高3生 講座紹介

お気に入り講座を
一覧で確認する
お気に入り講座リセット

教科を選ぶ

  • 英語
  • フランス語
  • 数学
  • 国語
  • 理科
  • 地歴・公民
  • 論文・推薦

●目標とする大学レベルから講座を絞る

  • 難関 … 東大・早慶など志望
  • 標準 … 国公立・MARCH志望
  • 基礎 … その他私大
ALL
  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • ALL

 お気に入り機能

講座名のそばのを押すと、候補として登録ができます。次に、画面の上の★お気に入り講座を一覧で確認するボタンを押すと、候補の講座を検討・絞り込みができます。最後、希望の講座をまとめて仮申込みができます。

●校舎マークの読み方

  • 東京本校(水道橋)
  • 渋谷校
  • 池袋校
  • 吉祥寺校
  • オンライン・映像授業

時間割は4月以降のものです。3月からの受講を検討されている方は、変則的な時間割となりますので、学年トップページの時間割PDFでご確認ください。

要選抜資格

高3東大英語

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 2限16:45~18:45
  • 渋谷校
  • 水曜日 3限19:15~21:15
  • 池袋校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

東大過去問50 年分から厳選した良問を 使用し、東大現役合格のための、総合力と記述論述力を強化

【対象】

東大をはじめとした最難関国立大に 現役合格を目指す高3生。 受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆道具・手段としての英語を使いこなし、記述論述力に強い英語力をつける

授業では東大合格に必要不可欠な「読解力」を論理力・思考力・知力の3点から総合的に養成し、さらに既存の知識を柔軟にアウトプットする「英作文力」を様々な英作文の問題を通じて養成していきます。「文法力」はテキスト演習を行いながら「読解力」、「英作文力」にいかに役立てることが出来るかという視点から鍛えていきます。

◆東大合格に必要な要約問題・リスニング対策も万全

東大の2次試験は、文法・読解問題の他に、要約問題、小説の読解やリスニングも出題され、あらゆる側面から英語力を問う試験です。その特徴的な入試問題対策を毎回の授業でしっかりと行います。「リスニング力」は、東大の問題を中心とした最難関レベルの問題を毎回演習することにより養成していきます。

◆授業に加え、Strategy Test 、添削指導で答案作成力を強化

東大英語 クラスでは、講義に加え、東大クラスの一番の特徴である、 Strategy Test 、添削問題による個別指導も行います。 Strategy Test では、定 期的に東大入試に準拠した、実戦的なテスト演習を行うことにより、柔軟性に富んだ、応用力のあるアウトプット力と実戦感覚を養成していきます。 Strategy Test の答案や添削問題を講師が添削することで、「合格するための答案の作り方」を1年間で築き上げていきます。

カリキュラム

GRAMMAR READING その他
前期 3月① 関係詞、比較 東大の2次試験に照準を合わせ、下線部訳・大意要約・英作文・長文総合問題を演習します。 リスニング
3月② 準動詞、仮定法
4月 旬と節・分の種類、
助動詞、形容詞、冠詞
5月 名詞、代名詞、接続詞
6月 前置詞、動詞①
7月 動詞②、副詞・否定、時制
夏期講習
後期 9月 正誤問題の演習 長文総合問題 リスニング
10月 Random Exercises
11月 入試総合演習
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
要選抜資格

高3京大・一橋大英語S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S2

  • 120分(途中休憩あり)
  • 吉祥寺校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

強靭な読解力と英作文力を養成し、京大・一橋大の英語に打ち勝つ

【対象】

京大、一橋大を志望する受験生。 受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆基礎をおさえ、得点力を身につける

京大と一橋大は難解な読解問題と長い英作文問題を出題するという点でともに共通点があります。この講義では両大学の過去問題を徹底的に扱い、どのような意図で問題が作られているかを分析しながら、「合格するために必要な英語力とは何か」、「どのようにすれば高い得点が取れるか」などのポイントを伝授していきます。

◆オーソドックスな英語力が合格力を作る

両大学とも長文問題は下線部訳、説明問題が中心で、本物の英語力が問われます。単語、熟語も東大と比べると比較的高いレベルのものが出題され、一見覚えることが多そうに見えますが、実は基礎ができていれば、知らないものにも対応できるということを授業で体感してもらいます。また、一見どこから手を付けてよいかわからない英作文も、易しい英語でアプローチすれば、非常に簡単に取り組めることも教え、合格力を養成していきます。また、リスニングについても授業で扱います。

カリキュラム

GRAMMAR READING その他
前期 3月① 関係詞、態・分詞 京大・一橋大の過去問を使い長文読解力と英作文力を養成します。 リスニング
3月② 比較、仮定法
4月 準動詞(①不定詞、②動名詞)、助動詞
5月 形容詞・副詞、冠詞、名詞
6月 that、代名詞、時制
7月 前置詞付きの関係詞、接続詞、前置詞
夏期講習
後期 9月 空所補充問題の演習、正誤問題の演習 長文総合問題 リスニング
10月 語彙に関する問題と演習
11月 入試総合演習
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
要選抜資格

高3早慶英語S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S3

  • 240分(途中休憩あり)
  • ※早慶英語S の 3月と1月は、 120 分授 業になります。
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2・3限17:00~21:00 金曜日 2・3限
  • 渋谷校
  • 金曜日 2・3限17:00~21:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

入試最難関レベルの英語力を養成、早慶合格を目指す

【対象】

早慶上智(文系学部)、東京外大といった、特に英語が難しい難関大を目指していて、現在の自分の英語力に自信をもっている高3生。受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆知性を鍛え、難関大の英語を征服

早慶上智の英語の入試問題は英語そのものが難しいだけでなく、その英文で語られる内容もまた高度なものです。難解な入試問題を相手に、限られた試験時間で合格点に到達するためには英語力だけでなく豊かな「教養」が必要です。早慶英語Sクラスでは、単に英語を学ぶだけでなく、英語を通じて知性と教養を身につけることが目標とされます。

◆ハイレベルな4時間授業で、どんな難関大の英語も易しく見える

早慶英語Sの授業時間は240分、4時間です。内容は①Worksheet (文法・語法演習)、②Reading (長文読解)、③リスニング、④英作文(特に自由英作文に重点を置きます)、⑤Practical Exercise (速読演習)と多彩で、あらゆる側面から総合的に英語力を高めることを意図しています。1回4時間の種々の工夫を凝らした授業内容は、圧倒的なトレーニング量と教材の質の高さで受験英語界においてもまさに最高レベルを誇っています。早慶英語Sのカリキュラムを終えたとき、もはやどんな大学の入試問題も難しいものには見えないでしょう。また、一般入試の英語だけでなくGTECや英検、TEAPなど大学入試で活用できる各種検定試験に対応できる英語力もあわせて養成していきます。早慶英語Sの定員は25名です。少人数制を徹底し、きめ細かな指導を極めています。

◆テキストの講義+当日テスト演習で、実戦力養成

早慶英語Sでは、4時間という授業時間を利用して、テキスト解説授業だけでなく、速読演習やリスニングなどの授業内テスト演習により、さらにハードに実戦力を磨くことが可能となっています。実際に4時間の授業で行う内容を以下にご説明しましょう。
① Weekly Test …前の週に学んだ内容の復習確認問題と、お茶ゼミオリジナル単語集『でか単』から出題される小テストです。毎回80点を目標とします。また、2期間ごとに行われる2期テストで中期的復習確認を行い、基準を満たさない場合、降格を宣告することもあります。
② Work Sheet …文法・語法の授業内演習問題です。テキストに掲載された問題を中心に毎回1テーマずつ内容を掘り下げて演習を行います。
③ Reading …テキスト掲載の長文問題です。毎回全文訳と総合問題の2題を扱います。
④ Listening …授業内演習でリスニング対策も万全です。さらにテキスト掲載の長文はネイティブによる朗読ファイルが準備され、自宅のPCでダウンロードが可能です。
⑤ Writing …テキスト掲載の英作文問題です。特に自由英作文に重点をおいています。
⑥ Practical Exercise …授業内演習の長文読解問題で、速読力・実戦解答力を養います。

カリキュラム

GRAMMAR READING その他
前期 3月① 関係詞、態、分詞 西欧的思考の研究(A・ハクスリー,P・セロー,I・マードック)
3月② 比較、仮定法
4月 不定詞、動名詞、助動詞 イギリス人論・アメリカ人論(A・ベンソン,N・ポドレッツ) リスニング・総合問題演習
5月 形容詞、副詞、冠詞、名詞 言語論(チョムスキー理論、ソシュール理論),文化人類学(E・ホール),科学論
6月 代名詞、時制、文の構造① 心理学論(ユング心理学、認知心理),文学論(エリオット芸術論、翻訳論)
7月 文の構造②、接続詞、前置詞 歴史論(E.H・カー、第2次大戦論),哲学(自我論)
夏期講習
後期 9月 空欄補充問題 早慶・東大・一橋の入試問題を題材に講義を行います。 リスニング・総合問題演習
10月 正誤問題
11月 整序問題 テキストで全文訳や総合問題を扱うほか、速読テスト問題演習を行い、読解力を高めていきます。
12月 大学別入試問題研究
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
  • ※3月・1月は 120 分授業になります。
  • ※2期間ごとに2期テストを実施します。
要選抜資格

高3最難関大英語S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 池袋校
  • 火曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 水曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

英語難関大に合格するための英語力・知力を養成

【対象】

英語が難しいという定評がある、東京外大をはじめとする難関国公立大、早慶上智のような難関私立大を目指していて、現在の自分の英語力に自信をもっている高3生。受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆知性を鍛え、難関大の英語を征服

難関大の英語の入試問題は英語そのものが難しいだけでなく、その英文で語られる内容もまた高度なものです。難解な入試問題を相手に、限られた試験時間で合格点に到達するためには英語力だけでなく豊かな「教養」が必要です。最難関大英語Sクラスでは、単に英語を学ぶだけでなく、英語を通じて知性と教養を身につけることが目標とされます。

◆ハイレベル授業で、どんな難関大の英語も易しく見える

最難関大英語Sクラスでは、1回の授業で文法、読解(短文の英文解釈と長文読解)、英作文と、幅広い分野を扱い、ハイレベルな英語力を総合的につけていきます。文法は、単なる丸暗記ではない、難関大で必要となる「読み書きできるための実践的英文法力」の育成を図ります。読解では、内容的にも重厚な素材を厳選して扱い、難解なテーマにも対応できる視座を形成します。また、英作文、中でも自分の意見を述べる自由英作文が出題されることが多いというのは難関大英語の特徴ですが、様々なタイプの英作文を授業で扱い、自分の意見をわかりやすく述べる英作文力を養成します。1回1回の授業の密度は非常に濃いですが、きちんと消化していくことで、どんな難関大にも対応できる力がついていきます。

カリキュラム

GRAMMAR ネイティブ
前期 3月① 関係詞、態・分詞 言語論、歴史論、科学論など、難関大頻出のテーマを扱い、客観問題、記述問題の両方に対応できる読解力を身につけます。
3月② 比較、仮定法
4月 準動詞(①不定詞、②動名詞)、助動詞
5月 形容詞・副詞、冠詞、名詞
6月 that、代名詞、時制
7月 前置詞付きの関係詞、接続詞、前置詞
夏期講習
後期 9月 空所補充問題の演習、正誤問題の演習 前期で身につけた知識を基盤に、さらに長めの難関大入試問題を解いていきます。
10月 語彙に関する問題と演習、過去のセンター試験と勝負
11月 最新入試問題演習(前置詞、準動詞、形容詞・比較、動詞①を中心として)
12月 最新入試問題演習(時制・助動詞・仮定法、動詞②、接続詞・関係詞、名詞・代名詞を中心として)
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
要選抜資格

