早稲田大学
政治経済学部合格|国語編

相馬 将人先輩 相馬先輩は、
国語、英語、世界史、論文など
をお茶の水ゼミナールで受講
しました。
成蹊高校出身 相馬 将人先輩
×
尾形 明彦 先生 国語 相馬先輩の国語を担当 加藤 亮先生
苦手な科目は早期から基礎固め。
質問の必要がないほどわかりやすい授業で、戦略通り苦手を解消できました!

部活と両立するために、フォローが手厚いお茶ゼミを選択。 早期スタートで学年トップ10入り!

海外を股にかけて仕事をしている父に憧れ、僕は早くから父と同じ早稲田大学政治経済学部を志望するようになりました。学校では毎日ラグビー部の練習で忙しかったのですが、周りの友達が通塾を始めた高1で、僕も予備校を検討。部活と両立できる学校近くの予備校で、母が少人数制で評判が良いと勧めてくれたのが、お茶ゼミでした。確かに大人数の予備校だと疑問点を質問しづらく、ついていけないかも…という不安があったので、納得してお茶ゼミを選択しました。まずは入試で配点が高いケースが多い英語から始めましたが、毎週の「Weeklyテスト」などで着実に基礎を積み上げられたことで、当初あった英文法の苦手も解消。徐々に対策科目も増やしていけました。その結果、全科目で成績が伸び、学年トップ10入りすることができました。早期からの対策が功を奏したと思います。

やる気が出にくい苦手科目も、楽しく理解できる方法を知る先生のおかげで、克服成功。 偏差値も急上昇!

僕は国語の対策を高2からスタート。実は苦手な科目だったのですが、早稲田大に合格するためには苦手を作れないので、どうしても早期に克服する必要がありました。苦手な科目はどうしても眠くなったりと気分が乗りにくいものですが、お茶ゼミの先生は基礎から教えてくださるだけでなく、題材に関連した話で興味を持たせたり、イメージしにくい古文では「現代だったら…」と置き換えて説明してくださる、わかりやすくて楽しい授業をしてくださったので、頭にも残りました。さらに入試レベルに高めていくうえでは、例えば選択問題で二択まで絞れたのに結局間違えてしまった場合など、なぜ間違いなのかをロジカルに教えてくださるので、質問する必要がないほど授業内で理解できました。結果として国語の偏差値は10も上がり、戦略通り苦手意識を払拭することができました!

お茶ゼミのここが良かった 国語S

Weeklyテスト Weeklyテスト

「Weeklyテスト」は前回の授業の復習テストなので、絶対に復習をしようと思うようになります。だから、力が着実についていきますし、漢字や古文単語などの基礎事項も毎週やることになるため、早期に基礎を固めることに繋がりました。

オールインワン授業(古文) オールインワン授業
(古文)

僕は現代文・古文・漢文すべてに苦手があったのですが、お茶ゼミは一回の授業でそれぞれを扱うため、効率的に対策ができます。古文は現代の日本語と違うので、どうしても理解に時間がかかりますが、お茶ゼミでは図解などを用いてわかりやすく解説してくださるので、難しくても着実に解けるようになっていきます。

オールインワン授業(現代文) オールインワン授業
(現代文)

実は、古文以上に苦手だったのが現代文。ですが、お茶ゼミの先生はどう線引きするか、どこに注目するかのポイントから教えてくださいました。さらに、文全体の重要部分を図式で説明してくださるので、「こことここが繋がっているのか!」ととてもわかりやすく把握できました。選択肢もダメな理由をロジカルに説明してくださり、納得できます。

※講座は2018年度の名称に置きかえています。

ページの先頭へ