講座のご案内

高3講座紹介

「現役で難関大へ」を突き詰めたら
残り1年で成果を上げる方法にたどり着きました。

現役受験生の多くが、入試シーズンになると「時間が足りなかった」という言葉を口にするようになります。先輩から「もっと時間があれば」という後悔の言葉を聞いた人も多いでしょう。時間は、万人に平等に与えられています。時間がないということを、どう捉え、どんな解決策を用意できるか。そこが勝負の分かれ道。時間がないから、がむしゃらにやるのでも、寝る時間を削るのでもなく、大切なのは、使う時間の濃さ。お茶ゼミでの学ぶ時間には、1年で成果をあげていく「しくみ」があります。「わかったつもり」のまま時間が過ぎないよう、一人ひとりの理解を助ける少人数制の双方向授業。「受けっぱなし」のまま時間が過ぎないよう、しっかりと身につくまで繰り返すリピート方式。「勉強法も進路も不安」なままで時間が過ぎないよう、豊富なデータを用いた相談・面談ができるサポート体制。夢の実現へ向けて、限られた時間で成果をあげる。お茶ゼミの「合格メソッド」なら、それが可能です。

無料体験のお申込みはこちら

高2講座紹介

苦手を解消し、得意を伸ばす。高2を「身につく」スタイルで始めよう

高2の1年間は、忙しさに流されていたら、あっという間に終わってしまいそう。文系理系に分かれて深く学ぶようになり、苦手な科目や単元が出てくる人も増えてきます。また、部活や学校行事でも主役となる学年なので、限られた時間で、しっかりと身につく学習スタイルをつくれるかどうかが、勝負どころになってきます。
がんばって勉強しているのに、すぐ忘れてしまう。そんな人は、勉強法を見直してみませんか? 苦手だからと言って勉強量を2倍にするのではなく、忘れる量を半分にする。つまり、しっかりと身につく勉強法を自分のものにすれば、学力を積み重ねて伸び続けていくことができます。高3の春には実戦演習で本格的な受験勉強をスタートさせるために、今、基礎をしっかりと固めておく必要があります。高2のうちに、苦手を解消して得意を伸ばしていきましょう。お茶ゼミの「合格メソッド」なら、それが可能です。

高2秋スタート講座はこちら

無料体験のお申し込みはこちら

高1講座紹介

今、「身につく」スタイルに切り替えて
3年間、伸び続けていく自分になろう

いよいよスタートする高校生活。高校では、学校行事や部活動も本格的になり、授業の難易度やスピードもアップしていきます。忙しさに流されず、夢に向けての準備をしっかりとスタートさせていきたいですね。もし中学の頃はテスト前に一気に覚え、テストが終わると忘れてしまう、そんなことを繰り返す勉強スタイルだったとしたら、それはもう卒業。では、どんな勉強法に変えていけばいいのでしょうか。勉強量を2倍にするのではなく、忘れる量を半分にする。つまり、しっかりと身についていく勉強法に切り替えれば、学力を積み重ねて伸び続けていくことができます。高校の3年間は、新しい出会いの中で多くを学び吸収しながら、夢や進路を考え、大人になっていく時期です。この大切な季節の始まりに、お茶ゼミの「身につくスタイルとサイクル」で、新しい自分への一歩を踏み出しましょう。高校生活を楽しみながら、自分の夢を実現させるための土台も築いていく。お茶ゼミの「合格メソッド」なら、それが可能です。

無料体験のお申し込みはこちら

中3講座紹介

中高一貫校「中3」は、学習習慣において、
最も差がつく時期という事実。

中学学習範囲を中2までに修了し、いわゆる高校学習範囲へと中3から移行するカリキュラム。これは、東京都23区内を中心とした多くの中高一貫校で見受けられます。中3は、中学学習範囲を修了した後に続く重要な学年。中2でのつまずき解消や高校範囲学習への土台作りなど、しっかりと準備を行えば、大学入試における将来のライバルに一気に差をつけることも可能です。しかし、一方で中高一貫校中3生は、同時につい中だるみ気味になってしまい、逆に差をつけられてしまいがちな時期でもあります。過ごし方次第で、将来の大学入試にも大きく影響するこの時期。あなたは、中高一貫校「中3」という1年間をどう過ごしますか?

無料体験のお申し込みはこちら

中2講座紹介

大学入試が変わる。 求められる力も変わる。
準備は、中学低学年から。

近年大学入試が変わる、というニュースをよく耳にされることと思います。では「何のために」変わるのか、あるいは変わらなくてはならなかったのか? その答えとしてキーワードになるのは、「グローバル化」だと言えるでしょう。これから社会のあらゆる分野のリーダー候補生となっていく中高一貫新中1・新中2生を待ち受ける、様々な課題。既に日本国内だけで解決できる問題は少なく、積極的に世界へ繋がっていくことが求められています。そのような人材を育てるために、大学、そして大学入試が変わるのです。入試が変わるのですから、今までの受験勉強だけでは通用せず、変革に合わせた新しい「学び方」も必要になります。そのために、Benesseお茶の水ゼミナールではハーバード大等の全米トップ大に合格者を輩出する「ルートH」や、世界最大級の語学教室である「ベルリッツ」などの「グローバルに強い」ベネッセグループのノウハウを研究し、中高一貫中学生のためのプログラムを開発。Benesseお茶の水ゼミナールでは入試変革を乗り越えて国内・海外トップ大への合格はもちろん、その先の「グローバル社会で活躍したい」「学術分野で最先端の研究をしたい」という希望進路実現への素地作りにまで踏み出せます。無限の可能性を持つあなたの挑戦を、お待ちしています。

無料体験は校舎にお電話でお申し込みください。

中1講座紹介

大学入試が変わる。 求められる力も変わる。
準備は、中学低学年から。

近年大学入試が変わる、というニュースをよく耳にされることと思います。では「何のために」変わるのか、あるいは変わらなくてはならなかったのか? その答えとしてキーワードになるのは、「グローバル化」だと言えるでしょう。これから社会のあらゆる分野のリーダー候補生となっていく中高一貫新中1・新中2生を待ち受ける、様々な課題。既に日本国内だけで解決できる問題は少なく、積極的に世界へ繋がっていくことが求められています。そのような人材を育てるために、大学、そして大学入試が変わるのです。入試が変わるのですから、今までの受験勉強だけでは通用せず、変革に合わせた新しい「学び方」も必要になります。そのために、Benesseお茶の水ゼミナールではハーバード大等の全米トップ大に合格者を輩出する「ルートH」や、世界最大級の語学教室である「ベルリッツ」などの「グローバルに強い」ベネッセグループのノウハウを研究し、中高一貫中学生のためのプログラムを開発。Benesseお茶の水ゼミナールでは入試変革を乗り越えて国内・海外トップ大への合格はもちろん、その先の「グローバル社会で活躍したい」「学術分野で最先端の研究をしたい」という希望進路実現への素地作りにまで踏み出せます。無限の可能性を持つあなたの挑戦を、お待ちしています。

無料体験は校舎にお電話でお申し込みください。

ページの先頭へ