報 2020年春 卒業生の声

今年も、生徒たちの喜びの声が
続々と届いています
2020年度春 国内大合格実績 速報(pdf)
  • 本方 暁 先輩

    東京大学・教養学部合格

    本方 暁 先輩(渋谷教育学園渋谷高校出身)

    東大受験に向けて数学の授業を受講していました。授業ではただ問題の解き方を教えるのではなく、1つの問題を通して「もっと多くの問題を解けるようにするための方針・指針」を教えてくださり、高3の後半には問題を見ただけで解き方の方針を立てられるようになりました。推薦入試で合格しましたが、論文や面接の対策でもご指導をいただき、万全の準備をすることができました。結果一般選抜に向けても良い準備ができていたので、自信を持って推薦入試に臨むことができました。(インタビュー詳細はこちら)

  • 落合 弥知  先輩

    東京大学・教養学部合格

    落合 弥知 先輩(国立東京学芸大附属国際中等教育学校出身)

    中3のころ、当時苦手だった数学を早く始めておきたいと思いお茶ゼミに通うことに決めました。お茶ゼミの授業は一週間の中で学習のサイクルができるようになっていました。毎週の復習テスト「Weekly テスト」を活用し復習に妥協なく注力することで数学の力を伸ばすことができました。 推薦入試対策の論文講座では、個人のパーソナリティを加味しながらどのように表現すべきかを、一人ひとりに合わせて指導してくださったので、とても役立ったと感じています。(インタビュー詳細はこちら)

  • 我妻 慶祐 先輩

    東京大学・文科Ⅰ類合格

    我妻 慶祐 先輩(早稲田高校出身)

    東大受験に向けて受講していた数学の東大クラスの授業は、裏技に頼らず正攻法で解けるやり方を教えてくださいました。また一人ひとりの面倒を見てくださり、質問も気軽に答えてくださり、東大入試に向けて過去問演習をする際にも、私の数学の問題の解き方のクセも把握したうえでアドバイスをくださいました。またスタッフの方も併願校の決め方を丁寧にアドバイスしてくださり、サポートも万全でした。

  • 大野 麗 先輩

    東京大学・文科一類合格

    大野 麗 先輩(鴎友学園女子高校出身)

    数学は時間をかけている割に点数が低く、行き詰っていたところお茶ゼミの数学を受講することになりました。授業ではこれまでは暗記でおわらせていた数式の意味を理解できるまで、説明してくださる先生がいて自分のこれまでの数学への姿勢がいかに甘かったかを実感することができました。仕上がっていないから、という理由で自分一人で東大過去問を解く気にならなかったですが、授業で取り上げてもらうことで早めに東大対策を進めることができました。

  • 新田 茜 先輩

    東京大学・文科Ⅱ類合格

    新田 茜 先輩(国立東京学芸大附属国際中等教育学校出身)

    東大を受験しようと決めてから、東大受験に必要な科目をお茶ゼミで対策していました。最初基本的な数学の知識もままならなかった私ですが、基礎から丁寧に教えてくださることで、次第に発展的な内容も理解できるようになりました。東大レベルの問題を取り組むようになったときは途中でつまずいた時に適切なヒントを与えてくださり最後まで自力で解けるように誘導してくださったり、問題の本質を問う質問をしてくださり、力を伸ばすことができました。

  • 中島 陽乃 先輩

    東京大学・文科Ⅲ類合格

    中島 陽乃 先輩(豊島岡女子学園高校 出身)

    夏期講習を受け自分に合っていると感じ、高2から本格的に通い始めました。お茶ゼミの授業は分かりやすい指導に加え、先生が生徒一人ひとりをしっかり見てくださいます。テストの答案を見てくださり、個人的なクセなどを見抜いて適切な指導をして下さいました。また、授業内では、クラスメイトトの考え方・解き方などを知る機会が多く、クラスメイトとの答案から自分の解答の論理が間違っていたことに気づけたりなど、お互い切磋琢磨しながら学習をすすめることができました。

  • 渡邉 開人  先輩

    東京大学・理科Ⅰ類合格

    渡邉 開人 先輩(城北高校出身)

    難関大を狙う現役生にとって高2までに、英語・数学を固めておくことが重要だと思います。お茶ゼミの授業は、とてもレベルが高く、目標とするレベルを目指す仲間にも恵まれていてお茶ゼミに通うことが楽しみでした。英語の授業では早い段階から京大の過去問などのかなり手ごたえがある問題に取り組むので、授業以外、他に特別な対策が必要ないくらいに飛躍的に力が伸びました。おかげで高3以降は、物理・化学に注力することができ、最後まで得点を伸ばすことができました。

  • 熊野 愛美 先輩

    東京大学・理科Ⅰ類合格

    熊野 愛美 先輩(都立大泉高校出身)

    模試ではある程度点はとれていたのですが、お茶ゼミの授業を受けて英語長文の読み方がわかっていないということに気付きました。授業は私がきちんと理解できていなかった冠詞の意味合い、長文の構造分析などはこれまで習ったことがなく、一文一文丁寧に教えてくださいました。レベルが高い授業になんとかしてついていきたい、と先生の指示を守って受講していくうちに、1年もしないうちに、テストの点数が安定するようになり自分でも手ごたえを感じられるようになりました。

  • 木村 千咲 先輩

    東京大学・理科一類合格

    木村 千咲 先輩(豊島岡女子学園高校出身)

    得意な英語を伸ばしたいとAll Englishの授業を開講していたお茶ゼミに入会。All Englishの英語の授業と合わせて受講していた東大クラスの数学の授業は、レベルの高い生徒が集まっていて、刺激をもらうとともに自分が解けないと落ち込みますが問題を取り組み続けることで、最後はここまで頑張れた!と自信になりました。講師の先生はとても厳しい方ですが生徒一人ひとりのことをとても気にかけてくださいました。

  • 長坂 杉 先輩

    京都大学・文学部合格

    長坂 杉 先輩(芝高校出身)

    お茶ゼミの良さは、先生方の授業の分かりやすさはもちろんですが、少人数制のクラスで先生方が一人ひとりの面倒をよく見てくださる所です。自分の志望校はもちろん、苦手な分野も把握されていて、それに沿った授業やアドバイスをして下さいました。また「Weeklyテスト」という週次の復習テストのおかげで、授業の復習を徹底する習慣がつき、しっかり定着させながら進めることができました。先生方は模試の結果の相談や、論証問題の添削などに付き合って下さり、直前まで本当にお世話になりました。

  • 京都大学・文学部合格

    宇田川 遥海 先輩(国立筑波大学附属高校出身)

