先輩からのメッセージ

慶應義塾大学

  • 鈴木 詩音莉先輩
    慶應義塾大学・法学部合格
    鈴木 詩音莉先輩
    (頌栄女子学院高校出身)

    メッセージを読む

  • 松島 未来先輩
    慶應義塾大学・法学部合格
    松島 未来先輩
    (国立学芸大学附属国際中等教育学校出身)

    メッセージを読む

  • 三木 満理奈先輩
    慶應義塾大学・法学部合格
    三木 満理奈先輩
    (学習院女子高等科出身)

    メッセージを読む

学校でお茶ゼミに通塾していた先輩たちが早慶に合格していたのを見て、慶應大に行くならお茶ゼミがベスト、と考えた私。緊張感がありながらもユーモアのある授業で、模試の偏差値も上昇。お茶ゼミの選抜クラスはレベルが高く、周りの友達に負けずに追いつこうと努力することができました。

AO入試と一般入試が両立できるのが魅力で選んだのが、お茶ゼミ。少人数で先生やクラスメイトとの距離が近いため、互いに学び合うことができる環境でした。また、テキストもキーワードが書きこまれているので先生の説明に集中でき、内容を忘れてもテキストを読み返せばすぐに思い出すことができました。

お茶ゼミの授業は例えば英語なら1講座で文法・長文など全体的に学習ができるオールインワン授業です。週1回の授業さえ受ければ入試に必要な知識をすべて得られるため、常に焦ることなく、精神的にも時間的にもよかったですし、部活をやっていたので学校との両立にも役立ちました。

先生とコミュニケーションが取りやすく、アットホームで楽しいお茶ゼミだから、私も積極的に授業に取り組めました。また、授業はオールインワンでたくさん受講する必要がないので、経済的にも体力的にも負担が少なく、急に英作文が必要な学部を受けることになったときも、普段から練習しているので焦らずに済みました。

お茶ゼミの復習テスト「Weeklyテスト」は、絶対に復習しないと点がとれないため、とにかく復習に力をいれました。「Weeklyテスト」を通じて単語を暗記することでいかに成績が伸びるかを実感。復習しながら質の高い授業を受け続けることによって、高2の冬には英検準1級にも合格できました。

学校の部活や行事とお茶ゼミのどちらも疎かにせず、充実した生活を送るのに、授業を休まず別の日に振替えられる制度はとても役立ちました。また、毎週の「Weeklyテスト」は記述式なので、インプットだけでなくアウトプットもくり返すことで、入試本番でも正確に記述問題解答することができました。

  • 堀田 真生先輩
    慶應義塾大学・法学部合格
    堀田 真生先輩
    (聖ドミニコ学園出身)

    メッセージを読む

  • 西山 侑里先輩
    慶應義塾大学・法学部合格
    西山 侑里先輩
    (区立九段中等教育学校出身)

    メッセージを読む

  • 神谷 友里杏先輩
    慶應義塾大学・法学部合格
    神谷 友里杏先輩
    (白百合学園高校出身)

    メッセージを読む

お茶ゼミの復習テスト「Weeklyテスト」はその対策自体が、受験勉強に直結していました。自分で授業の復習をしようとしても、何をすればいいかわからないところを、テキストで明確にやるべきことがわかり、かつ、効率的に学習できました。特に世界史は一度覚えた知識が持続していたと実感できました。

AO入試は独学では対策が難しいものですが、お茶ゼミのAO推薦講座なら少人数で先生との距離が近く、的確なアドバイスがもらえます。納得がいく志望理由書が作成できなかったときも、先生が長い時間私の話を聞いてくださり、自分の考えを深めることができたことで方向性が見えました。

毎週の授業にある確認テスト「Weeklyテスト」には、その都度自分の理解度がわかるという利点がありました。自分に足りていない点を、手遅れになる前に穴埋めするために、開放的な講師室で先生にいつでも気軽に質問できるお茶ゼミの「先生との距離の近さ」は、やる気アップにつながりました。

先生の教え方がわかりやすくて素晴らしいだけでなく、少人数で授業の内外で先生に丁寧に相談に乗ってもらえるのがお茶ゼミです。選抜クラスに入ったあとはレベルの高い周りの仲間に追いつくために頑張れ、英語が受験の武器に。下から数えるほどだった模試の校内順位が、上位30位に入れるようになりました。

早慶合格率が高かったことが、私がお茶ゼミを選んだ理由でした。先生方は全員話しやすく、入試に必要な英作文や歴史の論述、小論文の添削を授業外で行ってくださいました。また、私の成績を把握し、勉強の進度について相談に乗ってくださるなど、本当に先生との距離が近いと感じました。

お茶ゼミの選抜クラスはレベルが高く、刺激を受けられるので、ついていくために向上心が芽生えました。できないことがあっても、先生は生徒を見捨てることなく熱心に教えてくださるので、成績が伸びて自信になりました。そのことで、記述模試の文系3科目の校内順位で、1位を取れたこともありました。

高3の夏まで部活をやっていた僕でも、都合が悪くなったら違う日程・校舎の授業に出席できる「振替制度」のおかげで、部活と学習の両立ができました。また、先生に質問できるので、わからないところをそのままにせず、先生の考え方までなぞることができ、苦手科目も成績が上がって好きになりました。