高3国立選抜英語SA

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A1

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 2限16:45~18:45 木曜日 2限
  • 渋谷校
  • 木曜日 3限19:15~21:15
  • 池袋校
  • 月曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関国公立大に合格するための「総合力」を強化

【対象】

東工大・筑波大・千葉大・お茶の水女子大などといった難関国公立大を目指す高3生。受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆「長文読解」と「英作文」を通じた「記述解答力」を養成

難関国公立大の特徴としては、「長文読解」と「英作文」の2つが挙げられます。「国立選抜英語SA」では、難関国公立大の過去の良問を厳選し、この2つの力を鍛え上げていきます。「長文読解」に関しては、様々なジャンルの文章を取り上げて、長文を読むために必要な構文を押さえ、「和訳問題」に対応できる力を養成し、内容的にレベルの高い文章を読解することにより、「説明問題」、「要約問題」に対応できる力を養成します。また、「英作文」に関しては、標準的なレベルからハイレベルの「和文英訳」、さらには様々なタイプの「自由英作文」を取り扱い、基本的な「文法力」・「語法力」を最大限に駆使しながら、シンプルで正確な解答が作れる力を養成します。

◆国公立大に受かるための「文法力・語法力」・「リスニング力」を養成

国公立大の2次試験では、基本的な原理原則を運用して、英語を読み書きできる能力が問われます。そのための土台となる、本質的な「文法力・語法力」が必要不可欠です。「国立選抜英語SA」では、最重要な「文法・語法」を「自習用教材」として一通り扱い、分野別に整理していきます。また、共通テストで必須となる「リスニング」も、「長文読解」や「英作文」にも応用できる形で扱っていきます。

カリキュラム

GRAMMAR READING その他
前期 3月① 関係詞、態・分詞 構文や構造分析の理解をはじめ、読解に必要な練習を積んでいきます。
また、記述型の試験を意識して、和訳の問題も取り入れていきます
3月② 比較、仮定法
4月 準動詞(①不定詞、②動名詞)、助動詞 リスニング
5月 形容詞・副詞、冠詞、名詞
6月 that、代名詞、時制
7月 前置詞付きの関係詞、接続詞、前置詞
夏期講習
後期 9月 空所補充問題の演習、正誤問題の演習 国公立大学の問題を題材に、実戦的な読解力を高めていきます リスニング
10月 語彙に関する問題と演習
11月 最新入試問題演習(前置詞、準動詞、形容詞・比較、動詞①を中心として)
12月 最新入試問題演習(時制・助動詞・仮定法、動詞②、接続詞・関係詞、名詞・代名詞を中心として)
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3難関大英語A

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ A1~A3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 3限19:15~21:15 水曜日 2限
  • 渋谷校
  • 月曜日 2限17:00~19:00 木曜日 2限
  • 池袋校
  • 火曜日 2限17:00~19:00 木曜日 3限
  • 吉祥寺校
  • 月曜日 2限17:00~19:00 木曜日 3限
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

文法・長文を総合的に鍛え、国立私立の難関大合格候補生を養成

【対象】

GMARCHは死守してあわよくば国立・早慶上智といった難関大合格を目指している人に最適なクラスです。国立・私立に関わらず、難関大が第一志望だが、現状では少し力が足りない人も、このクラスで力をつけて選抜テストに合格しましょう。120分で文法・英作文(文法準拠の英作文)・英文解釈・長文読解を総合的に扱う「オールインワン」の授業です。

【授業内容】

◆GMARCH志望から早慶上智志望まで国立志望者の基礎力養成も

GMARCH、さらに早慶上智、東大・一橋大などの問題も適宜取り入れた教材で、GMARCHへの、またその一歩上への力の養成を図ります。

◆文法・長文・作文を総合的に鍛え、秋からの志望校対策に備える

夏までに必要な文法事項を1周し,夏明けには問題パターン別演習へ移行して完璧な文法力を身につけます。講義を聞いて「わかる」だけではなく、お茶ゼミオリジナル文法&英作文問題集『monogrammar』の演習を通じ「できる」につなげていきます。また読解に必須な構造分析力も、英文解釈や長文問題を通じ、基礎から積み上げていきます。読解素材は徐々にレベルアップしながら志望校へ必要な読解力を培っていきます。

◆『でか単』『完熟』+Weekly テストで語彙力アップ

高3春の段階での英語力の差は「単語力」「熟語力」の差による部分が大きいものです。潜在能力はあっても、単語力・熟語力がないために力を出し切れない人がたくさんいます。 難関大 英語Aクラスではそんな人のために、お茶ゼミオリジナル単語集『でか単』・熟語集『完熟』から毎週範囲を決めて単語が Weekly テストに出題されます。無理のないスケジュールで語彙力増強を図っていきます。

カリキュラム

GRAMMAR ネイティブ
前期 3月① 関係詞、態・分詞 構文や構造分析の理解をはじめ、読解に必要な練習を積んでいきます。また、正確に文章を捉えるために、和訳の問題も取り入れていきます
3月② 比較、仮定法
4月 準動詞(①不定詞、②動名詞)、助動詞
5月 形容詞・副詞、冠詞、名詞
6月 that、代名詞、時制
7月 前置詞付きの関係詞、接続詞、前置詞
夏期講習
後期 9月 空所補充問題の演習、正誤問題の演習 GMARCHレベルをはじめ、早慶レベルの長文問題もどんどん読み解いていきます
10月 語彙に関する問題と演習、過去のセンター試験と勝負
11月 最新入試問題演習(前置詞、準動詞、形容詞・比較、動詞①を中心として)
12月 最新入試問題演習(時制・助動詞・仮定法、動詞②、接続詞・関係詞、名詞・代名詞を中心として)
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3受験標準英語

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 3限19:00~21:00 土曜日 1限
  • 池袋校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 火曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

英語を基本から学習し、現役合格を確実に

【対象】

英語ができるようになりたいのだけれど、どういう勉強をすればよいか分からない人。部活の都合で夏まではあまり英語だけに時間をかけられない人。またGMARCHなどの有名大を志望しているが、英語に自信がなく、基礎力をつけて、現役合格の足がかりを作りたいという高3生。

【授業内容】

◆入試英語の必須事項をマスター

受験標準英語クラスでは、文法と読解の入試の必須事項をコンパクトにわかりやすくまとめて講義します。少人数授業による講義で問題の解き方を一から理解し、次に分かった内容をテキストに収められた復習問題を通じて身につけていきます。この学習法により、これから受験勉強を始める人でも無理なくついていくことができ、真の実力養成が可能となります。

◆文法と読解のダブルカリキュラム

文法と読解で最適なカリキュラムを作成。有機的に結びつく同時進行のカリキュラムで自然に速やかに確かな英語力を身につけます。文法、和訳問題の他に、整序作文、読解問題、授業内復習問題、Weeklyテストなど1回の授業中に様々な課題を設け、密度の高い120分となるよう工夫しています。

◆『でか単』『完熟』+Weeklyテストで語彙力アップ

高3春の段階での英語力の差は「単語力」「熟語力」の差です。だから、英語のポテンシャル潜在能力はあっても、単語力・熟語力がないために力を出し切れない人がたくさんいます。受験標準英語クラスではそんな人のために、お茶ゼミオリジナル単語集『でか単』・熟語集『完熟』から毎週範囲を決めて単語がWeeklyテストに出題されます。無理のないスケジュールで語彙力増強を図っていきます。

カリキュラム

GRAMMAR ネイティブ
前期 3月① 関係詞、態・分詞 文型と品詞
従属節の処理
3月② 比較、仮定法
4月 準動詞(①不定詞、②動名詞)、
助動詞(①現在形、②過去形)
修飾語句の処理(MSV, SMV,SVMO)過去分詞の見極め
5月 形容詞・副詞、冠詞、名詞 様々なnexusの見極め
同格、等位接続詞
6月 that、代名詞、時制
7月 前置詞付きの関係詞、接続詞、前置詞 セットフレーズの見極め
コンマの処理
夏期講習
後期 9月 空所補充問題の演習、正誤問題の演習 代名詞の指示内容の見極め(単語・句節)
10月 語彙に関する問題と演習、過去のセンター試験と勝負 抽象語の具体化や比喩表現に対する情報補完
11月 長文を極める 省略の補完(文法的省略・同語反復の回避)、二項対立の発見
12月 長文を極める 最新入試問題演習
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3共通テスト&英語検定対策

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 80分
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 2限17:25~18:45
  • 渋谷校
  • 土曜日 2限17:00~18:20
  • 池袋校
  • 金曜日 3限19:15~20:35
  • 吉祥寺校
  • 火曜日 2限17:30~18:50
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

共通テスト・検定試験に必須の演習力強化(Listening,Reading,Writing)

【対象】

共通テストや検定試験におけるListening,Reading Writingの力をさらに強化したいと思っている人。目標はGTEC960~1349,英検2級,準1級の突破です。

【授業内容】

◆テストで求められる「スピーディな反応」を育成

共通テストや検定試験では、時間内に問題を正確に処理するスピーディな問題対処能力が重要です。この力はReadingをはじめ、リスニングの「1回読み」対策においても求められます」。このためには正しいトレーニングを一定期間積むことが必須になります。当講座は予習なしの演習授業で解答能力を養成していきます。

◆共通テスト・検定試験に必要な力を分析したカリキュラム

共通テストや検定試験で求められる力は、いくつかのカテゴリーに分けることができます。例えば位置関係や数字を把握する力、因果関係を考える力…。お茶ゼミはこの分析に基づいてカリキュラムを作成し、扱う素材を徐々にレベルアップさせながら必要とされる力を完成させていきます。

◆副教材も充実

授業内の演習、理解もさることながら、『MET』『音-Dock』という副教材を用いて、Listening力や 速読力を高めていきます。これにより様々な問題形式に対応できる盤石な英語力が養成されます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 位置関係の把握, ストーリーテリング力の養成、キーワードサーチの方法など
3月② ロジック力の養成(因果関係など)
4月 ロジック力の養成(パラフレーズなど)
5月 意見の発表(自分のことについて述べる、賛成/反対を発表する)
6月 知識・解法の整理(1)
7月 知識・解法の整理(2)
夏期講習
後期 9月 問題別対策(共通テストを中心に)(1)
10月 問題別対策(共通テストを中心に)(2)
  • ※この講座は3月~10月開講の講座となります。

高3早慶・GMARCH英語ボキャブラリー完成〈新しい単語の覚え方〉

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 90分
  • 東京本校(水道橋)
  • 水曜日 3限19:00~20:30
  • 渋谷校
  • 土曜日 1限15:00~16:30
  • 池袋校
  • 月曜日 2限17:30~19:00
  • 吉祥寺校
  • 金曜日 2限17:30~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

お茶ゼミ流「単語暗記メソッド」新たな単語暗記の方法が見えてくる合計約24時間の授業+テストでVocabularyを完成

【対象】

早慶・GMARCH合格、また英検準 1 級合格を目指す人のための英単語講座です。「多義語が苦手」「長文の単語、辞書で調べても情報がありすぎて一体どの意味で使われているのか」「そもそも単語暗記そのものがつらい」……こんな悩みを持っている人におすすめです。

【授業内容】

◆新しい単語の覚え方=「単語の成り立ち」から単語力をつける

接頭辞や語根の知識をつけ「単語の成り立ち」をきちんと理解することで、英単語の見え方が変わってくることでしょう。最小限の知識で数多くの語彙をインプットでき、未知の単語に対しても正しい類推ができるようになる頭脳を作っていきます。

