別演習『指数対数』、平面ベクトル
冬期講習
1月 テーマ別演習『数列』
2月 テーマ別演習『微積分』
高3 前半 数学ⅠAⅡBの入試頻出・典型問題を中心に実際の入試問題を使用して、より高度な解答力を養成していきます
後半 数学ⅠAⅡBの全内容について、より実戦的な演習をしていきます
  • ※数学Ⅲは「理系数学(Ⅲ)」で扱います。

高2数学スタンダード(ⅡB)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • 池袋校
  • 土曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 月曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

苦手を高3に持ち込まないための基礎講座

【対象】

大学入試に向けて、受験数学の基礎固めをしたいすべての高2生。(文理共通)進研模試GTZ目安 A3~B3レベル※本講座は既習・未習問わず誰でもゼロから始めることのできる『ゼロスタ数学』講座です。

【授業内容】

◆苦手の原因に気づく

数学が苦手な人には、数学が苦手な原因がどこにあるのかを、授業中に気づかせ、苦手意識を払拭させます。

◆講義+演習で“数学ⅡB頻出分野”の網羅

講義では基本事項の確認から始め、基礎~標準の問題を使用してその解法を解説します。テキストで扱う問題は基礎固めに必要かつ十分なものをセレクトしています。また、授業中に類題の演習を行い、自力で解けるという喜びを感じてもらいます。

◆Weeklyテストによる定着

前回の内容を正しく理解しているか、どの位定着しているかを確認するために、毎回の授業でWeeklyテストを実施します。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 数列、ベクトル
12月 ベクトル
冬期講習
1月 数学ⅡB総復習
2月
高3 前半 数学ⅠAⅡBの全内容を、入試頻出・典型問題を中心に、実際の入試問題を使用してもう一度整理しなおします
後半 数学ⅠAⅡBの全内容の実戦力を養成します
  • ※数学Ⅲは「理系数学(Ⅲ)」で扱います。

高2数学総合ハイレベル(ⅠA)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 80分
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 1限15:10~16:30
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

数学ⅠAに特化して、徹底的に入試対策

【対象】

共通テストおよび国公立大、私大で数学ⅠAを利用する高2生。

【授業内容】

◆数学ⅠA分野の講義および演習

数学ⅠA全分野について、基本概念から発展的内容までを講義し、基本問題から入試問題までを演習していきます。本質を深く掘り下げるところまで学習を進めるハイレベルなクラスです。

◆考える力がつくカリキュラム

数学ハイレベルクラスは、数学的思考力と考察力を養成することを目標としています。お茶ゼミ数学科では、解法を支える発想・原理の理解が大切だと考えていますから、お茶ゼミ独自のカリキュラムでみなさんに数学の本当の意味での実力をつけてもらいます。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 図形、整数、2学期の総復習・データの分析
12月
冬期講習
1月 数学ⅠA総復習
2月
  • ※この講座は高3~高1生のみなさんが受講可能な講座です。そのため、前年度までの内容と重複する場合があります。受講の際はご注意ください。
  • ※単位数は 1.5 単位となります。

高2物理

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 金曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 月曜日 3限19:15~21:15
  • 池袋校
  • 木曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関大現役合格のための物理の基礎を培う

【対象】

医学部・東工大・早慶など難関大の現役合格を目指す高2生。(力学が履修済みであることが必須。)

【授業内容】

◆「熱力学」「波動」をいち早く学習し、「電磁気学」の中から、高3生でも苦手意識の強い「電気」を先取り!

新しい単元というものは一度学習するだけでは中々身につきません。高2で物理の各単元を学習しておくことで、高3生での実力の伸びが大きく異なります。

また、電磁気学は物理の学習でも最後に学習する分野のため、3年生になっても苦手意識が強い生徒が多い分野です。本講座では、高2のうちに電磁気学の中でも苦手とする生徒の多い電気分野を一通り学習し、早期に電磁気学の基礎を学習します。

◆難関大現役合格のカギは「早期対策」と出来る「自信」

現役で理系の難関大に合格する生徒たちは、理科を高2から早期に対策を始めています。英語・数学の学習の後に理科の学習があるのではなく、英語・数学と並行して理科を学習していくことが難関大現役合格の伴です。