お茶ゼミのAO推薦講座のテキストでは、志望理由書の手順や例などがわかりやすく書かれていて、受験に向けて何度も見直しました。授業も少人数で生徒一人ひとりと先生が関わる時間が十分に取れ、志望理由を深められます。海外大併願コースで、英語検定試験対策も同時に行うことができました。

先生との距離が近く、気軽に質問できるのがお茶ゼミです。また、選抜クラスをめざすことで勉強を頑張ることができるので、その過程で偏差値もアップ。高1のときは第一志望の慶應大経済学部がE判定でしたが、高3ではA判定を取れるまでに伸びることができました。

OSクラスはやる気にあふれ実力のある生徒が揃うので、その仲間に毎日刺激を受けました。常に自分より上の存在がいたので、謙虚に毎日自分の課題と向き合えました。授業中はよく質問されますし、理解度は先生につつぬけなので常に集中。結果、想像以上の成果を得ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

高1の定期テストでクラス最下位となり、とにかく英語をなんとかしなくては、とお茶ゼミへ。選抜クラスに入りたくて必死に勉強して、お茶ゼミのイベント、長文マラソンにも積極的に参加して英文を速く読めるように。結果、高3の定期テストでは総合1位にまでなることができ、志望大合格も勝ち取れました。

私が受講していた早慶志望者向けの英語クラスは週1回の4時間授業で、集中して勉強するのに適していました。また、授業の前半で学んだことが早速後半で出てくることもあり、その場で納得することができました。先生から指名されるのは苦手でしたが、間違えたところは記憶に残りやすく、学習に役立ちました。

学校の英語の成績が最下位近くだった私。ですが、お茶ゼミの復習テスト「Weeklyテスト」で単語などの基礎を覚える習慣を身につけ、また授業では少人数で先生との距離が近く、質問がしやすかったので疑問をなくすことができ、成績も上位にアップ。勉強のモチベーションを保つことができました。

お茶ゼミは先生の教え方や添削が具体的でわかりやすいのはもちろん、テキストも問題形式になっている部分が多く、復習としてあとでまとめるのにとても役立ちました。また、校舎では自習室だけでなく空き教室でも自由に学習ができるなど、環境面も整っていました。

お茶ゼミには毎週の授業で復習テスト「Weeklyテスト」という、単語の暗記や復習を行うシステムがあります。そのため、他の塾に通っている友達よりも単語を早く、多く暗記することができ、毎回の授業内容も定着。少人数で先生に質問もしやすいため、授業でわからないところがなくなりました。

受験勉強を早めにスタートしたいと思った私は、少人数制のお茶ゼミを選択。毎週の授業にある「Weeklyテスト」が復習のペースメーカーとなり、授業内容が定着するとともに、先生は授業の質問はもちろん、勉強法や受験に関する相談も乗ってくださるので、不安を抱え込まずに済みました。

以前は違う予備校に通っていましたが、少人数制に惹かれてお茶ゼミに通塾を決意。授業は指名されて答えていく参加型で考える力が身につき、「Weeklyテスト」というきっかけもあるため、復習する習慣がつき知識も定着しました。また、先生との距離感が近く、たくさん相談にのっていただきました。

ベネッセグループの塾で、少人数制だったことで通塾を決めたお茶ゼミ。授業では指名されて間違えると「絶対に覚えよう」と思うため、すぐに知識が身につきました。先生は質問がしやすく、毎週の「Weeklyテスト」で点数が良いとほめていただけるので、毎日の勉強もやる気に。模試の校内順位も1位を取れました。

  • 藤本 奈緒先輩
    慶應義塾大学・商学部合格
    藤本 奈緒先輩
    (頌栄女子学院高校出身)

    メッセージを読む

  • 中村 まゆ先輩
    慶應義塾大学・看護医療学部合格
    中村 まゆ先輩
    (都立国際高校出身)

    メッセージを読む

  • 田巻 杏梨先輩
    慶應義塾大学・看護医療学部合格
    田巻 杏梨先輩
    (区立九段中等教育学校出身)

    メッセージを読む

お茶ゼミでのクラスメートは、全員が良き友達でもあり、ライバルでもあります。同じレベルの人だちと授業を受けることは刺激になりますし、毎週の「Weeklyテスト」で皆よりも低い点数を取ると、悔しさから次の週に向けて頑張れました。お茶ゼミで受講していた科目は、偏差値が15も伸びました。

先生の質がとにかく良い、と感じるのがお茶ゼミです。授業は面白くてわかりやすいため、基礎から自然と応用力まで身につきました。しかも、授業前後で先生に気軽に質問ができる雰囲気があり、スタートが遅かった科目も積極的に質問することで、早めに追いつくことができました。

部活が忙しい私も、お茶ゼミの授業は1講座でその科目のすべてがまとまっているオールインワン授業だったので、分野ごとに穴や差を作らずに、万遍なく学ぶことができました。また、授業の復習をするだけで、その科目の全分野を学べるので、やることで迷わず、しっかりと力がつきました。

ページの先頭へ