◆NEWS英語を使ったリスニングも扱い、単語力の定着を促進させる

単語は、ひたすら覚えるのではなく、関連付けや様々な技能を活用して運用することで定着が促進されます。本授業では、NEWS英語を使ってリスニングも実施し、リスニング力も伸ばしつつ、時事的単語も効率的に定着させます。

◆授業は90分間、その中で授業+Weeklyテスト(確認テスト)を実施

毎回の授業で扱った単語を、90分の授業の中で、Weeklyテスト(確認テスト)を実施。頓挫しがちな英単語学習のペースメイクが可能です。テスト結果が一定の基準に達しない場合は、追試験を実施し、確実な定着を促します。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 毎回の授業は、以下の授業内容になります。

◇Weeklyテスト(前週授業の確認テスト)
◇NEWS英語(時事英語)リスニング
◇接頭語・語源が重要な単語
◇多義語・重要語
◇基本語

※Weeklyテストで基準点に達していない場合は、追試験があります。3月はWeeklyテストはありません。
4月
5月
6月
7月
夏期講習
  • ※3月開講・前期完成の講座です。
  • ※3月は①のみ(4回)の開講となります。
  • ※夏期講習を実施します。

高3難関大フランス語

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 水曜日 3限19:00~21:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関大フランス語に適応できる知識を学び、得点源にする

【対象】

外国語について、フランス語を入試科目として選択しようという受験生で、高校でフランス語を履修している人、フランス語圏からの帰国者、フランス語履修経験者。東大・京大・慶應大・早稲田大・上智大といった難関大学の合格を視野に入れる。

【授業内容】

◆基礎から応用まで、入試に必要不可欠な文法力・読解力をつける

文法は、入試で必要とされる基本事項を夏までに一通り確認し、秋以降は実際の入試の出題形式にのっとった練習問題を通して受験に不可欠な文法力を身につけます。読解は、早いうちに構文の取り方や文の構造について押さえ、読解のベースを確立します。授業では入試で頻出する和訳問題を取り入れ、文法・構文・熟語・文の構造を見ながら、正確に、かつ自然な日本語に文章を訳す方法を学習していきます。秋以降は、入試頻出テーマの文章を題材に、文章の読み方やキーワードの整理の仕方など、実戦的な内容を扱います。授業は予習必須で、「なぜその答えなのか」「なぜそういう訳になるのか」を授業の中で解決させていきます。

◆多くの例文&パターン仏作文で基本を身につける

多くの例文を用いてフランス語の基本文法事項を整理し、生きたフランス語を研究していきます。仏作文は、中堅大学や旧センター試験などで出題される、いわゆる“パターン仏作文”を中心に、毎週添削形式で演習。重要な慣用句・構文を繰り返し扱うことで、単なる作文の訓練にとどまらず長文読解の基本を学ぶことになります。また、9月以降は志望校別に(難解な長い作文を出す大学にも対応した)受験本番を想定した作文を書いてもらいます。

カリキュラム

文法 読解
前期 3月① 直説法、条件法、接続法 構文の取り方の基礎、文の構成要素、自動詞・他動詞の区別、文型の把握、複文の構造、並置文・等位文・従位文、主節・従属節の機能、分詞構文、同格・名詞節・形容詞節・副詞節などの研究。短めの入試問題を使ってこれらを実際に分析していきます。長文読解の基礎を築きます。
3月② 分詞法・不定法、代動名詞、話法
4月 過去分詞の一致、受動態、動詞の総合問題演習
5月 関係代名詞、指示代名詞、命令法、中性代名詞・人称代名詞・所有代名詞
6月 不定代名詞・不定形容詞、疑問文、代名詞の総合演習 長文和訳演習。ある程度の長さと内容を持つ長文を通して、これまでに学習してきた文法事項全てを総復習しつつ、正確かつ自然な日本語に訳す(読解する)練習をしていきます。
7月 前置詞、冠詞、数詞・発音
夏期講習
後期 9月 書換問題演習、空所補充問題演習、誤文訂正問題演習、語彙問題演習、共通テスト対策演習、時制問題演習、重要文法まとめ、など 入試で出題されやすいテーマ(時事問題・人口問題・環境問題・歴史・文化・言語問題・教育問題など)の論説文、会話文、物語文(特に現代フランス文学作品)といった文章を毎週扱います。それぞれの文章・文体の読み方や、そのテーマの文章を読む際の重要なキーワードを整理します。
10月
11月
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
(共通テスト対策演習・私大国公立大2次対策演習)
要選抜資格

高3東大数学(Ⅲ)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 3限19:00~21:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

東大・京大への数学Ⅲ

【対象】

東大・京大志望者。(注意:本講座の講義内容は数Ⅲを中心とするため,上記大学を志望する理系生は東大数学(ⅠAⅡB)も受講してください。)東大数学(Ⅲ)を受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆抽象概念構築

理系数学の発想は、根本的な抽象概念をきちんと理解することから生まれます。本講義では高校範囲にとらわれずに、その概念を運用できる形にまで深く理解し、発想力にまで昇華させます。

◆論理的思考訓練

数学において1問1解答の繰り返し訓練は、入試問題を確実に解く力にはなりません。講義ではトップレベルの問題を題材に、問題の背景や数学的本質にまで言及し、汎用性のある論理的思考を生み出す訓練をします。

◆実戦力養成

初見の問題への対応力は、いかにして「有名事実」と「典型解法」に帰着させるかにかかっています。問題へのアプローチ方法を学び、実戦力を養成します。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 理系数学概論
3月② 極限
4月 複素数平面
5月 微分法/式と曲線
6月 積分法(数式)
7月 積分法(図形)
夏期講習
後期 9月 テーマ別演習
10月
11月
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
要選抜資格

高3東大数学(ⅠAⅡB)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 2限16:45~18:45
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

東大・京大への数学ⅠAⅡB

【対象】

東大・京大志望者。(注意:上記大学を志望する理系生のⅠAⅡB内容については,こちらの講座が対象となります。)東大数学(ⅠAⅡB)を受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆典型解法 < techniques >

最難関大の問題を解くためには、ある程度のテクニックの獲得は必要不可欠です。本講座では受験のアプリオリとなる手法を網羅的に習得します。

◆適用理解 < application >

高校課程において分離されている内容も、本質的な理解によって繋がりを見ることができます。この理解は大きな応用力を実現させることになります。

◆得点力養成 < sublimation >

数学的専門性の高い知識が、受験において反映されるとは限りません。あくまで実際の入試での合格を目標とし、十分な得点力を発揮ができるようにテストゼミを行います。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 高校数学概論
3月② 数列
4月 ベクトル
5月 図形と方程式
6月 整数
7月 場合の数と確率
夏期講習
後期 9月 テーマ別演習
10月
11月
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
要選抜資格

高3数学S(Ⅲ)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S2

  • 120分(途中休憩あり)
  • 渋谷校
  • 水曜日 2限17:00~19:00
  • 池袋校
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

最難関大への数学Ⅲ

【対象】

東工大などの最難関国公立大志望者。(注意:本講座の講義内容は数Ⅲを中心とするため,上記大学を志望する理系生は数学S(ⅠAⅡB)も受講してください。)数学S(Ⅲ)を受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆典型解法の整理

難関大の問題を解くためには,解法原理やある程度のテクニックの理解と定着が必要不可欠です。本講座では,それらを整理し,習得させます。

◆解法原理の活用

習得した典型解法については,それを適用する実戦的な演習が必要となります。これらを毎週のWeekly テストなどを利用することで,解法原理を活用する練習をしていきます。

◆表現力と得点力の養成

実際の入試での合格を目標にして,単に答だけを得るだけでなく,記述答案の書き方などの表現力も育成し,得点力を養成します。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 理系数学概論
3月② 極限
4月 複素数平面
5月 微分法/式と曲線
6月 積分法(数式)
7月 積分法(図形)
夏期講習
後期 9月 テーマ別演習
10月
11月
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
要選抜資格

高3数学S(ⅠAⅡB)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S2

  • 120分(途中休憩あり)
  • 池袋校
  • 月曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

最難関大への数学ⅠAⅡB

【対象】

東工大・一橋大志望者。(注意:上記大学を志望する理系生のⅠAⅡB内容については,こちらの講座が対象となります。) 数学S(ⅠAⅡB)を受講するためには選抜テストに合格する必要があります。

【授業内容】

◆典型解法の整理

難関大の問題を解くためには,解法原理やある程度のテクニックの理解と定着が必要不可欠です。本講座では,それらを整理し,習得させます。

◆解法原理の活用

習得した典型解法については,それを適用する実戦的な演習が必要となります。これらを毎週のWeekly テストなどを利用することで,解法原理を活用する練習をしていきます。

◆表現力と得点力の養成

実際の入試での合格を目標にして,単に答だけを得るだけでなく,記述答案の書き方などの表現力も育成し,得点力を養成します。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 高校数学概論
3月② 数列
4月 ベクトル
5月 図形と方程式
6月 整数
7月 場合の数と確率
夏期講習
後期 9月 テーマ別演習
10月
11月
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3数学SA(Ⅲ)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A2

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 2限16:45~18:45 木曜日 2限
  • 渋谷校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • 池袋校
  • 火曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 土曜日 1・2限15:45~17:45
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

理系難関大への数学Ⅲ

【対象】

理系難関大(千葉大・筑波大などの国公立大、早慶上智・東京理科大など)理系学部志望者

【授業内容】

◆理系数学へのアプローチ

数学SA(Ⅲ)では、数学ⅠAⅡBの発想を確認し、理系数学の中心となる数学Ⅲの深い理解を図ります。また、入試問題のポイントともいえる分野融合問題への対応力もこの講座で養います。

◆典型解法の習得

難関大学入試において、十分な成果を導くためには、典型解法の習得が一番の近道になります。テキストは入試頻出問題を中心に構成し、典型解法のマスターを起点に、「融合問題」「合否を分ける問題」を演習します。

◆実戦力の養成

テキストと講義と毎週のWeekly テストによって、実力の定着を図ります。さらに実戦力をつけるために、年度後半では「実戦演習」「テーマ別演習」「テストゼミ」を設け、難関大入試にむけての万全の体勢を整えます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 式と曲線/いろいろな関数
3月② 極限
4月 微分法とその応用
5月 積分法とその応用
6月 積分法とその応用
7月 複素数平面
夏期講習
後期 9月 極限/微分法
10月 積分法
11月 積分法
12月 複素数平面/総合演習
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3数学SA(ⅠAⅡB)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A2

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2限16:45~18:45 水曜日 2限
  • 渋谷校
  • 火曜日 2限17:00~19:00
  • 池袋校
  • 水曜日 2限17:00~19:00 金曜日 2限
  • 吉祥寺校
  • 水曜日 2限17:00~19:00 木曜日 3限
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関大への数学ⅠAⅡB

【対象】

難関大(千葉大・筑波大などの国公立大、早慶上智など)志望者(数学ⅠAⅡB範囲)(理文共通)

【授業内容】

◆数学ⅠAⅡBのエッセンス

数学SA(ⅠAⅡB)では、頭の中に散在する数学ⅠAⅡBの<point>を整理し、問題を解く力に繋げます。<解答>そのものより、その問題に対する<考え方>の理解に重点をおき、初見の問題に対しても得点力が発揮できることを目指します。