    いくつかの予備校に体験にいったところ先生との距離が一番近く、相談や質問がしやすそうなところにひかれてお茶ゼミへ。最初に始めた数学の授業は未習の範囲でも先生の丁寧におしえていただけるので、高2のうちに、ある程度のレベルの問題まで解けるようになりました。高3の時に在籍していた東大数学のクラスでは、月に1度テストがあり結果によっては、クラス落ちになってしまうため必死に勉強して、ついていけるように頑張りました。

  • 大泉 那奈 先輩

    東京工業大学・工学院合格

    大泉 那奈 先輩(東京女学館高校出身)

    大人数の授業が合わず少人数制の予備校を探してお茶ゼミと出会いました。苦手だと思っていた数学は新しいことを学ぶのは楽しいと思わせてくれる授業で、苦手な科目から得意といえるまで伸びました。高2の終わりにどうせ目指すならトップレベルの大学に行きたいと東工大を意識するようになりました。東工大に向けて受講した選抜クラスの授業では、クラスのメンバーのレベルが高く、負けず嫌いの私は負けたくないとさらにやる気にさせられて、理系では学校トップレベルになり、東工大合格まで頑張ることができました。

  • 佐藤 優斗 先輩

    東京工業大学・工学院合格

    佐藤 優斗 先輩(都立北園高校出身)

    お茶ゼミでは英語、数学、物理、化学といった東工大突破のために重要な科目をすべて受講していました。授業では、基礎的・根本的なことから始まり、応用に至るまでとにかく丁寧に分かりやすく教えて下さいました。少人数制のため分からない点について相談がしやすく、納得いくまで聞き、理解をすることができました。入試直前まで池袋校の自習室を存分に活用し、また多くの授業を受けて応用力をどんどん伸ばすことができ、東工大合格を掴むことができました。

  • 柳田 聖登 先輩

    東京工業大学・理学院合格

    柳田 聖登 先輩(都立北園高校出身)

    英語・数学の力を伸ばし、国語の苦手を克服するために、高1の夏ごろから通塾を始めました。池袋にあり、駅からも近く通いやすかったので、遅くまで勉強して帰ることも多くありました。 お茶ゼミでは各教科、深いところまで理解できるような説明をしてくださいました。英語は、長文の内容に関連した背景となる知識を教わったり、数学であれば1つの問題に対して様々な考え方があることを学んだりできたことも、東工大を突破できた要因だったと思います。

  • 小松 真喜 先輩

    東京工業大学・理学院合格

    小松 真喜 先輩(国立筑波大学附属高校出身)

    通い始めたころは数Ⅲの基本的なことがまったくわかっていなかった私ですが、最終的には東工大に合格できるまで力を伸ばすことができました。英・数・物・化でお世話になりましたが、どの教科も基本的な考え方や、基本的な知識から丁寧に教えて下さり、120分間の授業の中で最終的には難易度の高い問題にまでチャレンジできる、とてもバランスの良い授業でした。そして、先生方は一人ひとりをきちんと見てくれ、緊張感を持ち予習・復習に励み続けられたことが合格につながったと思います。

  • 東京工業大学・理学院合格

    中邨 陽 先輩(海城高校出身)

    姉もお茶ゼミでお世話になり京大に合格したこともあり、自分も高2の夏ごろから通い始めました。お茶ゼミは少人数制の指導なので、先生の目が行き届くので緊張感をもって授業を受けていました。眠くなったり、集中力が切れたりすることはほぼありませんでした。テキストはとてもまとまっていて、定義・公式など、知識の抜けはすぐに確認ができたので学習がスムーズ。もしわからないところがあっても、先生にすぐ質問ができ、疑問を残さずに進めたことも大変有難かったです。

  • 山口 優歩  先輩

    一橋大学・商学部 合格

    山口 優歩 先輩(都立武蔵高校出身)

    お茶ゼミは友人からの勧めで、高2から通うことに決めました。数学に苦手意識がありましたが、基本的な定義や公式から、解き方も一から教えてくださり、少しずつ数学を得意にすることができました。毎週の「Weeklyテスト」のおかげで、復習する習慣がついたことも、成績が伸びた要因です。英語は高2の秋から開講した一橋大専用の講座を受講。早い段階から過去問に触れ、英語力を高めるのと同時に、実戦力も身につけることができたことが合格につながったと感じています。

  • 一橋大学・商学部 合格

    保科 文音 先輩(鴎友学園女子高校出身)

    友人の紹介でお茶ゼミのことを知り、高1の夏ごろから通い始めました。お茶ゼミの良いところは先生の教え方がわかりやすいのはもちろん、少人数制なので先生方とのコミュニケーションが多いところです。 英語であれば一問一問の解説にとどまらず、どんな問題にも対応できるような「知識と考え方」の両方を教えて下さり、私がわかるまでどこまでも質問に付き合ってくださいました。数学も、定理・公式の成り立ちからわかりやすく教えて下さり「私が自力で問題を解けるように」と考えて指導してくださいました。 先生方を信じ、毎週の復習テスト「Weeklyテスト」をペースメーカーにしてコツコツと勉強をしていった結果、偏差値を20近く伸ばすことができ、一橋大合格を掴むことができました。

  • 佐藤 哲郎 先輩

    一橋大学・経済学部合格

    佐藤 哲郎 先輩(国学院久我山高校出身)

    高校入学当初理系だった私にとって古文の対策は課題でした。受講した授業の国語の先生はとにかく迫力がありました。その先生が繰り返し授業で伝えてくれる頻出古文単語はきっちり覚え、復習や予習などもやりきりました。最初の頃はお茶ゼミの毎週の復習テスト「Weeklyテスト」で80点をとることができなかったのですが、高3になるころには90点レベルまで得点がとれるようになりました。他の科目も成績が伸び、当初志望していた大学より一ランク上の偏差値の大学に合格することができました。

  • 綿野 眞弘 先輩

    一橋大学・経済学部合格

    綿野 眞弘 先輩(都立富士高校出身)

    講習に参加し、授業のレベルの高さを感じお茶ゼミで学ぶことを決めました。英語は複雑な構造の文章も怖くなくなり、英作文もたくさん添削して頂いて強くなりました。世界史は授業の面白さはもちろん、先生からの問いかけも多く論述力が鍛えられました。テキストも分かりやすく、入試直前までのバイブルになりました。また授業の都合が合わないときに、同じ週の別授業に振替ができました。だから、体育祭・文化祭などの行事に最後まで参加でき、学校生活と両立ができました。

  • 小平 航大 先輩

    北海道大学・総合理系合格

    小平 航大 先輩(本郷高校出身)

    お茶ゼミでは数学、物理、化学を受講していましたが、特に物理の木村先生の授業が印象に残っています。木村先生はいつも現象のイメージをつけやすいよう工夫をして授業をして下さり、自分とっては異次元に分かりやすい授業でした。また先生のキャラクター・様々なお話が面白く、いつも楽しく授業を受けられ、物理の力を大きく伸ばすことができました。 長い受験勉強のなかでは、気分に波もありましたが、お茶ゼミの振替制度をうまく利用して、自分のモチベーションを保ちながら乗り切ることができました。