授業では、基礎・標準の問題を通じて、物理が「出来るようになる科目」であると実感してもらいます。高2生のうちに毎週のWeeklyテストで高得点が取れるようになることで、1週間ごとに知識が定着するサイクルを確立しましょう。そして、その「自信」をもって、3年生での学習に繋げていきましょう。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 波の性質と音波
12月 光波
冬期講習
1月 電気分野
2月 電気分野
高3 前半 力学・熱力学・波動・電磁気など物理の全分野を扱います
後半 実戦問題演習形式で授業を行います

高2物理速習

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 80分
  • 東京本校(水道橋)
  • 水曜日 2限17:25~18:45
  • 渋谷校
  • 水曜日 3限19:15~20:35
  • 池袋校
  • 木曜日 2限17:40~19:00
  • 吉祥寺校
  • 火曜日 3限19:15~20:35
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

解ける!「力学」の土台を作る

【対象】

入試で物理を利用する、現役合格を目指す高2生。

【授業内容】

◆「分かる」だけでない「物理」が解けるための基礎を身につける

物理は「解ける」という実感がとても大切です。「こうやって考えていけば、できるようになる」、そんなキッカケを掴んでいただくための講座です。物理の最重要単元である力学をテーマに物理の学習法の基盤を作っていきましょう。

また、力学は一度扱っているか、否かで高3生での実力向上のスピードが大きく異なる分野です。是非、高2生のうちに「力学」の基礎を固めて学習を進めてください。

◆現役合格のカギは「早期対策」と出来る「自信」

現役で理系の有名大に合格する生徒たちは、理科を高2から早期に対策を始めています。英語・数学の学習の後に理科の学習があるのではなく、英語・数学と並行して理科を学習していくことが難関大現役合格の伴です。

授業では、基礎・標準の問題を通じて、物理が「出来るようになる科目」であると実感してもらいます。高2生のうちに毎週のWeeklyテストで高得点が取れるようになることで、1週間ごとに知識が定着するサイクルを確立しましょう。そして、その「自信」をもって、3年生での学習に繋げていきましょう。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 加速度・速度・変位、力のつりあい
12月 運動方程式、仕事とエネルギー
冬期講習
1月 運動量と力積・衝突、保存則演習
2月 慣性力・円運動
高3 前半 力学・熱力学・波動・電磁気など物理の全分野を扱います
後半 実戦問題演習形式で授業を行います

高2化学トップレベル

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 2限16:45~18:45
  • 池袋校
  • 火曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

高2段階で最難関大入試における思考の基盤をつくる

【対象】

東大・京大・国公立医学部などの最難関大の現役合格を目指し、化学を入試において武器にしたい高2生。

【授業内容】

◆最難関大入試化学で必要な思考力を身につける

東大・京大・国公立医学部二次試験では、基本的な知識を利用して、初見の問題を解く思考力が高いレベルで求められます。授業ではこうした問題に対応するために、一つ一つの事項をできる限り、その原理にさかのぼって解説するとともに、実際の最難関大で出題されている問題にも触れていきます。

◆各分野の関連を意識したカリキュラム

化学の考え方を身につけやすく、またより深く化学を理解し、最難関大入試でよく出題される応用問題への対応力が身につくよう、各分野の関連を意識したカリキュラムで進めていきます。

◆現役生でも優位に合格できるための戦略を構築

高2段階で、難関大といわれる入試問題に積極的に触れ、演習していくことで、高3開始段階で、浪人生を超える実力を身につけてもらいます。Weeklyテストでは少々難し目の問題にも初見で挑んでもらい、解答力を養成します。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 理論+有機 反応速度・化学平衡
12月 化学平衡・高分子
冬期講習
1月 無機 非金属元素
2月 金属元素
高3 前半 分野別入試問題演習
後半 実戦問題演習

高2化学

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • 池袋校
  • 水曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

理論・無機・有機の重要分野を徹底完成

【対象】

医学部・東工大・早慶理科大など難関大の現役合格を目指す高2生。

【授業内容】

◆化学的思考力を養い、実戦力アップを図る

入試化学で本質的に必要とされる知識の定着と思考力の構築を図ることを目標に、理論・無機について、基礎的な要素別の入試問題を基にしたオリジナルテキストを用いて講義・演習を行うことで効率的に実戦力アップを図り、高3へとつなげます。