◆典型解法の習得

難関大入試において、十分な成果を導くためには、典型解法の習得が一番の近道になります。テキストは入試頻出問題を中心に構成し、典型解法のマスターを起点に、「融合問題」「合否を分ける問題」を演習します。

◆実戦力の養成

テキストと講義と毎週のWeekly テストによって、実力の定着を図ります。さらに実戦力をつけるために、年度後半では「実戦演習」「テーマ別演習」「テストゼミ」を設け、難関大入試にむけての万全の体勢を整えます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① IAIIB総復習
3月②
4月 2次関数、いろいろな関数
図形と計量
5月 図形と方程式、ベクトル
6月 ベクトル、微積分、
場合の数・確率
7月 場合の数・確率、数列
夏期講習(式と証明・整数)
後期 9月 発展演習
(図形と方程式、ベクトル)
10月 発展演習
(いろいろな関数、微積分)
11月 発展演習
(式と証明、整数、数列)
12月 発展演習
(数列、場合の数・確率、データの分析)
冬期講習(入試総合演習)
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3数学AB(Ⅲ)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ A3~B3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 2限16:45~18:45
  • 池袋校
  • 土曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 土曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

基礎から入試レベルまで、数学Ⅲ実力養成

【対象】

数学Ⅲ範囲未習者、あるいは苦手な受験生。

【授業内容】

◆入試問題の約半分を占める数学Ⅲ

数学Ⅲ範囲の完全理解は簡単ではありません。しかし、理系大学でⅢ範囲からの出題率は高く、合格点をとるためには数学Ⅲのマスターは必須です。前期は教科書レベルの問題をしっかりと定着させることを目標とし、後期はそれの実戦演習をすることで、頻出・典型問題を自力で解けるレベルまで引き上げます。

◆典型問題を系統的に理解

数学Ⅲ範囲には、毎年出題される典型・頻出問題があります。まずは、それらの定着を図り、典型問題を集中的に講義します。また、Ⅲ範囲は計算力も重要な要素なので、授業内演習も積極的に利用します。テキストは、入試頻出の良問を厳選し、構成されています。「基本事項」「例題」を充実させ、復習するための「練習問題」で実力完成を図ります。

◆Weekly テストで定着度を図る

毎回の授業では、前回の内容が身についているかを確認するためのテストを実施します。このテストを利用して、実力の定着度を図ることができます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 式と曲線/いろいろな関数
3月② 極限
4月 微分法とその応用
5月 積分法とその応用
6月 積分法とその応用
7月 複素数平面
夏期講習
後期 9月 積分法(数式)
10月 積分法(図形)
11月 積分法(応用)/二次曲線
12月 複素数平面
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3数学AB(ⅠAⅡB)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ A3~B3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 3限19:00~21:00
  • 池袋校
  • 金曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 月曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

基礎から入試レベルまで、数学ⅠAⅡB実力養成

【対象】

私立大志望の数学選択者(文系・理系問わない)

【授業内容】

◆苦手をなくすところから

数学に対する苦手意識を取り除くところから始めます。前期は教科書レベルの問題を定着させ、後期はそれらの実戦演習を行い、入試本番で十分な高得点を取れる力を養成します。

  • (注)9月/10月のⅠAはそれまでに扱っていない数学ⅠAの内容を扱います。

◆大学入試頻出分野から厳選した良問

テキストは、実際の大学入試に頻出の問題や典型問題を厳選し、構成されています。

◆Weekly テストで定着度を図る

毎回の授業では、前回の内容が身についているかを確認するためのテストを実施します。このテストを利用して、実力の定着度と弱点を理解し、さらなる実力養成の手がかりとすることができます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 数と式/2次関数
3月② 式と証明/高次方程式
4月 三角関数、図形と方程式
5月 図形と方程式、微分・積分
6月 微分・積分、数列
7月 数列、指数対数関数
夏期講習(場合の数・確率・ベクトル)
後期 9月 IA演習
10月
11月 実践演習
12月
冬期講習(共通テスト対策)
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3数学総合ハイレベル(ⅠA)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A2

  • 80分
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 1限15:10~16:30
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

数学ⅠAに特化して、徹底的に入試対策

【対象】

共通テストおよび国公立大、私大で数学ⅠAを利用する受験生

【授業内容】

◆数学ⅠA分野の講義および演習

数学ⅠA全分野について、基本概念から発展的内容までを講義し、基本問題から入試問題までを演習していきます。本質を深く掘り下げるところまで学習を進めるハイレベルなクラスです。

◆考える力がつくカリキュラム

数学ハイレベルクラスは、数学的思考力と考察力を養成することを目標としています。お茶ゼミ数学科では、解法を支える発想・原理の理解が大切だと考えていますから、お茶ゼミ独自のカリキュラムでみなさんに数学の本当の意味での実力をつけてもらいます。

カリキュラム

授業内容
前期 4月 数と式
二次関数
5月
6月 二次関数
場合の数・確率
1学期の総復習・応用演習
7月
夏期講習
後期 9月 三角比
図形
10月
11月 図形
整数
2学期の総復習・データの分析
12月
冬期講習(共通テスト対策)
  • ※この講座は高3~高1生のみなさんが受講可能な講座です。そのため、前年度までの内容と重複する場合があります。受講の際はご注意ください。
  • ※単位数は1.5単位となります。
要選抜資格

高3東大物理

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2限16:45~18:45
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

正攻法で東大入試を突破する

【対象】

東大・京大志望者。 東大物理を受講するためには選抜テストに合格する必要があります。(英語・数学のテストで判定します)。

【授業内容】

◆東大入試に応用できる基礎力の養成

東大は、あなたが古典物理学の基本をどのくらい身につけているかを、シンプルな入試問題を通じて問いかけてきます。たとえ、それが問題集で見かけないような斬新な問題であったとしても、物理学の基礎を理解し、それが使える学生であれば、しっかりと正答に辿り着けるようになっています。本講座では、見慣れない問題に対しても、落ち着いて、対処できるだけの物理の本質の理解と得点力の養成を目指します。

◆後期の演習を通して東大入試で合格点を取る

前期は電磁気の磁気分野を除く全ての分野に触れ、理解の深化と実力の養成を行います。夏期講習での電磁気学の学習をもって一通りの学習を終え、後期では、東大入試での得点力を培うための講義・演習へと移っていきます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 力学
3月②
4月 波動
5月
6月 電気分野
7月 熱力学
夏期講習(力学・電磁気学)
後期 9月 分野別総合演習
(力学・電磁気・熱力学・波動・原子)
10月
11月
12月
冬期講習(総合演習)
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
要選抜資格

高3物理S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S2

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2限16:45~18:45
  • 池袋校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

東工大・医学部医学科などの難関志望者への物理

【対象】

東工大及び、医学部医学科などの難関国公立大・早慶などの難関大(私大医学部含む)を志望している高3生。物理Sを受講するためには選抜テストに合格する必要があります。(原則として数学のテストで判定します)。

【授業内容】

◆典型問題の理解に留まらず、「応用力」の養成に力を注ぐ

難関大の物理の入試問題は、典型問題が解けるだけでは対応できません。その一歩先にある、現象に寄り添った物理への理解と、基本法則の運用力・応用力が必要とされます。高3物理Sクラスでは、問題解説を通して、物理のより深い理解へアプローチしていきます。皆さんが自信をもって難関大入試に立ち向かえるだけの実力の養成を目的とします。また、授業の翌週にはWeekly テストを実施し、前週の内容の確実な理解と定着を図ります。

◆夏までは典型問題の徹底、夏以降は実戦演習中心

高校物理の5分野(力学、電磁気、原子物理学、波動、熱力学)のうちで最も重要で、大学入試問題出題範囲の6割を占める力学と電磁気を中心に授業を進めていきます。夏休みまでの前期では全範囲(原子分野を除く)の典型問題の習得を目的とし、秋からの後期では、前期に扱えなかった発展的な考え方や、応用問題において基本法則をどのように活用していくか、という視点から、講義を行います。なお、原子分野は後期の授業で扱います。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 波動
3月②
4月 力学
5月
6月 力学・電気
7月 電気
夏期講習(力学・電気・熱力学)
後期 9月 磁気・原子
10月
11月 分野別総合演習
(力学・電磁気・熱力学・波動)
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3物理SA

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 金曜日 2限16:45~18:45
  • 渋谷校
  • 月曜日 2限17:00~19:00
  • 池袋校
  • 月曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 火曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関大レベルの典型問題を確実に得点する

【対象】

国公立大、理科大などの難関大理系学部への現役合格を目指す方向けのクラスです。

【授業内容】

◆「典型問題の徹底理解」と「答案作成力」の養成

難関大の合格に必要な力は、基本法則の理解、典型問題の理解は当然のこととして、問題を解くプロセスを一人で正確に実行できる力です。お茶ゼミの物理は、基本法則の理解からはじめ、実際の入試問題を授業で扱い、演習も取り入れます。その中で、どういう解き方をし、どう答案を書いていけば合格できるのか、逐次示していきます。そして、翌週には Weekly テストを実施し、前週の内容の確実な理解と定着を図ります。お茶ゼミの授業を受けることにより、入試物理に必要な全ての項目の理解を行い、難関大入試に必要な「答案作成力」を身につける ことができます。

◆まずは基礎徹底、秋からは実戦演習

高校物理の5分野(力学、電磁気、原子物理学、波動、熱力学)のうちで最も重要で、大学入試問題出題範囲の6割を占める力学と電磁気を中心に授業を進めていきます。夏が終わるまでに力学・電気・波動・熱力学の考え方の基礎を身につけ、法則の使い方を理解していきます。また、夏期には演習を通して実践力を高めるとともに定着を図ります。そして、後期では電磁気・原子を学習した後、前期に理解した考え方が実際の問題で活用できるか、どのように活用していくか、という視点から、問題演習を通じて、全範囲を確認していきます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 波動
3月②
4月 力学
5月
6月 力学・電気
7月 電気
夏期講習(力学・電気・熱力学)
後期 9月 磁気・原子
10月
11月 分野別総合演習
(力学・電磁気・熱力学・波動)
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
要選抜資格

高3東大化学

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 1・2限15:10~17:10
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

最難関大の入試問題演習を通じて最高レベルの得点力を養成

【対象】

東大・京大などの最難関大学を志望し、入試本番において化学で高得点を取りたい生徒。化学基礎、化学のすべての分野の学習と標準的な問題の演習が終わっていることが受講の条件です。東大 化学 を受講するには、選抜テストに合格する必要があります。( 英語・ 数学のテストで判定します。)

【授業内容】

◆最難関大入試に完全対応

東大・京大・東京医科歯科大医学部などの最難関大入試の化学の問題は、 化学を暗記中心で学習しているだけでは対応しにくい問題が多く出題されます。初見の内容や発展的なテーマの内容はもちろんですが 、 ごく当たり前のありふれた物質が出題されていても 、 問われている内容が 、 教科書に明確な記載がないため高校生の思考の盲点となりやすいものも多くあり 、 普段から理論を使って化学的な現象・反応を理解していくことが重要です。この講座では最難関大入試の実際の入試問題に触れながら、 基礎力はもちろん 、 前述のような問題に対応する思考力を養成します。

◆入試本番での実戦力を高める

実際の大学入試の化学では、ほとんどの大学で試験時間に対して問題数が多いのが現状です。東大・京大・東京医科歯科大医学部などの入試問題でもそれは例外ではなく、これらの大学の入試化学で高得点を確実に取るためには、知識・思考力の他に、問題の処理能力の高さも必要となります。思考力があってもそれを発揮する時間がなければ,高得点は望めません。この講座では、早くからテスト形式の演習を積 むことで、知識・思考力・処理能力をバランスよく伸ばしていきます。また、後期の過去問演習・添削により記述力も鍛えます。