  • 山室 万紘 先輩

    大阪大学・外国語学部合格

    山室 万紘 先輩(頌栄女子学院高校出身)

    お茶ゼミでは主に英語・世界史の授業を受講していました。英語は早慶選抜クラスで学びましたが、難解な文章に多く触れられたことで、文構造をしっかり捉えられるようになり、同時に扱われるテーマ自体の難しさにも慣れることができたと思います。また「Weeklyテスト」があったことで復習をする習慣が身につき、勉強の精度が格段に上がっていきました。進路指導担当の先生にも色々とアドバイスをいただきながら受験に臨み、結果としては大阪大や慶應義塾大など志望していた大学に合格することができました。

  • 西岡 泉 先輩

    九州大学・共創学部合格

    西岡 泉 先輩(都立三鷹高校出身)

    中学受験以来、集団塾に通っていなかったため、少人数制の指導でしっかり見てもらえるお茶ゼミを選びました。授業は一人ひとりの理解度を見ながら丁寧に進めて下さって、ゆっくりと時間をかけながら学ぶことができました。人が多いと聞けないことでも積極的に質問が出る授業で、そういった意味でも理解が深まる授業でした。受験本番前には、英作文等の個別の添削もして下さったり、励ましの言葉も頂いたりと、親身に指導して下さったおかげで、合格を掴むことができたと思います。

  • 山﨑 愛巳 先輩

    お茶の水女子大学・文教育学部合格

    山﨑 愛巳 先輩(都立桜修館中等教育学校出身)

    少人数制で学習するのが自分に合っているとお茶ゼミに入会。授業に加え私にとって役に立ったのは、お茶ゼミオリジナルの模試「お茶模試」。出題形式がマーク形式・記述式両方に対応していたこと、また日本史は毎回出題範囲が決まっていたので、お茶模試までには該当範囲を完璧にしようと目標を立てながら学習をすすめることができました。また出願に迷ったときも親身に相談にのってくださり私の成績を把握したうえで有利な配点の大学・学部を一緒に考えてくださり合格を勝ち取ることができました。

  • 尾関 美空 先輩

    東京外国語大学・国際日本学部合格

    尾関 美空 先輩(都立国際高校出身)

    毎週テストがあるような強制力のあるような予備校のほうが自分には合っているのではないかと思いお茶ゼミで頑張ることに決めました。自分一人だと暗記物を後回しにしてしまうことが多いのですが毎週の復習テストの「Weeklyテスト」があるおかげで、必ず暗記する習慣をつけることができました。また部活の予定で授業に出席できない時も「振替制度」を利用することで部活引退まで、部活もお茶ゼミの授業もあきらめることなく学校生活を送れました。

  • 東京外国語大学・国際社会学部合格

    岡部 涼 先輩(都立両国高校出身)

    大学受験を意識し高2から通い始めたお茶ゼミ。少人数制の指導で、生徒一人ひとりにしっかり対応をしてくださいました。高2の間に基礎をしっかりと作ることができ、高3からは選抜クラスで、緊張感をもってハイレベルな内容を受講することができました。英語では、文法・読解から英作文まで総合的に鍛えることができたし、国語は早稲田レベルの問題を用い発展的な演習で実力をかなり伸ばすことができました。外大や早稲田の問題を前にしても臆することなく解き、合格を掴むことができました。

  • 三浦 衣里菜 先輩

    東京外国語大学・言語文化学部合格

    三浦 衣里菜 先輩(共立女子高校出身)

    お茶ゼミは友達から紹介され試に体験授業を受けて授業がとてもわかりやすく入会を決めました。他の予備校も並行して利用していたのですが、少人数制授業のおかげでお茶ゼミの先生方は先生との距離が近く、気軽に質問に答えてくださるので相談にものっていただきやすかったです。復習を主体的にやるのが苦手だったのですがお茶ゼミの復習テスト「Weeklyテスト」は高得点と取ると名前が掲載されるので、自分が名前が掲載されることを目標に頑張ることができました。

  • 東京外国語大学・国際社会学部合格

    村田 夏紀 先輩(都立青山高校出身)

    東京外大を目指しながら早慶も検討していたので、英語がしっかり学べそうなお茶ゼミを選択。少人数制で一人ひとりをしっかりみてくださる授業で、授業中は先生に当てられることも。選抜クラスのメンバーの中で質問に答えることは緊張しましたがそれがよいプレッシャーになり、懸命に予習に取り組むことができました。成績次第では、選抜クラスからはずれてしまう可能性もあったので、お茶ゼミオリジナルのお茶模試は特にしっかり勉強していました。

  • 米山 真優 先輩

    東京医科歯科大学・医学部保健衛生学科 合格

    米山 真優 先輩(吉祥女子高校出身)

    体験授業で周囲と自分のレベルに愕然とし、一人ひとりに声をかけてコミュニケーションをとっている授業ならば、自分のこともちゃんと見てもらえるのではないかと入会を決めました。実際に入会した後は、周りのクラスメイトよりも遅く入会した私に対してフォローしてくださったり、時には敢えて厳しい声をかけてくださったり、テストで良い点を取った時には褒めてくださるので、周りのクラスメイトに追いつきたいと自分を奮い立たせることができました。

  • 藤川 実すず 先輩

    横浜国立大学・教育学部合格

    藤川 実すず 先輩(共立女子高校出身)

    お茶ゼミの授業はAクラスでも十分テキストの問題レベルが高いと感じ、授業では難易度が高い問題もたくさん取り組めました。また教えてくださった先生は、英語の構造を読み解くということに力を入れて教えてくださり、私も長文を読む際にはまず構造を読み解くということを意識できるようになりました。またお茶ゼミの英語は、文法・長文・発音を1冊のテキストで網羅することができたので、時間を効率的に使うことができました。

  • 小松崎 晴菜 先輩

    千葉大学・教育学部合格

    小松崎 晴菜 先輩(都立国立高校出身)

    お茶ゼミの先生は分かりやすく、勉強を面白くして下さる先生でした。そして2次試験の最後の最後まで、質問や添削に付き合って下さる、面倒見の良い方ばかり。悔いを残さず合格をつかみ取れたのは、先生方が最後まで諦めるなと励まして下さったからでした。
    またクラスは少人数で仲の良い友達もでき、息抜きにもなったし、切磋琢磨もできました。わたしは他の学校の子に比べ、部活や文化祭で忙しかったのですが、お茶ゼミの振替制度のおかげで休まずに受講し続けることもできました。

  • 甘 伊理 先輩

    千葉大学・工学部合格

    甘 伊理 先輩(富士見高校出身)