◆受験生が不得手とする蒸気圧の扱い・溶解度の計算を習得

理論化学の気体と溶液の性質を扱います。初学の段階では難しく感じられた蒸気圧やヘンリーの法則などについて、基礎から丁寧に解説し、演習で定着させます。

◆乱雑に覚えがちな無機化学の必須知識を効率よく整理

乱雑にインプットされてしまいがちな無機化学の反応式は丸暗記ではなく、理論的な背景を理解することで、自分で作り出すことが可能になります。

また、反応式の作成を理解することで、理論分野の徹底復習にもつながります。丸暗記ではない、無機化学の面白さを伝える授業です。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 理論 気体の性質
12月 溶液の性質
冬期講習
1月 無機 非金属元素
2月 金属元素
高3 前半 [化学]の全範囲について知識の蓄積と解答能力の構築を図ります
後半 近年の東大・難関大入試の過去問を積極的に取り入れた入試レベルの演習を行い、実戦力を高めます

高2化学速習

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 80分
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 1限15:10~16:30
  • 渋谷校
  • 水曜日 2限17:25~18:45
  • 池袋校
  • 火曜日 2限17:40~19:00
  • 吉祥寺校
  • 水曜日 2限17:40~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

高3で化学を伸ばすための基礎を培う

【対象】

入試で化学を利用する、現役合格を目指す高2生。

【授業内容】

◆入試化学の中核となる理論化学を基礎から丁寧に理解

11・12月に[化学基礎]の主要分野を、冬期講習以降に[化学]の理論化学主要分野を扱います。いずれのテーマも、高2の段階で理解しておくべき基礎的な理論について、知識を全く有していない前提で解説し、演習を通じて定着を図ります。学校によって進度が異なり、テーマによって未習・既習の差が生じることが予想されますが、未習であっても全く問題はありません。難関大合格を目指すならば、入試化学の根幹となる基礎知識・基礎理論の完全理解が絶対条件となります。

◆難関大現役合格のカギは「早期対策」と出来る「自信」

英語・数学の学習の後に理科の学習があるのではなく、英語・数学と並行して理科を早期から学習していくことが難関大現役合格の伴です。授業では、基礎・標準の問題を通じて、化学が「出来るようになる科目」であると実感してもらいます。高2生のうちに毎週のWeeklyテストで高得点が取れるようになることで、1週間ごとに知識が定着するサイクルが確立します。そして、その「自信」をもって、3年生での学習に繋げていきます。

  • ★入試で「化学基礎」のみ必要な場合(共通テストで[化学基礎]を選択する文系志望者等)は、11・12月のみの受講も可能です。
  • ★無機化学を先取り受講したい人は、1・2月に「高2化学」を受講することをおすすめします。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 [化学基礎](化学量・酸塩基・酸化還元)
12月
冬期講習(熱、電池電気分解)
1月 [化学](気体・物質の三態、溶液の性質)
2月
高3 前半 [化学]の全範囲について知識の蓄積と解答能力の構築を図ります
後半 近年の難関大入試の過去問を積極的に取り入れた入試レベルの演習を行い、実戦力を高めます
  • ※11・12月は「化学基礎」の内容を扱います。

高2難関大生物

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 金曜日 3限19:00~21:00
  • 池袋校
  • 水曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

年々難化する理系生物を早期に対策

【対象】

難関大の現役合格を目指す高2生。

【授業内容】

◆難化する理系生物を制覇するためには

生物は、「学校で学ぶこと」と「入試問題を解くために必要なこと」とのギャップが大きな科目といえるでしょう。本講座は、いたずらに知識をたたき込むだけの講義ではなく、入試問題を解くための必要最低限の知識と考え方、そして問題を解く方法を習得することを重視しています。そして少人数であることを活かし、講義中の発問などによって入試生物に必須といえる考察力を養成します。入試とのギャップを早くから意識し、実戦力を身につけていくことができます。「考察力」を本講座で鍛え、早期に入試に対応できる力を身につけましょう。