カリキュラム

分野 授業内容
前期 3月① 理論 理論化学分野別演習
3月② 有機 有機演習
4月 理論 理論化学分野別演習
5月
6月 理論/有機 理論化学分野別演習
/有機高分子演習
7月
夏期講習(有機・無機・理論)
後期 9月 総合演習
10月
11月
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
要選抜資格

高3化学S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S2

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 3限19:00~21:00
  • 池袋校
  • 水曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関大入試に準拠した演習問題で完全対応

【対象】

医学部・東工大・早慶をはじめとする難関大の現役合格を目指し、 化学で高得点を取りたい高3生。 化学Sを受講するためには選抜テストに合格する必要があります。(原則として数学のテストで判定します。)

【授業内容】

◆ハイレベルな 難関大 入試化学に完全対応

難関大入試の化学では、本質に基づいた深く幅広い知識を要し、入試頻出の定番問題では完璧な解答力が求められます。特に東工大・早慶・国公立医学部二次試験では、基本的な知識を利用して、応用的な融合問題を速くそして正確に処理する力が高いレベルで求められます。この講座では、難関大での出題に準拠した演習問題をベースとした独自のカリキュラムで、難関大入試化学に完全対応します。

◆合理的なカリキュラム

前期(3~7月)では、難関大で多く出題され、差のつく理論化学(特に気体・平衡)を集中的に扱い、浪人生にも負けない解答能力の構築を図ります。後期(9~12月)では、全範囲にわたって、近年の難関大入試の過去問を積極的に取り入れた入試レベルの問題演習を行っていきます。

◆現役生でも優位に合格できるための戦略を構築

現役生は浪人生に比べて、時間的・経験的側面において圧倒的に不利な立場にいます。お茶ゼミのこの講座では、難関大入試化学に十分に対応する知識を獲得・体系化するとともに、短時間で手際よく正答を導くための効率的な解答戦略を積極的に構築していきます。

カリキュラム

分野 授業内容
前期 3月① 有機 炭化水素、脂肪族化合物
3月② 有機 芳香族化合物
4月 理論 物質の構成、物質の変化
5月 理論 物質の変化
6月 理論 電気化学、気体
7月 理論 溶解度、希薄溶液
夏期講習(無機、反応速度?平衡、高分子化合物)
後期 9月 有機化学総合演習
10月 理論化学総合演習①
11月 高分子化合物演習
12月 理論化学総合演習②
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3化学SA

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 金曜日 2限17:00~19:00
  • 池袋校
  • 火曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 水曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

入試化学の基礎理解をもとに、難関大合格力をつける

【対象】

国公立大、理科大などの難関大理系学部への現役合格を目指し、化学を入試で選択する高3生。

【授業内容】

◆入試化学の全範囲の基礎をもとに、難関大突破の得点源となる実戦力を養成

高校化学の全分野を学習するクラスで、基礎から応用までバランスよく講義・演習し、最終的には難関大入試で化学を得点源にしてもらうことを目標とします。反応式や公式を暗記しても難関大入試の化学は到底対応できません。化学物質についての性質・反応・現象を原子・分子レベルで正確に理解し、ミクロな世界で何が起こっているのかをイメージすることこそが化学を得意科目にするためのカギなのです。お茶ゼミ化学では、難関大の入試問題を精査し、ポイントを整理した効率的な授業を展開することで、ハイレベルな思考力・実戦力を養っていきます。そして翌週には前週の内容のWeekly テストを実施し、確実な理解と定着を図ります。お茶ゼミの授業を受けることにより、入試化学に必要な全ての項目の理解を行い、難関大入試に必要な得点力を身に付けることができます。

◆夏までは講義中心、夏期以降は実戦演習

お茶ゼミの理科は、受験に必要な範囲を通年で2回繰り返して学習します。夏期の終わりまでに化学の全範囲について、基礎から理解を深めながら学習します。後期では、全範囲の標準的な問題を演習することにより、入試に対応できる実戦力を養い、仕上げの段階へと引き上げていきます。

カリキュラム

分野 授業内容
前期 3月① 有機 炭化水素、脂肪族化合物
3月② 有機 芳香族化合物
4月 理論 物質の構成、物質の変化
5月 理論 物質の変化
6月 理論 電気化学、気体
7月 理論 溶解度、希薄溶液
夏期講習(無機、反応速度?平衡、高分子化合物)
後期 9月 分野別総合演習
(理論・有機・無機)
10月
11月
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3化学

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 池袋校
  • 火曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

入試化学の基礎から実戦力までオールラウンドにマスターする

【対象】

難関大をはじめ、理科大・GMARCH などへの現役合格を目指し、化学を入試で選択する高3生。

【授業内容】

◆入試化学の全範囲を基礎から応用までバランスよく講義・演習

高校化学の全分野を学習する総合クラスで、主に入試化学に共通して出題される範囲を中心に扱います。反応式や公式を暗記しても大学入試の化学は到底対応できません。化学物質についての性質・反応・現象を原子・分子レベルで正確に理解し、ミクロな世界で何が起こっているのかをイメージすることこそが化学を得意科目にするためのカギなのです。そこで、お茶ゼミの化学では、基本事項の理解からはじめ、実際の入試問題を授業で扱い、多くの演習量を確保できるため、この授業を受講することで基礎から応用までバランスよく、いかなる学部・学科にも対応できる普遍的な知識と効率的な解法の習得が図れます。そして、翌週には前週の内容のWeekly テストを実施し、確実な理解と定着を図ります。

◆夏までは基礎徹底、夏期以降は実戦演習

お茶ゼミの理科は、受験に必要な範囲を通年で2回繰り返して学習します。 夏期の終わりまでに 化学の 全範囲 について、 基礎から 理解を深めながら学習します。 後期では、 全範囲の標準的な問題を演習することにより、入試に対応できる実戦力を養い、仕上げの段階へと引き上げていきます。

カリキュラム

分野 授業内容
前期 3月① 有機 炭化水素、脂肪族化合物
3月② 有機 芳香族化合物
4月 理論 物質の構成、物質の変化
5月 理論 物質の変化
6月 理論 電気化学、気体
7月 理論 溶解度、希薄溶液
夏期講習(無機、反応速度?平衡、高分子化合物)
後期 9月 分野別総合演習
(理論・有機・無機)
10月
11月
12月
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3難関大生物

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 3限19:00~21:00
  • 池袋校
  • 水曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関大突破のための総合力をつける

【対象】

国公立大や難関私立大等の現役合格を目指し、 生物 を入試で選択する高3生。

【授業内容】

◆難関大入試対応の実力養成カリキュラム

高校生物(「生物基礎」・「生物」)の全範囲を扱い、難関大入試に対応できる実力を養成します。前期では、「生物基礎」と「生物」に共通する範囲を中心に、両方の範囲を同時に学ぶことで、能率的な学習を可能にします。夏期講習では、国公立大・難関私立大の入試問題の演習を行うことで実戦力を身につけていきます。後期は、「生物」の範囲を中心に学習し、理解を深めます。難関大合格のための知識と生物学的思考力を無理なく身につけることができるカリキュラムとなっています。

◆知識の理解をもとにした実戦力を養成

前期では、細胞,恒常性,代謝,遺伝子など受験生物における主要分野であり、生物学の根底となる分野を学習します。夏明けからの後期では、免疫、発生、動物生理、植物生理など特定の大学や学部によっては、より細かい知識を問われる分野について、最新入試傾向をふまえた学習をします。本講座では、1年を通じて講義によって各分野についての理解を深め、夏期・冬期講習にて大学入試で過去に出題された考察問題を自分の手で解くことにより、旧帝大・都立大・早稲田大をはじめとする難易度の高い考察・論述問題を出題する大学で求められる論理的解析力や考察力・答案作成能力を養成することを目標にします。また、講義開始時に実施されるWeekly テストでは毎回論述問題も出題されますので、論述の対策も万全です。

カリキュラム

分野 授業内容
前期 3月① 細胞・細胞分裂
個体群・バイオーム・生態系
3月② 基・生
4月 恒常性
5月 酵素・代謝
6月 代謝・遺伝子
7月 遺伝子
夏期講習(生殖・メンデル遺伝・集団遺伝)
後期 9月 基・生 免疫・発生
10月 発生・動物生理
11月 動物生理・植物生理
12月 進化・系統分類
冬期講習
後期 1月 基・生 入試実戦演習
入試直前特訓
  • ※上記表中の分野について、「生物基礎→基」「生物→生」を表しています。

高3生物総合

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2限16:45~18:45
  • 渋谷校
  • 月曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

基礎から実戦力までを培うカリキュラムと教材

【対象】

現役合格を目指し、生物を入試で選択しようと思っている高3生。 ※生物まで使用する受験生が対象です。

【授業内容】

◆難関大合格のためのカリキュラム

高校生物基礎・生物の全範囲を学習する生物の総合クラスです。前期・夏期講習では、入試において頻出の細胞、代謝、分子生物学の分野を、理解を深めながら学習します。遺伝は夏期講習でまとめて扱います。夏明けからの後期では、免疫、発生、生物の環境応答、進化と系統の範囲を扱います。このように,難関大合格のための知識を無理なく身につけることができるカリキュラムとなっています。

◆基礎理解だけでなく、問題演習も充実

3~7月・夏期講習では、入試において普遍的に出題されている細胞、代謝、分子生物学、遺伝までの範囲を講義によって知識の理解を深め、大学の過去問題を演習することにより実戦力を身につけていきます。夏明けからの後期では、免疫、発生、生物の環境応答、進化と系統の範囲を扱います。講義で扱う問題は入試傾向に沿って選ばれた良問ばかりですので、テキストだけで合格するために必要な実力がつけることができます。特に教科書の後半分野であり,一般的な受験生が充分に時間をかけられない進化、系統と生態系については、特に丁寧に解説し、問題演習を行います。

カリキュラム

分野 授業内容
前期 3月① 細胞・細胞分裂
個体群・バイオーム・生態系
3月② 基・生
4月 恒常性
5月 酵素・代謝
6月 代謝・遺伝子
7月 遺伝子
夏期講習(生殖・メンデル遺伝・集団遺伝)
後期 9月 基・生 免疫・発生
10月 発生・動物生理
11月 動物生理・植物生理
12月 進化・系統分類
冬期講習
後期 1月 基・生 入試実戦演習
入試直前特訓
  • ※上記表中の分野について、「生物基礎→基」「生物→生」を表しています。

高3東大日本史

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 水曜日 2限16:45~18:45
  • 渋谷校
  • 金曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

東大・一橋大など最難関国立大学対策の論述演習クラス

【対象】

東大や一橋大などの二次試験で高度な論述問題が課される最難関国立大志望者。

【授業内容】

◆「圧倒的な演習量」で合格に必要な論述力を完成

東大・一橋大を目指す受験生にとって、独学での対策が不可能なのが論述演習です。論述は書いて終わりではなく、その答案を添削してもらう環境を整えることが必要不可欠になります。本講座では、添削はもちろんのこと、共通テストへの対策も織り交ぜ、毎回の授業で論述問題を解き、事前に配布されるテキストに掲載された問題もこなすことで圧倒的な演習量を確保し、合格に必要な論述力を構成していきます。さらに、授業では単に日本史の知識だけでなく、世界史や人文・社会科学といった分野にまで掘り下げ、これからの勉強の礎になる骨組みを構築していきます。