    友人の誘いで知ったお茶ゼミ。大手予備校も検討した結果、先生との距離の近さ、わかりやすさから入会しました。自分から積極的に声をかけることが苦手な私は、なかなか質問ができずわからない問題をそのままにしてしまうこともあったのですが、お茶ゼミの先生は話しかけやすく、質問ができました。また毎週実施される復習テスト「Weeklyテスト」でも、先生と9割以上の得点をとるという目標をたてて毎週頑張ることができました。

  • 菅野 綾子 先輩

    筑波大学・情報学群合格

    菅野 綾子 先輩(都立武蔵野北高校出身)

    お茶ゼミの復習テスト「Weeklyテスト」は前回の授業内容から出題されるため、授業をうけっぱなしにすることがないうえに、英単語も出題されるので暗記をするうえのペースメーカーになりました。そういった中で学習するうちに選抜テストを経て選抜クラスにもあがることができました。選抜クラスの授業はレベルが高く予習は大変でしたがレベルの高い同じクラスのメンバーについていきたいとやる気もわきました。

  • 八尋 賀子 先輩

    国際教養大学・国際教養学部合格

    八尋 賀子 先輩(都立駒場高校出身)

    大手の予備校も検討したのですが、お茶ゼミの授業が一番手ごたえを感じられて入会を決めました。通常の授業はいつでも質問ができるし一人ひとりの状況を把握してもらえる授業でした。そして印象に残っているのが漢文対策の授業。期間限定の5回集中講座なので、受講しやすくこの授業のおかげでセンター試験の漢文で満点がとることができました。国公立対策でセンター試験(次年度は共通テスト)の高得点を狙いたい人には推薦したい授業です。

  • 柳下 七美 先輩

    金沢大学・理工学域合格

    柳下 七美 先輩(山脇学園高校出身)

    大人数の授業では、授業を受けているのに講演会を聞いているような気持ちになり、退屈になりがちだと感じていましたが、お茶ゼミの少人数制の授業だと、先生との距離が近く授業の前後に積極的に質問することができました。数学の先生は、公式や定理が何を意味しているのかというところを大切にされていて、一貫した解き方を教えてくださいました。また証明問題は答案上の細かい点まで指摘くださり入試直前まで丁寧に見ていただきました。

  • 神倉 莉乃  先輩

    順天堂大学・医学部医学科合格

    神倉 莉乃 先輩(区立小石川中等教育学校出身)

    お茶ゼミは少人数制で、先生方は生徒想いで面倒見のいい方ばかりでした。遅い時間まで質問対応や採点をして下さったり、自分専用の問題集を作って下さったりと、感謝してもし切れないことばかりです。また、クラスメイトは同志として自分たちの解答を議論し合ったりするほどの仲になり、多くの刺激を受けました。医学部に現役合格ができた今、自分でも信じられない気持ちですが、お茶ゼミの先生や、仲間との出会いがあったからこその合格だなと、振り返ってみて強く思っています。

  • 高橋 克哉 先輩

    自治医科大学・医学部医学科合格

    高橋 克哉 先輩(国立筑波大学附属高校 出身)

    先輩からの紹介で素晴らしい講師がいるという話を聞いて入会を決めました。英語は澤村先生、化学は宇野沢先生の授業を受講していました。英語は自分一人では身につけられないような、精読を学び、感覚的ではない読み方を身につけることができました。化学はこの先生についていけば受かるという安心感のもと現象についてきちんと自分の言葉で説明できるまで考えぬき、理解することの大切さを学びました。

  • 牧野 史穂子  先輩

    早稲田大学・政治経済学部合格

    牧野 史穂子 先輩(浦和明の星女子高校出身)

    お茶ゼミの体験授業の先生がわかりやすく、お茶ゼミで頑張ることに決めました。早稲田受験では国語の対策がはずせないですが、自分では得意なほうだと思っていた国語をこれまでいかに感覚で解いていたかということを思い知らされました。先生の授業は簡潔かつ要点がとてもまとまっていて、問題を解くにも手順に沿って読み進めていくことを何度も何度も繰り返し教えてくださり、その手法を体得することができました。先生は厳しかったですが授業中に一人ひとりに声をかけてくださいました。

  • 寺﨑 絵美子 先輩

    早稲田大学・政治経済学部合格

    寺﨑 絵美子 先輩(都立桜修館高校出身)

    姉の紹介でお茶ゼミへ。英語については早慶クラスを受講していたのですが、早慶に出題されるような難解な問題の英文の読み方、解き方のコツ、英語と日本語での考え方の違いなどをロジカルに教えてくださいました。また英文の読解を通して、その英文のテーマにまつわるような教養的な知識も教えてくださり、そういった知識は国語の読解力にも応用できました。英作文問題や入試問題もひるむことなく解けるようになりました。

  • 古田 悠 先輩

    早稲田大学・政治経済学部合格

    古田 悠 先輩(成蹊高校出身)

    お茶ゼミは先生が生徒のことをよく見てくれる予備校です。自分の進度や理解度を分かったうえで授業・アドバイスをして頂けました。授業は分かりやすいのはもちろん、カリキュラムもすごく工夫がされていました。特に日本史は、高2のうちから始めたことで、早めに全範囲を1周できたので、3年生になったときにすごく余裕ができました。また仲良くなったクラスメートとも応援し合い、諦めず知識の覚え直しなどを続けたことで合格を掴むことができました。

  • 奈良 百合香  先輩

    早稲田大学・法学部合格

    奈良 百合香 先輩(八雲学園高校出身)

    一方通行ではない授業で一人ひとりを見てくださっていることがわかる授業です。ミスしてしまってもその場で直接指導してもらうことで、自分がなぜ間違ったのかを消化することができ、次へとつなげることができました。またお茶ゼミは早慶合格者が多いので先輩方の成績推移や早慶の問題の得点率を詳しく知れることができました。よって自分がどの程度得点すればいいのかの指標となり不安も削減され、モチベーションになりました。

  • 早稲田大学・国際教養学部合格

    川原 愛子 先輩(頌栄女子学院高校出身)

    お茶ゼミの授業は、自然と生徒と講師の間にコミュニケーションが生まれ、明るく、けれども決して緩み過ぎずしっかりと生徒の知識が育まれるような授業でした。学校のような雰囲気でとても居心地よく過ごすことができました。また茶ゼミのテキストは「この1冊さえやれば大丈夫」と思えるテキストで、多くの本が必要になるようなことがなく、お茶ゼミの授業・テキストだけで焦ることなく受験まで走り切ることができました。先生方のおかげで受験生活を乗り切れたと思います。本当に感謝しかありません。

  • 佐竹 伶文 先輩

    早稲田大学・国際教養学部合格

    佐竹 伶文 先輩(国際基督教大学高校出身)