◆理系生物の主要テーマ「代謝」と「分子生物学」を先取り

高2の4ヶ月では、恒常性、代謝、分子生物学といった入試の頻出分野を学習します。これらの分野は、難しい考察問題が多く出題されることから、高3生になってから取り組むと、入試問題が解けるようになるのに苦労しているのが現状です。これらの分野について高2生のうちに入試レベルの内容に触れることにより、受験生になったときに、さらに高度な内容を学習するための土台を予め作っておくことができるのが本講座の最大のメリットです。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 細胞・タンパク質と酵素・細胞膜の性質・体細胞分裂
12月 恒常性(自律神経系とホルモン)
冬期講習(免疫)
1月 代謝(呼吸と光合成)
分子生物学(遺伝情報の発現)
2月
高3 高3では志望校と入試に必要とする範囲に応じて講座が分かれます。
前半 重要事項について知識を整理し、入試問題を使用しながら基礎から発展的な内容まで理解を深めながら学びます。
後半 実際の入試問題を扱い、実戦力を養成していきます。

高2日本史ハイレベル

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

受験日本史のレベルをいち早く体感し、ライバルに差をつけるハイレベルクラス

【対象】

単純な知識だけでなく因果関係や自ら推察する力が要求される最難関国立大(東大・一橋大)や最難関私立大(早慶)への現役合格を目指し、志が高く意欲のある高2生。

【授業内容】

◆高2終了時点で2010年代までの歴史を学習

現代の日本(2010年代)までを扱います。近年の大学入試は近現代、中でも戦後からの出題が増加しています。その範囲で得点を重ねることが現役合格に直結するといっても過言ではありません。扱う内容は、政治・経済分野において、単純な暗記ではなく物事の構造的な理解が必要となります。高3生になる前を利用して近現代の土台を構築していきます。

◆徹底した復習システム

「やりっぱなしは禁止」を合言葉にハイレベルクラスでは共通テストや入試改革で求められる力を養成するためのWeeklyテストを実施します。Weeklyテストでは実際の入試で出題された正誤問題を中心に、単純な知識だけでなく歴史の因果関係が理解できているかを確認します。高2のうちから入試のレベルというものを体感し、アドバンテージを持って受験学年に臨みましょう。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 <近・現代>近代国家の成立
12月 <近・現代>立憲国家体制の成立
冬期講習 <近・現代>大日本帝国の躍進
1月 <近・現代>大日本帝国の崩壊
2月 <近・現代>戦後の日本
高3 3→10月 古代から戦後史までの通史・文化史を総合的に中心に学習します。
11月以降 外交史・社会経済史・政治史などを入試頻出テーマにそって復習・演習していきます。

高2日本史速習

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 80分授業
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 2限17:25~18:45
  • 渋谷校
  • 土曜日 2限17:25~18:45
  • 池袋校
  • 土曜日 3限19:15~20:35
  • 吉祥寺校
  • 月曜日 2限17:40~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

政治史を中心に日本史の流れを構造的に理解する入門クラス

【対象】

現役合格を目指し、これから本格的に日本史を学習しようと思っている高2生。

【授業内容】

●4ヶ月間で日本史全体の概略をつかむ

高2の「日本史速習」では、旧石器時代から第2次世界大戦までを扱い、「政治史中心」・「基本的知識重視」をコンセプトに授業を展開していきます。11月からの4ヶ月間で扱った内容をベースにして、高3の授業で更なる知識を身につけ、体系的理解につなげていきましょう。

●オリジナルのWeeklyテストで知識の定着をはかる

「日本史速習」では幅広い範囲を毎回の授業で扱うことになり、当然、知識の抜け・漏れが生じるはずです。その抜け・漏れは毎週の授業冒頭で実施されるWeeklyテストでカバーしていきます。日本史は予習よりも復習が圧倒的に大切な科目になるので、Weeklyテストを利用して復習のリズムを確立していきましょう。4ヶ月という期間で得た知識は必ず他の受験生と差をつけることにつながるはずです。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 <原始・古代>原始時代、ヤマト政権成立~動揺、律令国家の建設・完成・動揺、平安時代の政治
12月 <中世>武士の成長~鎌倉幕府の成立、鎌倉幕府と執権政治の展開、建武新政・室町幕府の確立と動揺、室町幕府の衰退と戦国時代
冬期講習 <近世>幕藩体制の成立~動揺
1月 <近・現代>開国と貿易の開始、幕末の政争と明治維新、自由民権運動と立憲体制の成立、帝国議会・日清戦争・政党の伸張
2月 <近・現代>日露戦争と桂園時代、第一次世界大戦と政党政治、政党政治の苦悩と満州事変、軍国主義日本と日中・太平洋戦争
高3 3→10月 古代から戦後史までの通史・文化史を総合的に学習します。
11月以降 外交史・社会経済史・政治史などを入試頻出テーマにそって復習・演習していきます。