◆究極の日本史力(思考力・考察力・分析力)を多面的に学習

東大や一橋大は、歴史的事実の中から本質を見抜いたり、逆に与えられたテーマを歴史的推移をふまえながら論理的に説明する力が要求されます。これに応える力を育てるためには、自分の力で考えていくことと、基本的な日本史の知識を大切にしつつ、これを細かな歴史の知識や、経済・外交・文化といったテーマ史的な視覚から常に見直していくトレーニングが必要です。一言でいえば、日本史を体系的に理解する力をこのクラスでは練成して行きます。質疑応答や問題演習を重視し、論理力・実戦力を高めていきます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 日本史概説(古代~近世)
3月② 日本史概説(近代~現代)
4月 原始・古代
5月 中世
6月 近世Ⅰ
7月 近世Ⅱ
夏期講習(近代史・文化史)
後期 9月 現代史Ⅰ
10月 現代史Ⅱ
11月 実践論述演習(二次対策)・共通テスト対策
12月
冬期講習 実践論述演習(二次対策)・共通テスト対策
後期 1月 実践論述演習(二次対策)
入試直前特訓

高3日本史S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 3限19:00~21:00 木曜日 3限
  • 渋谷校
  • 月曜日 3限19:15~21:15 金曜日 3限
  • 池袋校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

「現役」で難関大合格を目指すハイレベルクラス

【対象】

早稲田大・慶應義塾大などの難関私立大を第1志望とする人や、東大・一橋大・京大・東京外国語大・筑波大など二次試験まで日本史が必要な難関国公立大志望者。 ※日本史ハイレベル問題演習との並行受講を強く推奨します。

【授業内容】

◆「時代順の通史」と「テーマ史」の2回繰り返して日本史を完成

日本史Sクラスでは、基礎知識があることを前提に、まずは時代順に講義していきます。夏までに原始・古代~近世を、夏期講習で昭和戦前期までを学習、9月から戦後史を扱い、10月までで日本史の通史を一度理解してしまいます。また、現役生が苦手とする文化史は、夏期講習+後期の授業で攻略します。11月以降、前期に履修した日本史を、政治史・対外交渉史・社会経済史・文化史といった頻出のテーマを時系列にそって見直し、演習していきます。より体系的に、より実戦的に日本史の重要事項・テーマを扱うことで、現役合格をより確実なものへとしていきます。

◆全てを網羅するカリキュラムで受験日本史最高のレベルへ導く

難関国公立大では歴史の本質と論理を展開する力、早稲田大や慶應義塾大では、基本的な日本史の知識のみならず、細かな歴史の知識や、経済や史料の理解など、歴史を体系的に理解する力が必要です。したがって、これらの大学を第一志望とする人は、一般的な日本史の学習を超えた学習が必要です。蓄積された知識を十二分にアウトプット出来るよう指導していきます。また、日本史ハイレベル問題演習を並行受講することで早慶などの難関大の入試問題における独特の「クセ」を知り・慣れることができるのでより相乗効果が期待できます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 古代Ⅰ(旧石器時代~大和時代)
3月② 古代Ⅱ(奈良時代~平安時代)
4月 中世Ⅰ(鎌倉時代)
5月 中世Ⅱ(室町時代)・近世Ⅰ(織豊政権)
6月 近世Ⅱ(江戸時代)
7月 近世Ⅲ(江戸時代)
夏期講習(近現代史Ⅰ・文化史Ⅰ)
後期 9月 近現代史Ⅱ・戦後史Ⅰ
10月 戦後史Ⅰ・文化史Ⅱ
11月 テーマ史
12月
冬期講習(実戦問題演習)
後期 1月 実戦問題演習
入試直前特訓

高3日本史総合

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ A1~A3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2限16:45~18:45
  • 池袋校
  • 土曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 月曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

基礎を徹底し磐石な力を養成する基幹クラス

【対象】

GMARCH や中堅私立大志望者。共通テストのみで日本史を使用する国公立大志望者。これから日本史を本格的に学習する受験生まで。(早慶上智といった難関私大を日本史で受験する予定の国公立大志望者は日本史Sの受講が望ましい)。

【授業内容】

◆頻出分野を2周する伝統のカリキュラム

前期では時代順に講義していき、夏までに原 始古代~江戸時代を、夏期講習で昭和戦前期 までを学習、9・ 10 月に戦後史を扱うことで、日本史の通史を一 度理解してしまいます。 また、現役生が苦手とする文化史は、夏期講習+後期の授業で攻略します。 11 月以降は、前期に履修した日本史をもう一度、政治史・対外交渉史・社会経済史・文化史から入試頻出のテーマを時系列にそって見ていきます。より体系的に、より実戦的に日本史の重要事項・テーマを扱うことで、入試本番で得点をとれる日本史へ完成させていきます。

◆徹底した復習システムで学習習慣を身につける

お茶ゼミの日本史は、歴史を論理的に、しかも繰り返して学ぶことによって、受験日本史で要求されるレベルまで到達させます。前期はわかりやすく講義して興味や理解をひろげてもらい、後期はその論理的 理解を講義や質疑応答で再確認しながら、総合力を高めていきます。この時期には、出題形式別や大学別の演習を行い、対策も教授していきます。その際、これまで積み重ねてきた知識が自然とアウトプット出来るよう的確な助言や指導が行われるのは、お茶ゼミならではの特色です。暗記が苦手だという人も、授業を受けてWeekly テストをこなしていけば 、日本史の得点力が身につくようなプログラムになっています。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 古代Ⅰ(旧石器時代~大和時代)
3月② 古代Ⅱ(奈良時代~平安時代)
4月 中世Ⅰ(鎌倉時代)
5月 中世Ⅱ(室町時代)・近世Ⅰ(織豊政権)
6月 近世Ⅱ(江戸時代)
7月 近世Ⅲ(江戸時代)
夏期講習(近現代史Ⅰ・文化史Ⅰ)
後期 9月 近現代史Ⅱ・戦後史Ⅰ
10月 戦後史Ⅰ・文化史Ⅱ
11月 テーマ史
12月
冬期講習(実戦問題演習)
後期 1月 実戦問題演習
入試直前特訓

高3日本史ハイレベル問題演習

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A2

  • 90分
  • 東京本校(水道橋)
  • 水曜日 3限19:00~20:30
  • 渋谷校
  • 月曜日 2限17:15~18:45
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

良問を題材とした日本史演習クラス

【対象】

早稲田大・慶應義塾大からGMARCH 上位(立教・青山学院・明治・中央大等)などの難関私大を志望する人や、日本史を得点源にしたいと意欲の高い高3生。 ※日本史Sの通史クラスとの並行受講を強く推奨します。

【授業内容】

◆圧倒的な演習量で日本史を鍛える

現役生にとって、日本史学習において最も足りないこと、それは演習量です。日本史は、通史を学習すれば終わりという科目ではなく、その吸収した知識をアウトプットできなければなりません。しかも、そのアウトプットというのは、一問一答形式のようなもので語句を確認した程度でまかなえるものではありません。やはり、それは生きた問題(実際に入試で出題された問題)を数多く解くことでしか学べません。本講座は、そのような問題を数多く解き、受験日本史においての実 戦力を養成します。

◆日本史S(通史クラス)とのシンクロで合格力を完成

前期・後期の授業では時代別に重要問題を 扱います 。現役生が苦手とする正誤問題も前期・後期のカリキュラムの中に単独で扱う回を設け、圧倒的な問題量をこなすことで、「正誤問題の解き方・考え方」を身につけ、本番において日本史が最高の武器の1つになるよう指導していきます。授業進度は、通史クラスで学んだことを演習で確認することができるよう、原則として通史クラスより1ヶ月程遅れた進度になっています。通史クラスと演習クラスを並行受講することで、より日本史学習において相乗効果が期待できます。難しい問題もありますが、まずは自力で解き、必ず予習をしてから臨んでください。

カリキュラム

授業内容
前期 4月 原始・古代・中世
(旧石器時代~室町時代)
5月
6月 近世・近代
(織豊政権~江戸幕府の滅亡)
7月
夏期講習(近現代の経済史)
後期 9月 近代
(明治政府の成立~大正・昭和の経済政策)
10月
11月 近現代(軍国主義体制~アジア・太平洋戦争)
12月 戦後(占領期~現代社会)
冬期講習・入試直前特訓
  • ※4~12月期開講の講座となります。
  • ※この講座は日本史Sなどの通史講座との並行受講が可能です。

高3東大世界史

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 土曜日 1限14:30~16:30
  • 渋谷校
  • 火曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

論述問題を最大の武器にする受験世界史最高峰クラス

【対象】

東大や京大、一橋大などの二次試験で論述問題を課す最難関国立大志望者。

【授業内容】

◆論述問題に耐え得る下地をつくり、演習を通じて実戦力を鍛える

東大や一橋大の入試問題の難易度を押し上げているのは宗教・経済・歴史的意義・他地域との比較など様々なテーマで出題される論述問題の存在です。これらのテーマに対応できる力を身につけるためにまずは基礎となる各地域の通史を3月~10 月の間に古代史から戦後史まで一通り扱います。 11 月以降は本格的に論述問題に取り組み、これまで身につけた知識を再確認するとともに、制限時間内で質の高い文章を構成する実戦力を養います。

◆「知識量」ではなく「視点と表現力」で勝負する

論述問題対策として最も重要なのは、問題文から出題者の要求を正確に読み取り、各歴史的事象の持つ特徴や他地域・後世に与えた影響を考察しながら問題の条件に合わせて正確に表現することです。従って、この授業では多くの用語を効率よく記憶することではなく、各用語の持つ発展性に着目し、それらの用語を駆使して自分の言葉で歴史の流れや意義を表現することに最大の力点を置きます。多くの受験生が敬遠し、高得点に結びつかない論述問題を最大の武器にして勝負することを望む志の高い皆さんの参加を心待ちにしています。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 先史時代、古代オリエント、古代ギリシア・ローマ
3月② 古代インド、黄河文明~五代十国
4月 イスラーム史(~13世紀)、宋~元、東南アジア、中世ヨーロッパ
5月 中世ヨーロッパ、近世ヨーロッパ
6月 近世ヨーロッパ、イスラーム史(14~18世紀)
7月 明・清、アメリカ独立革命・産業革命
夏期講習
東大世界史(近代史)・文化史
後期 9月 ヴェルサイユ体制~第二次世界大戦
10月 戦後史
11月 論述実戦演習Ⅰ(通史の整理)
12月
冬期講習(論述実戦演習Ⅱ)
後期 1月 論述実戦演習Ⅱ(テーマ史)

高3世界史S

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S1~S3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 水曜日 3限19:00~21:00 木曜日 3限
  • 渋谷校
  • 月曜日 3限19:15~21:15 火曜日 2限
  • 池袋校
  • 月曜日 2限17:00~19:00
  • 吉祥寺校
  • 金曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

難関大合格者を輩出する伝統のハイレベルクラス

【対象】

早稲田大、慶應義塾大、上智大などの難関私大志望者。および東京外国語大、筑波大、東京都立大などの二次試験で世界史を必要とする難関国公立大志望者。※世界史ハイレベル問題演習との並行受講を推奨します。

【授業内容】

◆頻出分野を2周する伝統のカリキュラム

本講座はこれまで数多くの受験生が難関大合格を勝ち取ったお茶ゼミ世界史のハイレベル通史講座で、3月から翌年1月まで他を圧倒する豊富な授業回数を生かして受験世界史の全範囲はもちろんのこと、頻出分野については各国史・テーマ史といった形で2回扱うことを特徴とします。まず3月から10 月までは、先史時代から 20 世紀末までの通史を一通り扱い、世界史の全体像を概観します。 11 月以降は、各地域の歴史を時代順に整理したいわゆる「縦の流れ」や、政治制度・経済など入試頻出のテーマなど前期とは異なる視点で講義を行い、既習内容を再確 認することで知識の定着を図ります。