    授業中は、一人ひとりの理解度に応じて先生の方から質問を投げかけてくださることが多く、集中力を切らさずに授業を臨むことができました。授業中に先生とコミュニケーションをとっているので、その後質問があったとしても、気楽に質問に行くことができました。また復習テスト「Weeklyテスト」の出来に応じて先生からアドバイスもいただくことができたので、特に世界史の論述力の得点があがりました。

  • 浜崎 愛梨 先輩

    早稲田大学・文化構想学部合格

    浜崎 愛梨 先輩(頌栄女子学院高校出身)

    早慶入試を意識して、まずは国語の対策から始めようとお茶ゼミへ。授業が本当にわかりやすく、要点だけをスパッと教えてくださる先生で、先生オリジナルのメソッドを実践することで苦手だった古文が驚くほど読めるようになりました。 英語は、幼少の時に海外経験があったので苦労することはないと思っていましたが、入試英語はまた別で、対策の必要性を感じ英語の早慶クラスも受講。文法から丁寧に学べたので、感覚ではなく論理的に文章が読めるようになり、英語にさらに自信が持てるようになりました。

  • 望月 萌々子 先輩

    早稲田大学・文化構想学部合格

    望月 萌々子 先輩(都立両国高校出身)

    先生方との距離が近いのがお茶ゼミの魅力。担当の先生全員が私の早稲田大合格を支えてくれました。進路担当の先生の「本気で早稲田に行きたいなら複数学部受験したほうがよい」というアドバイスから、複数学部の過去問を解き、早稲田特有の問題に慣れることができました。また早稲田入試に向けた先生オリジナルプリントは早稲田攻略ためのコツが網羅されており、そのおかげで早稲田大の国語は攻略できたと思っています。

  • 海野 真穂 先輩

    早稲田大学・文化構想学部合格

    海野 真穂 先輩(頌栄女子学院高校出身)

    お茶ゼミの授業で特に役立ったと思うのは山口先生の世界史の授業でした。教えてくださったことに重要ポイントがすべて凝縮されていたし、雑談も本当に面白くて、雑談も合わせて復習して頭に入れていたぐらいです。テキストも脚注が多くついていて、生徒の理解が進むようにとても工夫されていて使いやすかったです。お茶ゼミの先生は、皆さんが生徒の顔・名前を憶えてくれて、先生が成績を見て気にしてくれるから頑張ろうと思え、受験へのモチベーションを保つことにもつながりました。

  • 早稲田大学・文化構想学部 合格

    松島 光一郎 先輩(都立小山台高校出身)

    お茶ゼミのテキスト・授業・仕組み全てがよかったです。早稲田を目指して英語S早慶クラスを受講していました。担当の澤村先生は、優しいながらも厳しい視点を持って指導してくださり、特に高2秋からは4時間早慶の英語に向きあい続け、難しい長文を論理的に読解することができました。毎週の授業には復習テスト「Weeklyテスト」がありますが、何回も復習するきっかけとなり「Weeklyテスト」を通じて授業の内容を定着させることができました。

  • 山下 栞  先輩

    早稲田大学・社会科学部合格

    山下 栞 先輩(共立女子高校出身)

    受講していた国語の授業では先生に、現代文・古文の読み方や知識に加えて、予習・復習の方法、受験期のメンタル管理の方法まで受験生にとって必要なことを全て教えていただきました。また校舎スタッフの方は、本命受験日には試験会場まで応援に来てくださったり、自習の際に校舎を訪れた際には元気のでる挨拶をしてくださったりなど、私の受験期の不安を払拭してくれ、受験日はいつもの調子で試験を受けることができました。

  • 渡辺 翔  先輩

    早稲田大学・社会科学部合格

    渡辺 翔 先輩(都立小松川高校 出身)

    親の勧めで高2から通い始めたお茶ゼミ。初めて受けたのは、数学の佐藤先生の講義で、その解説の分かりやすさには感動をしたことを覚えています。先生の授業は分かりやすいだけでなく、様々なアドバイスを下いました。国語は秋元先生。古文・現代文の「読み方」を初めて体系的に学ぶことができ、特に古文の成績は大きく伸びました。お茶ゼミのテキストの問題は入試傾向を捉えていて、何度も繰り返した結果、入試本番では似た問題が出て、多くの問題と解き切ることができました。

  • 早稲田大学・教育学部合格

    津田 風佐 先輩(白百合学園高校出身)

    これまで通っていた塾が合わず悩んでいたところ、友達が持っていたお茶ゼミのテキストを見て、わかりやすい!と思いお茶ゼミに入会することにしました。実際に使っているテキストに加えて、中でも愛用していたのはお茶ゼミのオリジナル古文単語帳「あんころ」。他の市販の単語帳には手を出さず、先生が授業でおっしゃっていた単語と合わせて暗記を極めていくことで、偏差値40からのスタートでも早稲田大に合格することができました。

  • 山田 真緒 先輩

    早稲田大学・教育学部 合格

    山田 真緒 先輩(共立女子高校出身)

    早稲田大を目指していたので英語・国語とも選抜クラスである早慶クラスを受講していました。特に英語は早慶レベルの題材を扱うこと、授業中に先生から当てられるので、最初はついていくことも大変でしたが、諦めずにやり続けることで徐々に予習にも授業のペースにも慣れて、成績も上がっていきました。また早慶頻出の難しい単語の暗記にはお茶ゼミオリジナル英単語帳「お茶単」を活用し、自分の力を高めていきました。

  • 早稲田大学・教育学部合格

    中村 明日香 先輩(都立青山高校出身)

    高2の2学期、予備校に通う人が多くなってきたので予備校を探していた時に、先輩からお茶ゼミが良いと紹介されてお茶ゼミで頑張ることに決めました。お茶ゼミの国語の授業は、古文と現代文がひとつにまとめられていて、効率的に受講することができました。また、授業を違う時間や、違う校舎にも振替をして受けられる制度があったので、部活や学校行事があっても、振替制度を利用すれば、授業を休むことなく受講することができました。

  • 亀澤 茉歩 先輩

    早稲田大学・教育学部合格

    亀澤 茉歩 先輩(明治学院高校出身)

    体験授業で入試の厳しさと授業のレベルの高さを実感させてくれたお茶ゼミ。授業は毎回緊張感があり授業中はいつ指名されてもいいように、受け身ではなく、常に答えを考えているような状態でした。時に自分がわからなかった問題をクラスメイトが答えられたりするとすごく悔しく、1週間それをモチベーションに勉強を続けることができました。先生には個別に声をかけていただくこともあり、やる気につながりました。

  • 浅賀 七海 先輩

    早稲田大学・教育学部合格

    浅賀 七海 先輩(都立上野高校出身)