高2世界史ハイレベル

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関大を目指すにふさわしい学力と意欲を持つ者が集うハイレベルクラス

【対象】

歴史的事象の因果関係や意義を文章で表現する力が求められる最難関国公立大および豊富な知識が求められる私立最難関大(早稲田・慶應)現役合格を目指す高2生。

【授業内容】

◆どこよりも早く受験世界史の中核となる分野を学習

難関国公立大では「各出来事の重要性や後の時代に与えた影響」、「同時代における他地域との比較」といったテーマに則して論述文を書く力が、また難関私大では社会経済史・文化史など多分野にわたる豊富な知識量が求められます。そこで、本講座では最頻出分野である近現代史を対象とし、この時代の特徴と現在の国際社会が抱える諸問題の原因を考察します。多くの受験生が高3生から取り組む近現代史を先取りし、全国のライバルに差をつけることを目標とします。

◆「ハイレベル」の復習テストで定着度を確認

世界史は予習よりも復習を重視すべき科目です。従って、「世界史ハイレベル」のWeeklyテストでは基礎的な用語の確認に加え、正誤判定問題など実際に入試で出題される形式に沿った問題を通じて各出来事の関連や歴史的意義など入試レベルの知識・理解度を確認します。世界史を武器にして志望校合格を目指す皆さんの受講を心待ちにしています。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 近代史(アメリカ独立革命・産業革命・フランス革命・ナポレオン時代・ウィーン体制)
12月 近代史(19世紀の欧米・アジア)
冬期講習 帝国主義、1870年代~20世紀初頭
1月 帝国主義・第一次世界大戦、ヴェルサイユ・ワシントン体制
2月 戦間期のヨーロッパ・アジア、第二次世界大戦
高3 3→10月 先史・古代オリエント~第二次大戦後の現代史まで、入試レベルの知識を交えつつ、通史を整理します。
11月以降 各国史や年代別の東西横断的整理(横のつながり)で、世界史を多角的に学び、入試の様々な問題形式に対応できる力を養成します。

高2世界史速習

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 80分授業
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 3限19:00~20:20
  • 渋谷校
  • 月曜日 2限17:25~18:45
  • 池袋校
  • 土曜日 2限17:00~18:20
  • 吉祥寺校
  • 木曜日 3限19:15~20:35
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

受験世界史の最頻出分野である西洋近現代史の要点を4ヶ月で概観する入門クラス

【対象】

現役合格を目指し、世界史を受験科目とする高2生。

【授業内容】

●受験世界史の「中核」を80分で効率よく整理

世界史という教科は世界各地の数千年にわたる足跡を扱うため、興味深く学習できる一方で、膨大な情報量が受験生泣かせでもあります。「世界史速習」は世界史を受験科目として選択し、適切な学習法を身につけたいと考えている皆さんを対象とした入門講座として、最頻出分野である19世紀から第二次世界大戦に至る西洋近現代史のうち、高2生の段階で押さえておくべきポイントを厳選して学習します。