◆基礎から応用レベルまで対応することで受験世界史の完成を目指す

上記の通り、頻出分野を2回学習するカリキュラムであるため、1周目では多くの教科書に記載されている基本的な知識および各出来事の因果関係を重視して学力の土台を築きます。一方、2周目は基本事項に加え、細かな知識も扱うことで難関大入試レベルにも対応できる実力を鍛えます。また、毎回の授業開始時に実施する Weekly テストで1週間の復習量が適切であるかをチェックし、適切な学習のペースを整えて受験世界史の完成を目指します。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 先史時代、古代オリエント、古代ギリシア・ローマ
3月② 古代インド、黄河文明~五代十国
4月 イスラーム史(~13世紀)、宋~元、東南アジア、中世ヨーロッパ
5月 中世ヨーロッパ、近世ヨーロッパ
6月 近世ヨーロッパ、イスラーム史(14~18世紀)
7月 明・清、アメリカ独立革命・産業革命
夏期講習(近代史Ⅰ・Ⅱ、西洋文化史)
後期 9月 ヴェルサイユ体制~第二次世界大戦
10月 戦後史
11月 西洋各国史・中国史
12月 西洋各国史・中国史
冬期講習(中国周辺史、イスラーム史など)
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓(横のつながり、早慶世界史など)

高3世界史総合

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ A1~A3

  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 水曜日 3限19:00~21:00
  • 池袋校
  • 月曜日 3限19:15~21:15
  • 吉祥寺校
  • 火曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

受験世界史に必要な要素を網羅した基幹クラス

【対象】

GMARCH や中堅私立大志望者。共通テストのみで世界史を使用する国公立大志望者。これから世界史を本格的に学習する受験生まで。(早慶上智といった難関私大を世界史で受験する予定の国公立大志望者は世界史Sの受講が望ましい)。

【授業内容】

◆頻出分野を2周する伝統のカリキュラム

本講座は講師陣が長年かけて構築したお茶ゼミ世界史の基幹クラスです。3月から翌年1月まで他を圧倒する豊富な授業回数を生かして受験世界史の全範囲はもちろんのこと、頻出分野については各国史・テーマ史といった形で2回扱うことを特徴とします。まず3月から10 月までは、先史時代から 20 世紀末までの通史を一通り扱い、世界史の全体像を概観します。 11 月以降は、各地域の歴史を時代順に整理したいわゆる「縦の流れ」といった視点で講義を行 うとともに 、 演習の要素も取り入れ、 既習内容を再確認することで知識の定着を図ります 。

◆Weekly テ ストで適切な学習のペースを身に つ ける

受験世界史は扱う分量が膨大でかつ各地の出来事が複雑に関連するため、得点源とするためには毎週の授業に加えて各自の復習が必須となります。そこで授業で扱った内容がきちんと翌週までに把握できているかをチェックするために授業の冒頭で実施される Weeklyテストを重視します。これらの受験世界史に必要な要素を網羅したカリキュラムを通じて、インプット→復習→アウトプットの学習サイクルを身につけ 志望大合格に求められる学力の構築を目指します。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 先史時代、古代オリエント、古代ギリシア・ローマ
3月② 古代インド、黄河文明~五代十国
4月 イスラーム史(~13世紀)、宋~元、東南アジア、中世ヨーロッパ
5月 中世ヨーロッパ、近世ヨーロッパ
6月 近世ヨーロッパ、イスラーム史(14~18世紀)
7月 明・清、アメリカ独立革命・産業革命
夏期講習(近代史Ⅰ・Ⅱ、西洋文化史)
後期 9月 ヴェルサイユ体制~第二次世界大戦
10月 戦後史
11月 西洋史
12月 中国史
冬期講習(中国周辺史、イスラーム史など)
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓(横のつながり、テーマ史演習など)

高3世界史ハイレベル問題演習

  • 基礎
  • 標準
  • 難関

GTZ S3~A2

  • 90分
  • 東京本校(水道橋)
  • 木曜日 2限17:15~18:45
  • 渋谷校
  • 水曜日 2限17:15~18:45
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

演習問題を通じ、世界史で全国の受験生に差をつける

【対象】

早稲田大・慶應義塾大 などの難関私大および東京外大を志望する高3生 。 ※世界 史Sの通史クラスとの並行受講が望ましい。

【授業内容】

◆演習を通じて実際の入試問題に関する「経験値」を高める

教科書にして400 ページ以上から成る受験世界史の膨大な知識を全範囲一通り学習するにはそれ相応の時間と努力を必要としますが、それに加えて実際の入試問題で合格に達する点数を獲得するためには、通史学習で身に つ けた知識を適切にアウトプットできる力を身に つ ける必要があります。そこで本講座では、過去問を中心とした演習問題を通じて正誤判定問題・地図問題・年代並べ替え問題・論述問題など様々な出題形式に慣れることで難関大の入試問題に関する「経験値」を高め、実戦力を鍛えます。特に早慶上智志望者および、他の国公立大学と比べて数学 や選択科目の負担が少ない代わりに世界史の配点が高 く早慶を併願することが一般的な東京外大志望者にとって有益となる講座です。

◆通史クラスとの相乗効果で世界史を武器にする

授業進度は原則として前月および当月の通史クラスで学習した範囲を扱います。従って、通常の授業で身に つけた知識が入試問題の要求に応じてきちんと運用できているかを確認することができ、通史クラス(インプット)と世界史ハイレベル問題演習(アウトプット)の相乗効果が期待できます。テキストに記載されている予習問題を解き、該当範囲を一通り復習したうえで授業に臨んでください。講座の性質上、各回で扱う範囲が既習であることを前提としますので通史クラスとの並行受講をおすすめします。ハイレベル問題演習のみを受講する場合は、右のカリキュラム表を参考に各月で扱う内容が既習であることを確認したうえで受講してください。

カリキュラム

授業内容
前期 4月 古代史(オリエント・ギリシア・ローマ・インド・黄河文明~唐)
5月 イスラーム史(~13世紀)、中国史(五代十国~元)、中国周辺史(東南アジア・朝鮮・北方民族)
6月 中世ヨーロッパ史、近世ヨーロッパ史(大航海時代~絶対王政)
7月 中国史(明・18世紀までの清)、イスラーム史(14~18世紀)
夏期講習(近世ヨーロッパ・前期の総復習)
後期 9月 近代史(ウィーン体制~帝国主義)
10月 現代史(第一次世界大戦~戦後史)
11月 戦後史、各国史
12月 各国史、総合演習
  • ※4~12月開講の講座となります。
  • ※この講座は世界史Sなどの通史講座との並行受講が可能です。

高3東大地理

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 火曜日 2限16:45~18:45
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

東大地理の論述対策 に対応

【対象】

東大志望者。

【授業内容】

◆論述問題に耐え得る下地をつくり、実戦力を鍛える

この講座は東大二次試験の合否を決定づける論述力の強化を目的とした講座です。東大の論述問題は、 様々な 地理的事象の 高度 な分析能力が要求されます。この講座ではそのための背景・知識を整理し、論述に必要な基礎学力を構築します。その基礎学力を構築するために、まずは講義を中心とした授業形態となります。その上で、必要に応じて随時論述問題に取り組み、質の高い答案が作成できる実戦力を養います。

◆「地理的に考える 」 とはどういうことか

東大地理の問題は、知識の暗記で合格水準に達する答案の作成はできません。従って、必然ですが授業では「地理的に考える」ことを目的に講義を展開します。原則として予習は必要ありません(※テキストの通読程度は必要です)。むしろ復習に重点を置いてください。その上で、論述対策については適宜指示します。地理の学習には地図帳・統計資料集は欠かせませんので、受講者は『新詳高等地図帳』(帝国書院)と『Data Book of the world 2021』(二宮書店)を各自購入の上授業に出席してください。その他の副教材は初回授業時に案内します。また、色鉛筆も用意してきてください。毎回授業に出席すること、これが合格への第一歩です。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 地形環境、他
3月②
4月 気候・植生・土壌・水
5月
6月 世界の農業地域
森林資源・水産資源
7月 エネルギー、工業立地、交通・通信
夏期講習
後期 9月 アングロアメリカ
ラテンアメリカ
ヨーロッパ
10月 ヨーロッパ
アフリカ
11月 東アジア
東南アジア
12月 南アジア
西アジア
ロシアとその周辺の国々
オセアニア
冬期講習
後期 1月 東大・一橋大二次対策
入試直前特訓
  • ※各自の時間割の編成上、都合が合わない場合は「地理総合」の受講でも可。担当講師にご相談ください。

高3地理総合

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 水曜日 2限16:45~18:45
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

共通テスト対策から私大 地理 まで幅広く対応

【対象】

現役合格を目指し、私大入試で 地理を選択しようと思っている高3生。特に 共通テスト の地理対策を早めに始めたい高3生(文系・理系とも)。

【授業内容】

◆共通テスト特有の思考力から私大 地理 の知識水準まで対応

原則として予習は必要ありません(※テキストの通読程度は必要です)。むしろ復習に重点を置いてください。地理の学習には地図帳・統計資料集は欠かせませんので、受講者は『新詳高等地図帳』(帝国書院)と『Data Book of the world 2021』(二宮書店)を各自購入の上授業に出席してください。その他の副教材は初回授業時に案内します。また、色鉛筆も用意してきてください。毎回授業に出席すること、これが合格への第一歩です。

◆共通テスト から私大 地理 までしっかり対応

お茶ゼミの地理総合講座では、共通テスト から 私大 地理 ま で幅広く対応した授業を行います。 特に共通テスト対策は、この講座の大きな特色となります。 お茶ゼミの地理講座 を活用して確実 に 実力を上げてください。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 地形環境、他
3月②
4月 気候・植生・土壌・水
5月
6月 世界の農業地域
森林資源・水産資源
7月 エネルギー、工業立地、交通・通信
夏期講習
後期 9月 アングロアメリカ
ラテンアメリカ
ヨーロッパ
10月 ヨーロッパ
アフリカ
11月 東アジア
東南アジア
12月 南アジア
西アジア
ロシアとその周辺の国々
オセアニア
冬期講習
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓
  • ※各自の時間割の編成上、都合が合わない場合は「東大地理」の受講でも可。担当講師にご相談ください。

高3政治経済総合

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 金曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 火曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

論理力を鍛え、ハイレベルな政治経済の知識を習得する

【対象】

二次試験に政治経済のある国公立大、早稲田(一部学部を除く)・GMARCH、共通テスト政経・倫理政経で90点を目指す高3生。

【授業内容】

◆論理力を生かした勉強で、政治経済を入試科目の得点源にする

社会は暗記と思っている人が多いですが、政治経済という科目は決して暗記だけでは高得点を狙うことはできません。ハイレベルな大学になるほど論理力が問われる出題が多く、また2021年度入試から始まる共通テストは、プレテストで思考力が必要となる問題が多く出題されており、単なる知識だけでは無く論理力が重要となります。本講座では、論理で授業を展開し、政治経済を得点源にするためのものです。現役合格のためには、共通テストで高得点をとることが、国公立の生徒にとっても私文の生徒にとっても非常に大切なことです。私立文系でも政経は、共通テスト利用入試の他、大半の私大入試(早稲田(一部学部を除く)、明治、法政、中央、学習院、青山学院(一部の学部で個別学部日程の独自問題「総合問題」でも出題)、明治学院、成蹊、成城、日東駒専で選択できます。この授業を受講し、現役合格を目指してください。