    少人数制でアットホームな感じにひかれてお茶ゼミに入会。今までは復習を怠ってしまうことが多く、知識が定着していない実感があったのですが、復習テスト「Weeklyテスト」のおかげで、復習を習慣化することができました。また「Weeklyテスト」では成績優秀者の名前が掲載されるので、名前が掲載されることを頑張るモチベーションにしていました。緊張感のある授業と「Weeklyテスト」のおかげで知識を自分のものにすることができました。

  • 平松 理沙 先輩

    早稲田大学・人間科学部合格

    平松 理沙 先輩(東京農業大学第一高校出身)

    なんといっても少人数制の授業がお茶ゼミのよいところ。英語の構文の読み取りについて自分ができるようになった際には、直接声をかけてもらえ、一人ひとりの成長を見守ってもらえている感じがしました。また体調を崩しがちだったのですが、授業を受け逃さないように他校舎や他時間帯の同じ授業に出席ができる「振替制度」を利用できたことも大変役に立ちました。

  • 慶應義塾大学・法学部合格

    古田 明日香 先輩(雙葉高校出身)

    お茶ゼミの先生は、一人ひとりのことを細かく把握して下さるので、相談がしやすいし、アドバイスが的確でした。博識で面白い先生ばかりで、授業のインパクトがあってすごく頭に残っています。 早慶専用の英語クラスでは英語を英語のまま読み下せるように、日本史は入試範囲を1回ではなく2回・3回と繰り返すカリキュラムで細部まで理解ができるようになるなど、国語、論文などでも、早稲田・慶應を見据えた対策を的確に行うことができたおかげで、合格を掴むことができたと思います。

  • 芥田 もなみ 先輩

    慶應義塾大学・法学部合格

    芥田 もなみ 先輩(頌栄女子学院高校出身)

    お茶ゼミの先生方は、皆さん親しく接して下さりながらも、生徒と真剣に向き合ってくださる先生方でした。授業は生徒が真剣に向き合える雰囲気が流れていて、また毎週「Weeklyテスト」という復習テストがあるので、緊張感を持ちながら受験までの時間を過ごすことができました。復習を繰り返すうちに、自然と実力が伸びていった実感があります。また、同じ授業であれば、違う校舎でも受講できる制度があり、学校行事にも参加ができたことも有難かったです。

  • 西村 光世 先輩

    慶應義塾大学・法学部合格

    西村 光世 先輩(東京都市大付属高校出身)

    お茶ゼミでは国語と、小論文の講座を受講していました。お茶ゼミの授業は少人数で、先生は生徒の名前はもちろん、志望大・成績の状況などを把握していて、いつも的確なアドバイスを下さいました。先生への質問や相談がしやすく、アットホームなところが自分に合っていたと思います。 国語の授業では、現文・古文の読み方を体系的に学ぶことができました。論文の講座では慶應を中心とした難関大をターゲットに、色々な学部を想定した論文の対策法を体得することができました。

  • 森田 あみ 先輩

    慶應義塾大学・法学部合格

    森田 あみ 先輩(白百合学園高校出身)

    同じ学校の人が多く通っていたこと、慶應大受験に強いといわれていたことでお茶ゼミに入塾。お茶ゼミでは一般受験に加えて論文講座や推薦講座といった入試対策も充実していたので、FIT入試対策も行うことができました。慶應入試に向けた論文講座では将来やりたいことの志望動機をもとに志望理由書の書き方を徹底的に指導していただきました。一次試験を突破した後は、小論文指導や面接対策をしていただき志望大合格を勝ちとることができました。

  • 佐々木 爽 先輩

    慶應義塾大学・法学部合格

    佐々木 爽 先輩(目黒学院高校出身)

    姉が通っていたのでお茶ゼミのことは知っていました。高1の講習を受けた際低学年の時から受験を見据えた対策を始めることの重要性を進路アドバイザーの方が丁寧に伝えくださりお茶ゼミで頑張ろうと入会を決めました。自分ひとりではさぼってしまいがちな授業の復習もお茶ゼミの「Weeklyテスト」では、前の週の重要事項が問われているので高得点がとれるように徹底的に対策を行いました。進路アドバイザーにも受験校の戦略なども最後まで相談に乗ってもらい、合格をかちとることができました。

  • 野崎 英恵 先輩

    慶應義塾大学・法学部合格

    野崎 英恵 先輩(頌栄女子学院高校出身)

    慶應大が第1志望だったので、論文の対策ができる予備校を探していました。論述力は時間をかけないと伸びづらいと考えていたので、慶應論文の対策ができるお茶ゼミに高2の早い段階に始めることにしました。担当の先生がと自分の長所や短所を踏まえて、書き方の傾向を把握してくださり、一人ひとりを見たうえで指導してくださいました。論文以外の科目も慶應傾向を把握したうえで、教えてくださったので、とても役立ちました。

  • 片岡 慶晃 先輩

    慶應義塾大学・法学部合格

    片岡 慶晃 先輩(暁星高校出身)

    先輩から紹介され現役生専門という名前にひかれて入ったお茶ゼミ。講師との距離が近く、授業では疑問が残らない授業をしてくださいました。よって復習をするにも疑問がわくことがなく、復習の効率があがりました。進路についても相談に乗ってくださり、面倒を見てくださいました。特に日本史では、高2で受講を始めてから最終的に、偏差値が10以上あがり、第一志望の慶應大に合格することができました。

  • 豊城 恒智 先輩

    慶應義塾大学・経済学部合格

    豊城 恒智 先輩(都立青山高校出身)

    他予備校に体験に行った際に講師との距離が遠くて何かが違うなと思い、講師との距離が近いお茶ゼミで頑張ることに決めました。どの先生もよかったのですが、印象に残っている授業は数学。とても厳しい先生でしたが、単純に問題が解けたらOKではなく、他にどのような切り口があるか、別解を探して考え続ける授業で、周りよりも一歩先に行ける感覚を味わえ、さらに力がつきました。楽しくも緊張感もある授業を通して、成績も伸びていきました。

  • 堀井 温木 先輩

    慶應義塾大学・経済学部合格

    堀井 温木 先輩(東京女学館高校出身)

    大人数での授業が苦手だったので、少人数制のお茶ゼミに通うことを決めました。お茶ゼミの授業は人数が多くないため、常に緊張感があり、また先生からの質問される機会もあるため、積極的に授業に参加することができました。先生方は生徒のことを見て、生徒に合わせて授業をしてくれ、一緒になって頑張ろうと授業をしてくれていたと感じています。 また、現役生専門なので校舎・自習室などに人が溢れていることもなく、気軽に気持ちよく勉強することができました。

  • 坪井 宏樹  先輩

    慶應義塾大学・総合政策学部合格

    坪井 宏樹 先輩(都立国際高校出身)