●未習者やブランクがある人も大歓迎。4ヶ月で学習の下地を形成

「世界史速習」は週1回・各回80分といった無理のない分量であるため、世界史に苦手意識をもっている人だけでなく、国際系や外国語系など世界史の知識を前提とした学部を志望しているにも関わらず学校のカリキュラム上、高2で世界史の授業が実施されないため受験科目にすることをためらっている人にもおすすめできる講座です。4ヶ月の学習で身につけた西洋史の知識と世界史に対する興味・自信を核とし、高3で扱う東洋史を含めた全時代・全地域の理解を深めて1年半で難関大の入試問題に耐え得る学力の構築を目指します。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 絶対王政の形成、フランス革命、ナポレオン時代、ウィーン体制、イギリスの自由主義改革
12月 19世紀のヨーロッパ諸国(フランス・イタリア・ドイツ・ロシア)
冬期講習 帝国主義(1870年代~20世紀初頭)
1月 第一次世界大戦、ヴェルサイユ・ワシントン体制、戦間期の欧米
2月 世界恐慌、枢軸・人民戦線の形成、第二次世界大戦
高3 3→10月 先史・古代オリエント~第二次大戦後の現代史まで、入試レベルの知識を交えつつ、通史を整理します
11月以降 各国史や年代別の東西横断的整理(横のつながり)で、世界史を多角的に学び、入試の様々な問題形式に対応できる力を養成します
  • ※高校での世界史の既習・未習は問いません。

高2難関推薦

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 渋谷校
  • 土曜日 2限17:00~19:00

高2からの始動で難関推薦合格力をアップ

【対象】

難関大学の推薦入試(総合型選抜・学校推薦型選抜公募制)の受験を考えている高2生。

【授業内容】

◆独自のメソッドに基づき、推薦入試の〈合格力〉を飛躍的にアップさせる!

この講座では、難関大推薦入試に合格できる、自分だけの志望理由作りを視野に入れながら、入試で必要な『志望理由を他人にアピールする力』を身につけます。この〈合格力〉を飛躍的にアップさせるのが、当講座が用いる独自のメソッドです。このメソッドは、推薦入試に合格する者には共通のチカラがあるという信念の下、ベネッセコーポレーションと共同で開発した指導法です。グループワークを積極的に取り入れ、推薦入試に合格するチカラを引き出すカリキュラムが特徴です。

◆様々な入試方式(面接・ディスカッション・小論文・プレゼンテーション)に対応!

推薦入試では、様々な方式(面接・ディスカッション・小論文・プレゼンテーション)が課されます。この講座では、グループごとのディスカッションやワークを多用することで、他者の考え方や価値観に接しながら、推薦入試に挑む受験生には不可欠な、創造力、問題発見・解決力、発信力、説得力、リーダーシップなどのスキルを理論的に知り、実戦力に磨きをかけます。慶應法・SFCをはじめとして、国公立・早稲田・MARCHのような難関大の推薦入試に通用する〈合格力〉をいち早く身につけられることでしょう。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 講師との対話を通して、志望理由を考え、コミュニケーション能力・リーダーシップ能力・創造力・問題発見能力を磨きます。
12月
冬期講習
1月 12月までを引き継ぎつつ、問題解決能力・読み書く技術・プレゼンテーション能力を磨きます。
2月
高3 前半 高3からは推薦入試で問われる論文作成力養成に移ります。同時に志望理由書などの推薦書類作成指導も取り入れ、一人一人の志望理由を説得力あるものにしていきます。
後半 徐々にそれぞれの志望校に応じた推薦書類完成・論文指導・面接対策に移行します。

高2慶應・難関論文

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 2限17:00~19:00
  • 渋谷校
  • 土曜日 3限19:15~21:15

論文で慶應(文系)に入るための土台を築く

【対象】

一般・推薦を問わず、慶應義塾大(文系学部)を志望している高2生。

【授業内容】

◆「何が何でも慶應に行きたい」人のための論文力養成

慶應義塾大は文系の全学部で論文が課されます。とにかく慶大生になりたい人のために、この講座は基礎から徹底的に指導し、まずは「論文で落ちない」書き方から始め、「論文で受かる」書き方まで伝授します。もちろん、慶應志望だが一般入試だけでなく推薦入試も考えている意欲的な人も大歓迎です。

◆4ヶ月で身につけたい力 ― 慶應各学部別に

法学部志望なら→設問を分析し、課題文を効率的に読解し、答案を構成する力

文学部志望なら→課題文を正確に要約説明し、的確な意見提示をする力

経済・商学部志望なら→短時間のうちに課題文を速読し、論理的に整理しながら、正確な意見を短時間で提示する力

SFC志望なら→複数の資料から論点を設定し、それを生かして意見提示する力

◆予習不要/授業時間内完結/担当講師が答案を添削

お茶ゼミの論文は、授業ですべて完結します。答案作成→添削→講義→答案作成というサイクルを繰り返すため、予習は不要です。毎週授業中に答案を作成するので、合格論文を限られた時間内に書く力も身につきます。また、授業では答案作成と平行して、合格論文を書くために有効な発想法を講義します。そして、答案は担当の講師が必ず自らの手で添削し、指導します。