◆二度やるから安心。現役生の不安を解消します

現役生は受験勉強を初めてします。春に勉強したことも入試では当然に出題されます。その不安を解消するのが、お茶ゼミ特有の2回繰り返すカリキュラムです。お茶ゼミでは、 11 月以降は、すべて演習の時間です。教科書や資料集の範囲を超えた難問が出る上位校の過去問を精査した独自のカリキュラム・教材で、適切な時期に適切なレベルの問題を提供するからこそ、点数が伸び、政治経済を得点源とすることができるのです。

◆時事対策も万全

政治経済で受験勉強をする人は、時事対策が心配かと思います。お茶ゼミでは、冬期講習にまとめて時事対策講座を設置します。近年の時事を試験直前の冬期講習で勉強し、受験に臨んでください。また、通常授業でも、各単元で時事を扱います。時事対策をどうすればよいか迷わず、授業を受けてくれれば十分な対策が可能となります。

カリキュラム

授業内容
前期 3月① 民主政治、各国の政治
3月② 市場、国民所得、比較生産費説
4月 明治憲法、日本国憲法、人権
5月 国会、内閣、行政の民主化、裁判所
6月 地方自治、政党、選挙制度
7月 平和主義、民族紛争、地球環境問題、企業
夏期講習(国際関係、人権、財政・金融、演習)
後期 9月 市場機構、国民所得、日本経済史、日本経済の問題
10月 日本経済の問題、労働問題、社会保障制度
11月 演習
12月
冬期講習(ハイレベル演習、統治機構、時事問題)
後期 1月 入試総合演習
入試直前特訓

高3慶應・難関論文

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 月曜日 3限19:00~21:00
  • 渋谷校
  • 水曜日 3限19:15~21:15 土曜日 2限
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。
  • ※池袋校・ 吉祥寺校は、スポット授業あるいは講習で対策を行いますが、 慶應論文 に特化した対策を希望される方は、上記講座をご利用ください。

慶應・難関志望者が集うハイレベルクラス

【対象】

一般・推薦を問わず、慶應義塾大をはじめとする難関大学を志望する高3生。

【授業内容】

◆「毎回が慶應・難関入試の予行演習」圧倒的な練習量

慶應論文で課される初見の課題に対して合格論文を限られた時間内に書く力はすぐには身につきません。お茶ゼミの論文は、毎週答案を作成することによってこの力を養成します。年間 約 4 0 回 の 答案練習を課す予備校は他にありません。

◆「慶應に受かるための戦略を知る」慶應論文の発想法を講義

高校の授業では、慶應合格のために有効な発想法を教えることはほとんどありません。しかし、お茶ゼミの論文は、答案作成と並行して、こうした発想法を毎週講義していきます。

◆「予習なし・答案一枚一枚まで」授業時間内完結・担当講師添削

お茶ゼミの論文は答案作成→添削→講義→答案作成というサイクルを授業内で完結させるため、予習は不要です。答案の添削は、添削講師やアルバイトではなく、必ず担当講師が行い、一人一人、一枚一枚の状況を担当講師が常時把握できる体制を整えています。なお、後期には、推薦志望者も含め、各自の志望に対応した問題を状況に応じて個別に課すこともあります。

カリキュラム

授業内容
前期 3月 (①のみ)慶應・難関論文への一足早いスタートアップ
4月 入試論文の基本的問題形式に取り組む
(1) 単一課題文・意見論述型
(2) 要約説明・意見論述型
5月 続・入試論文の基本的問題形式に取り組む
(3) 複数課題文・資料分析型
文化について
6月 慶應難関論文の基本的問題形式に慣れる
(1) 単一課題文・意見論述型
(2) 要約説明・意見論述型
(3) 複数課題文型
(4) 資料読解客観型
7月 民主主義について
夏期講習
後期 9月 慶應難関論文演習Ⅰ―改めて慶應難関論文の基本的問題形式を確認し、よりハイレベルな問題演習を行うと同時に、必要に応じて個別の志望に対応した問題を課す
10月 慶應難関論文演習Ⅱ
11月 慶應難関論文演習Ⅲ
12月 慶應難関論文演習Ⅳ
冬期講習
後期 1月 慶應難関論文演習ファイナル
  • ※この講座は2.5単位です。
要選抜資格

高3慶應プレミアム(「法FIT・SFC AO」)

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

推薦・AO入試最高峰の慶應法FIT、SFC・AO合格を目指す人のための プレミア ム オンライン 講座

【対象】

慶應法学部FIT入試、総合政策・環境情報学部(SFC)・AO入試志望者。 受講するためには選抜資格が必要です。授業はすべてオンライン( ZOOM )にて行います。

【授業内容】

◆「法学部FIT入試」「SFC・AO」に応じた指導を実施

4月以降、優秀だと認定された生徒さんには選抜資格を認定します。認定された方は、当クラスにて、徹底指導いたします。

◆慶應・法FIT、SFC・AO入試に合格したお茶ゼミ生のほとんどが体験したメソッドにより徹底指導

全国の数ある 推薦 入試の中でも最高峰の呼び声高い慶應法FIT入試。 AO入試のパイオニアであり、いまだに高い人気を保っている慶應総合政策・環境情報学部(SFC)AO入試。 この二つの入試は、事前提出書類の形式に共通性が高く、十分な実績(たとえば英語検定試験の高スコア)があり、上記学部での学びについて強い問題意識を持ち、それを的確に表現できる人ならば、合格の可能性が高い入試と言えます。当講座では「われこそは 合格するにふさわしい素質あり」と思う 人をお茶ゼミ独自のメソッドに基づいて オンラインにて 徹底的に鍛え上げ、 徹底指導いたします。

◆提出書類 については Slack を使用

当講座はオンライン(ZOOM)にて授業を行いますが、志望理由書などの事前提出書類の原稿はコミュニケーションツールSlack(https://slack.com/intl/ja-jp/)を使ってオンライン上で提出していただきます。Slack上で提出された原稿については、ZOOMでの授業にて講師やメンターの批評や問題点の指摘を受けて、また書き直していくというサイクルを作り、合格書類の作成に向かいます。

カリキュラム

授業内容
前期 3月 3月期は無選抜で行います。
FIT・SFCへのスタートアップ
4月 リーダーシップ・問題発見・解決力の養成
5月 メディアリテラシー・FIT・SFC
志望理由書初歩
6月 創造力・読む技術、FIT・SFC志望理由書形成
7月 FIT・SFC志望理由書内容確定と評価
夏期講習
  • ※この講座は3単位です。
  • ※この講座は3月①、及び4~7月開講の講座となり、前期で終了します。すべてオンライン(ZOOM)で実施します。
  • ※志望理由書完成期となる夏期には、当講座取得者を主たる対象とする夏期講習(オンライン)を設置します。
  • ※法FITもSFC・AOも、書類審査合格者に対しては、二次試験対策の講座を当該時期にスポット授業として設置し万全を期します。
  • ※なお、一般入試でも慶應法学部やSFCを第一に志望する方は、「慶應・難関論文」とダブル受講されると、記述力養成の最高の場になることでしょう。

高3難関推薦

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 渋谷校
  • 木曜日 2限17:00~19:00
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

独自のメソッドに基づき、難関(国公立・私立)大学の推薦入試に特化したハイレベル講座

【対象】

難関(国公立・私立)大の推薦入試(総合型選抜・公募制)で大学現役合格を目指す高3生。

【授業内容】

◆独自の メソッドで 難関大推薦入試に合格できる 志望理由を 徹底指導

国公立であれ、私立であれ、難関大学の推薦入試は、大学・学部ごとに様々な方式で行われますが、これらは共通したチカラを求めてい て、それが志望理由に現れ るというのが、お茶ゼミ推薦講座の信念です。 当 講座は、この信念に基づき難関大に推薦 入試で合格したいと思うあなた の志望理由形成 をフルサポートします。

◆様々な入試方式(面接・ディスカッション・プレゼンテーション)に対応

この講座では、グループごとのディスカッションやワークを多用することで、他者の考え方や価値観に接しながら、推薦入試に挑む受験生には不可欠な、創造力、問題発見・解決力、発信力、説得力、リーダーシップなどのスキルを身につけます。 これらは志望理由書・自己推薦書などの事前提出書類に現れるものです。 後期は一人一人のニーズに対応し、ディスカッションやプレゼン テーション、面接などの指導を行います。

◆「推薦特講」と連動

本講座の履修者の中には、 9~11月には志望理由書などの事前提出書類 から小論文などに重点を移さねばならない人が増えます 。 そのような志望者のためには、「推薦特講」(下記参照)を設置しておりますので 、こちらへ移行することもできます 。

カリキュラム

授業内容
前期 3月 (①のみ)難関推薦AOへの一足早いスタートアップ
4月 リーダーシップ・問題発見・解決力の養成
5月 メディアリテラシー・志望理由書初歩
6月 創造力・読む技術、志望理由書形成
7月 志望理由書内容確定と評価
夏期講習
後期 9月 それぞれの志望校に応じた推薦書類完成・面接対策に移行します。
10月
11月
  • ※この講座は3単位です。
  • ※3月①、及び4~ 11月開講の講座となります。

高3推薦特講

  • 基礎
  • 標準
  • 難関
  • 120分(途中休憩あり)
  • 東京本校(水道橋)
  • 金曜日 2限16:45~18:45
  • 渋谷校
  • 木曜日 3限19:15~21:15
  • オンライン・映像授業
  • いつでも視聴可能 ※視聴開始日は講座によって異なります。詳しくはお申込後にご案内します。 ※ご家庭のパソコンまたはスマートフォンをご利用いただき、お茶ゼミ生専用サイト「OSNET」より視聴ができます。

推薦入試を目指す高3生のための特別対策講座

【対象】

推薦入試(総合型選抜・公募制)で大学現役合格を目指 す 高3生。

【授業内容】

◆高校3年生のための推薦入試対策専用講座

上は早稲田・国公立 から下は女子大まで、推薦 入試 対策を必要とする人のために、基礎力養成から論述・面接対策まで オールインワン で対策を行う 総合型特別 講座 (特講 )です。

◆書くこと(小論文)を重視しながら、様々な入試方式 (面接・プレゼンテーション など )に も 対応

この講座は書く力を重視します。課題に対して必ず 答案を 書いてもら い、答案には担当講師が添削を行って 、 推薦入試に挑む受験生に不可欠な、問題発見・解決力、発信力、説得力 、表現力 を身につけ てもらい ます。後期は一人一人のニーズに対応し、 事前提出書類や小論文はもちろんのこと、 プレゼンテーション、面接などの 指導も行います。

カリキュラム

授業内容
前期 3月 (①のみ)推薦入試への一足早いスタートアップ
4月 リーダーシップ・問題発見・解決力の養成
5月 メディアリテラシー・志望理由書初歩
6月 創造力・読む技術、志望理由書形成
7月 志望理由書内容確定と評価
夏期講習
後期 9月 それぞれの志望校に応じた推薦書類完成・論文指導・面接対策に移行します。
10月
11月
  • ※この講座は3単位です。
  • ※3月①、及び4~ 11月開講の講座となります。

首都圏トップレベルの
授業・講師を体験しにいこう

無料体験授業を予約

お電話からでも
お申し込みいただけます

お茶の水ゼミナール

0120-404-424

受付時間
月~土 13:00~20:00
/ 日 13:00~19:00

ページの先頭へ

ページの
先頭へ