    数学の成績が思うように上がらず、先輩からお勧めされたお茶ゼミの天満先生の授業を受講しました。高3からのスタートでしたが、基本的・本質的なことから発展的なことまで抜け目なくカバーして下さったので、難関大志望でありながら数学に苦手意識があった自分に適していたと思います。直前期は小論文の対策も行い、SFC特有の対策を短期で行うことができました。質問の際は、一般論ではなく自分の傾向を正確に分析してアドバイスを頂けたことが、合格につながったと思います。

  • 桜井 広稀 先輩

    慶應義塾大学・文学部合格

    桜井 広稀 先輩(創価高校出身)

    お茶ゼミの授業は少人数制なので授業中に何度も先生に声をかけてもらえます。おかげで主体的に授業に向かうことができ、自分で考える力が身に尽きました。毎回の授業に対して、翌週の授業で復習テスト「Weeklyテスト」が実施されるため自分の理解度が得点という形で表れるので自分の学習法の確立にもつながりました。また点数が良いと成績上位者として名前が載るのでとても刺激になりました。

  • 田谷 桃花 先輩

    慶應義塾大学・文学部合格

    田谷 桃花 先輩(白百合学園高校出身)

    授業中に先生がおしえてくださる、先生オリジナルの現代文の読み方を実践することで少し難しいなと思う問題でも、自力で整理して読めるようになりました。古文も先生のイラストやストーリーを図示してくれたりととてもわかりやすかったです。先生が授業中でおっしゃることを徹底するだけで、力がつき選抜クラスにもあがることができました。選抜クラスはクラスメイトの意識が高くみんなが努力する姿に刺激を受け私も頑張れました。

  • 久野 恵莉 先輩

    慶應義塾大学・文学部合格

    久野 恵莉 先輩(晃華学園高校出身)

    お茶ゼミの授業は少人数制で、授業中に指名されることもあります。私は授業中に指名されることに苦手意識がありましたが、あえて指名を多くするという先生を選びました。緊張感があって集中できるし、自分の理解を深めるためにベストだと思ったからです。おかげで、どの授業も気を抜かずに受講できたし、先生方は楽しく授業をして下さったので、勉強という感覚ではなく面白く・興味深いという感覚で勉強ができました。

  • 慶應義塾大学・文学部合格

    伊良波 勇史朗 先輩(獨協高校出身)

    大人数の予備校では気が抜けてしまうし、個別指導では、ペースメーカーがなく停滞してしまいそうと考えていた私にとって、お茶ゼミの少人数制授業はぴったりでした。毎回程よい緊張感を持って臨むことができたし、毎週実施されていた「Weeklyテスト」では、前回の授業の内容全般が出題されるため、自然と復習する習慣が身に付きました。同じクラスの生徒たちがよい点数を取っているというのも良い刺激となりました。

  • 仁杉 穂乃香 先輩

    上智大学・総合人間科学部合格

    仁杉 穂乃香 先輩(晃華学園高校出身)

    英語の体験授業を受けその授業に感動して入会。お茶ゼミの英語の授業は、オールインワン。文法問題・長文読解・和訳問題・アクセントなど全てがひとつにまとまっているテキストで、授業も英語の根本的なところから教えてくださり、復習テスト「Weeklyテスト」で80点以上をとるようにアドバイスいただきました。どんなに忙しくても、授業の予習・復習を大切にし「Weeklyテスト」で80点以上をキープしつづけることで、成績があがりました。

  • 齋藤 優 先輩

    上智大学・文学部合格

    齋藤 優 先輩(浦和明の星女子高校出身)

    選抜クラスの授業は、最初英文法、英文読解もついていけず、悩んでいましたが続けるうちに4時間の授業もあっという間に感じられるようになりました。選抜クラスで成果を出し続ければ大丈夫!という安心感にもつながりました。また私は復習テスト「Weeklyテスト」は、復習していても自分の暗記のヌケモレや、甘さ雑さに気づくことができるとともに、成績優秀者は名前が校内に名前が掲載されるので、頑張るモチベーションになりました。

  • 平井 温咲  先輩

    上智大学・理工学部合格

    平井 温咲 先輩(明治学院高校出身)

    お茶ゼミは自主的に授業に向かうことができる仕組みが満載でした。聞いているだけの授業と異なり、講師が頻繁に生徒に質問をするので、自分がこれまでの理解の浅さに気づきました。授業後は、復習テスト「Weeklyテスト」に向けて100点を目指して緊張感を保ちながら復習に取り組めました。「Weeklyテスト」の点数は、自分がどこまで復習してどこまで身に付いているのか、毎週の学習のバロメーターとなっていました。

  • 上智大学・経済学部合格

    原田 真奈 先輩(成蹊高校出身)

    高2から周りよりも早めに受験対策を始めようと、日本史講座があるお茶ゼミに通うことにしました。日本史は予備知識も交えながら史料をたくさん使った説明で分かりやすく、国語も古典文法がほとんどわからなかった私でも理解できるような丁寧な説明で、毎回の授業でしっかり頭に叩き込んでもらえるような感覚の授業でした。最終的には推薦での受験で合格をしましたが、過去問や志望理由書の添削など、最後までたくさんのアドバイスを下さった先生方には本当に感謝をしています。

  • 上智大学・総合グローバル学部合格

    窪田真帆 先輩(共立女子高校出身)

    体験授業を受けてわかりやすいなと思ったことと、日本史の通史をはじめから学びたくて高3の春から受講をはじめました。学校の友達と一緒に通っていたのですが、少人数制なので授業を一緒に受ける他のメンバーとも顔見知りになり、授業に行くことがすごく楽しかったです。また復習テスト「Weeklyテスト」が毎週実施されるので、怠けることなく継続的に勉強することができ、友達とも学校で一緒にテキストをひらくこともありました。

  • 内田 海晟 先輩

    明治大学・法学部合格

    内田 海晟 先輩(創価高校出身)

    入塾前は英語が苦手でしたが、お茶ゼミの授業のおかげで文構造を捉える力がつき、様々な問題に触れることで英語力の伸びを実感。2年時にはTEAPでも高スコアを取れました。3年時には英・国・世とお世話になりましたが、どの先生ともお話しするのが楽しく、授業に行くのが楽しみだったので、最後までモチベーション高く乗り切ることができました。疑問点の質問もしやすく、英作・論述など一人では対策が難しい部分も見て頂きました。本当にありがとうございました。

  • 立教大学・経済学部合格

    近森 双葉 先輩(宝仙学園高校出身)

    夏期講習を受けたくて予備校を探していた時に友達が紹介してくれ、お茶ゼミで受験勉強を頑張ることに。大人数授業だと緊張感が薄れてしまいがちでしたが、お茶ゼミの少人数制の授業では、先生から指名される機会が多く、指名された問題は印象に残り深く理解することができました。また授業の復習をする習慣があまりなかったですが、復習テスト「Weeklyテスト」のおかげで先週の範囲を完璧に定着させられるようになりました。