カリキュラム

学年 授業内容
高2 11月 自分の経験を分析し、社会的視点を獲得する
12月 慶應に「落ちない」論文を書くための発想法と思考法を身につける
冬期講習
1月 慶應論文入試の様々な形式に取り組み、「慣れ」をつくる
2月 早くも慶應・難関論文入試を想定してチャレンジ
高3 4→10月 様々なジャンルの文章・題材をもとに慶應論文で必要な作法の演習を積んでいきます。推薦・入試の小論文にも随時対応します。
11月以降 難関論文演習…慶應の諸学部、他の難関大に応じた演習を行います。個別志望にも対応します。

難関国立日曜特訓

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 180分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • ※開講日時詳細はカリキュラムをご覧ください。

東京大、京都大、一橋大、東工大などの最難関校への特別特訓

【対象】

東大・京大・一橋大・東工大などの最難関国公立大学を目指し、何が何でも現役合格したい、意欲ある高2生。

【授業内容】

◆最難関国公立大学への『演習』+『特別解説』

最難関大学の入試問題レベルの『演習』を行い、その『特別解説』を行います。解説は、受講生の演習の出来を見て行われますので、苦手なポイントを確実に解消できます。毎週、そのやり取りをすることで、現役合格を確実なものにします。

◆英語と数学を1日で学べる特別特訓

日曜日に英語と数学をセットで学習することができます。平日が忙しい難関大志望者にぴったりです。英語は、国立英語で差のつきやすい英文和訳、英作文を扱います。数学はⅠAⅡBの範囲で過去問を扱います。英語90分+数学90分の特別特訓です。

◆平日講座との併用受講も歓迎

もちろん、平日講座との併用受講も歓迎します。平日講座でのインプットをアウトプットできるか確認する絶好の機会になります。さらに、帰れ満点?帰れMaッth!からの連続受講も歓迎します。

カリキュラム

授業日 授業時間
1 10月31日 【英語】17:25~18:55
【数学】19:05~20:35
2 11月14日
3 11月21日
4 12月5日
5 12月12日
6 12月19日
7 1月23日
8 2月6日
9 2月13日
10 2月20日
  • ※難関国立日曜特訓は英数セット講座です。
  • ※3~4回を1期間とします。

早慶日曜特訓

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 英国240分+論文(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • ※開講日時詳細はカリキュラムをご覧ください。

早慶(文系)合格を本気で狙う高校生に贈る特別特訓講座

【対象】

早慶(文系)志望の、意欲ある高2生。

【授業内容】

早慶志望者の誰よりも早く、早慶の入試問題に毎週挑み、かつ誰よりも深く実戦的な「解説」「講義」に浴することができる、日曜日限定の特訓講座です。この時期から、(ほぼ)毎週、「設定時間」内に持てる「力」を出し切る訓練をすることは早慶合格に大きなアドバンテージをもたらしてくれます。また、アウトプットだけではなく、演習直後に行う90分の「解説」と+αの60分「講義」は着実に「点数UP」→「早慶合格」へと導きます。ハードだからこそ「身につく」「結果が出る」。早慶に本気の生徒の参加を待っています。

◆英語

早慶合格に必要な英語力を養成していきます。文法、読解、英作文…早慶で出題されるあらゆる事項に触れ、考え方を学んでいきます。また、最新の入試問題をまるごとそのまま演習するので、本番さながらの緊張感で、試験対策に不可欠な、時間配分のトレーニングもできます。予習なしの授業ですので、まずは日曜、身ひとつで来てください。復習をしっかり行い、合格力を身につけていきましょう。

  • ・奇数回目:最新の早慶入試を用いた演習&解説(180分)
  • ・偶数回目:前回解いた入試問題の重要ポイントをさらに深く学習(60分)

◆国語

英語と同様に、早稲田大学の合格に必要な学力を養成していきます。現代文・古文はもちろんのこと、漢文も適宜扱います。一回の「解説」で現・古・漢を捌くことで実践的な訓練ができます。長文化傾向が著しい現代文、教科書では見かけない古文、敬遠されがちな漢文、複数の文章処理、等々、早稲田の受験生の誰もが不安に感じている要素を、日曜日の特訓を通して「具体的に」払拭していきます。

  • ・偶数回目:最新の早慶入試を用いた演習&解説(180分)
  • ・奇数回目:前回解いた入試問題の重要ポイントをさらに深く学習(60分)

◆論文

隔週に行われる「国語講義」の後に、「慶應大学」志望者のために「論文」対策を実施します。課題の論文を期日までに提出してもらい、「添削」を経て、さらに「講評」と「合格答案」への道筋をアドバイスしていきます。「論文」こそ早めに「敵」を知り、実際に挑戦してみて、実績あるプロ講師の「添削」を受けることが合格力養成に必須となります。

カリキュラム

授業日 授業時間
1 10月31日 【英語演習】13:00~14:30 【英語解説】14:35~16:05 【国語講義】16:15~17:15
+【論文2期課題提示・要領説明】16:15~16:30 ※国語時間内
2 11月14日 【国語演習】13:00~14:30 【国語解説】14:35~16:05 【英語講義】16:15~17:15
3 11月21日 【英語演習】13:00~14:30 【英語解説】14:35~16:05 【国語講義】16:15~17:15
+【論文2期添削答案返却・解説】17:15~17:45
4 12月5日 【国語演習】13:00~14:30 【国語解説】14:35~16:05 【英語講義】16:15~17:15
5 12月12日 【英語演習】13:00~14:30 【英語解説】14:35~16:05 【国語講義】16:15~17:15
+【論文3期課題提示・要領説明】17:15~17:30
6 12月19日 【国語演習】13:00~14:30 【国語解説】14:35~16:05 【英語講義】16:15~17:15
7 1月23日 【英語演習】13:00~14:30 【英語解説】14:35~16:05 【国語講義】16:15~17:15
+【論文3期添削答案返却・解説、論文4期課題提示】17:15~17:30
8 2月6日 【国語演習】13:00~14:30 【国語解説】14:35~16:05 【英語講義】16:15~17:15
9 2月13日 【英語演習】13:00~14:30 【英語解説】14:35~16:05 【国語講義】16:15~17:15
+【論文4期添削答案返却・解説】17:15~17:30
10 2月20日 【国語演習】13:00~14:30 【国語解説】14:35~16:05 【英語講義】16:15~17:15
  • ※英語・国語のセット講座です。慶應大志望者は論文も受講してください。
  • ※3~4回を1期間とします。

帰れ満点?帰れMaッth!

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分~∞(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • ※開講日時詳細はカリキュラムをご覧ください。

数学ⅠAの苦手な問題が自分で解けるまで帰れません!

【対象】

数学ⅠAを「わかる」でなく「出来る」にしたい高1・2生

【授業内容】

◆数学ⅠAの苦手な問題が確実に解けるようになる!

数学ⅠA全分野について、苦手になりそうな問題を自分で解けるまで帰れません!時間という概念でなく出来る出来ないという概念です!!

◆カリキュラムは受講生と相談しながら決めていきます!

受講生が数学ⅠAの中で苦手である単元を日曜日になくします! あきらめません! ねばります! 待ちます! 時間という価値でなく、できることが勝ちであるという価値で勝負します!受講生のリクエストが多い単元に関して行う授業なので満足感が高いこと間違いなしです!

カリキュラム

授業日 授業内容 授業時間
1 11月14日 リクエストで内容決定 12:00~∞
2 11月21日
3 12月5日
4 12月12日
5 12月19日
6 1月23日
  • ※ 帰れ満点?帰れMaッth!!は高1・2合同講座です。授業時間は最低120分でできるまでやります。

首都圏トップレベルの
授業・講師を体験してみよう

無料体験授業を予約

お電話からでも
お申し込みいただけます

お茶の水ゼミナール

0120-404-424

受付時間
月~土 13:00~20:00
/ 日 13:00~19:00