  • 安田仁美 先輩

    立教大学・コミュニテ福祉学部合格

    安田仁美 先輩(共立女子高校出身)

    英語が特に苦手で、友人が紹介してくれたお茶ゼミの体験授業がわかりやすくお茶ゼミで頑張ることを決めました。これまでは問題を感覚で解いていたのですが、文法問題でも長文問題でも構造整理のやり方を教えてくださったため、英文を論理的に読み解く力を身につけることができました。1年間同じ先生に習い続けたのですが、文法問題、長文読解など英語全般にて大きく成績を伸ばすことができました。

  • 鯉渕 塔子 先輩

    青山学院大学・総合文化学部合格

    鯉渕 塔子 先輩(白百合学園高校出身)

    お茶ゼミは先生が一人ひとり顔も名前も覚えて下さり、すごく近い距離感でした。だから気が緩むことがあるとすぐに先生にバレます。私にとってはそれが有難く、緊張感を保ち授業を受け続けることができました。国語の秋元先生は、一番苦手だった国語を一から、学校とは違う方法で教えて下さり、成績を伸ばすことができました。授業中は厳しく、最後まで鼓舞して頂きましたが、先生はアメとムチがうまく、褒められるとすごく嬉しくて、それも支えになっていました。

  • 山田 睦実 先輩

    青山学院大学・経営学部合格

    山田 睦実 先輩(淑徳巣鴨高校出身)

    少人数制の授業が魅力でお茶ゼミへ。最初に受けた先生がすごい先生だ!と感じ入試までこの先生についていこうと決めていました。授業がわかりやすいだけでなく、その裏側にある圧倒的な知識量。また一人ひとりのことをよく見てくださっているので、私が気が緩んだタイミングで釘をさしてくださいました。面談でも入試についての厳しさを包み隠すことなく伝えてくださったので最後まで頑張りぬくことができました。

  • 重村 亘輝 先輩

    青山学院大学・経済学部合格

    重村 亘輝 先輩(都立豊多摩高校出身)

    同じ学校の友達に紹介されて、受験に必要な英語・国語・世界史についてお茶ゼミで対策をしていました。英語は場当たり的に問題をこなしていたのですが、論理的に英文を読む方法を教えていただきどんな問題においても論理的に読みこなす力をつけることができました。また世界史は通史に不安があったのですが、直前期の追い込み時期も、国ごとに何度も通史のポイントを復習してくださったので、安心して受験に臨めました。

  • 中村 怜菜 先輩(富士見高校出身)

    青山学院大学・文学部合格

    中村 怜菜 先輩(富士見高校出身)

    授業を受けるまで、英語は暗記科目であると思っていた私。お茶ゼミの英語の授業を受けて「解き方」を学ぶことで、英語は考えて解く科目であるということを知り、これまでと違う視点を持って英語に向き合うことができるようになりました。それは先生が問題を解く手順を明確に示してくださったのでこの先生の言うことに沿って学習すれば大丈夫と思うことができたからです。質問がある際も、いつでも気軽に答えてくださいました。

  • 井塚 彩莉 先輩

    青山学院大学・コミュニティ人間科学部合格

    井塚 彩莉 先輩(光塩女子学院高校出身)

    お茶ゼミには高2からお世話になりました。英語の福部先生の授業では基本から丁寧に教えて頂きました。また、とにかく面白い授業でだったので通うのがとても楽しみでした。国語の秋元先生の授業は、レベルの高い問題に取り組め、現文の読解法・古典文法をとても分かりやすく教えて頂きました。厳しくもあったけど、すごく引っ張り上げてもらえる授業でした。
    渋谷・吉祥寺に通っていましたが、自習室が綺麗で使いやすかったので、校舎が閉まるまで集中して勉強することも多くありました。

  • 木村衣里 先輩

    中央大学・商学部 合格

    木村衣里 先輩(共立女子高校出身)

    入試に向けて英語や日本史に不安がありお茶ゼミで対策を始めました。復習テストの「Weeklyテスト」は前回の内容から出題されるため、必然的に復習に力をいれられました。特に日本史「Weeklyテスト」のおかげで知識が定着していたので、入試前にヌケモレを確認するだけで、他の科目に時間をまわす余裕ができました。また振替制度を利用することで自分の予定に合わせて授業を受けられたので、自分のペースを保つことができました。

  • 田中 真理子 先輩

    中央大学・文学部合格

    田中 真理子 先輩(吉祥女子高校出身)

    他の予備校だと100人ぐらいの授業もあって、集中できないという話も聞きますが、お茶ゼミは少人数制だったのですごく集中して授業を受けられましたし、予習もきちんとしていこうと頑張り続けられました。先生方は魅力的な方ばかり。片岡先生の日本史は具体的なエピソードや裏話が多くて、日本史を面白くしてくれました。西川先生の英語はシンプルで一貫性があって、今までの英語感が大きく変わりました。最後まで励まして下さったことも、自分の力になったと思います。本当にありがとうございました。

  • 津田塾大学・学芸学部合格

    穴沢 夏子 先輩(東京女学館高校出身)

    同じ学校の人が多く通っていて勉強しやすい環境だと思い、高1から入会しました。授業だけでなく、折々に開催される古典文法を1日かけてテストする「古典文法五十三次踏破」や、日本史の暗記に取り組む「日本史マラソン」などのイベントがとても楽しみで、クラスメイト達と励ましあいながら頑張ることができたことが印象に残っています。進路について悩んだ時もスタッフの方が親身になって相談にのってくださり精神的にとても支えていただきました。

  • 沖濱 祐一 先輩

    法政大学・人間環境学部合格

    沖濱 祐一 先輩(都立豊多摩高校出身)

    最初、お茶ゼミについて丁寧に説明してくださり、ここなら安心して勉強ができそうだと感じお茶ゼミで頑張ることを決めました。ただ聞いているだけの授業では、不明点があったとしても、流してしまうところがあったので、少人数制の授業のため指名回数が多く、いつも緊張感を持って授業に臨むことができました。お茶ゼミオリジナルのお茶模試も模試を受験する機会が少なかった私にとって現状の力を把握するためにとても役に立ちました。

  • 水野 伸一  先輩

    University of Rome Tor Vergata・合格

    水野 伸一 先輩(創価高校出身)

    中1のタイミングからお茶ゼミで英語を学びたいと、英語を学びはじめました。お茶ゼミの英語の授業は英語の原理・原則をとても大事にする授業で、中学時代から高いレベルの授業を受講していたおかげで受験に必要な英語の基礎は、中学時代に完成できていました。進路考えた際に海外で学びたいと海外進学の準備を始めたときも、中学時代から培われてきた英語力をもとに、自信をもって出願することができ志望校合格を果たせました。

  

ページの先頭へ

ページの
先頭へ