東京大学
文科一類合格|英語編

有賀 公紀先輩 有賀先輩は、
英語、数学、世界史などを
お茶の水ゼミナールで受講
しました。
武蔵高校出身 有賀 公紀先輩
×
澤村 圭一 先生 英語 有賀先輩の英語を担当 澤村 圭一 先生
「つまらない」と思っていた受験英語が、
知的好奇心が刺激される授業でポジティブに。
少人数ならではの手厚いフォローで、東大に現役合格!

英語の早期スタートにより、低学年から基礎を身につけられたと実感。 学校での学習にもメリットが!

僕が最初に東大に興味を持ったきっかけは、他の大学とは違う「教養課程」の存在でした。漠然と国際政治などの政治方面に興味があったのですが、それらを中心に学びつつも、その他の分野も広く学べ、しかも日本でトップの教授や研究内容が集まる環境面でも優れた東大。そんな東大に憧れを持ち始めた僕に、父母は「東大に行きたいなら早めに勉強を始めた方がいいよ」と後押しをしてくれ、姉が通っていたお茶ゼミに、高1から僕も通塾することにしたのです。
とはいえ学校の学習もしっかりとやりたいですし、陸上部での活動もあった僕は、低学年のうちからやる気をもって受験勉強に取り組めるかに不安もありました。ですが、お茶ゼミには「Weeklyテスト」という復習テストが毎週あるので、自然と学習するサイクルを身に付けることができたのです。特に英語においては英単語の暗記をつい疎かにすることもあったのですが、「Weeklyテスト」をこなすことで積み上げられたと実感しています。
また、お茶ゼミは少人数制授業で一体感があって慣れやすく、低学年でも予備校に行きやすい雰囲気がありました。先生もフレンドリーで英作文の添削などを頼みやすく、一対一でしっかりとコメントをしてくださいながら対応してくださいました。こうしてお茶ゼミでの学習を進めていくと、自然と学校のテスト勉強での負荷も減少。お茶ゼミと学校での学習が繋がっていることを実感しました。こうして僕は低学年のうちから、学校生活と受験勉強を、並行して進めることができたのです。

早くから難問に触れることで、衝撃を受けるとともにやる気もアップ。 つまらなかった英語にどんどん興味が!

僕が受講したお茶ゼミの英語講座では、低学年のうちから京大などの最難関大の入試問題に触れ、思考水準の高さに大きな衝撃を受けました。ですが、先生は雑談も含めて楽しい授業をしてくださったので、「読んでやるぞ」とやる気が湧き、入試本番までに到達しなければならないゴールのイメージも作ることができました。
先生の指導は時に厳しく、でも愛があります。お茶ゼミは少人数制で先生から指名をされて回答する場面がありますが、長文和訳などで平凡なミスがあると、厳しく指摘をいただきます。そのことで緊張感をもって予習に取り組むことができましたが、一方で、長文のあとに関連した教養的な雑学を教えてくださるのが楽しみの一つ。単なる受験英語ではない、アカデミックイングリッシュにも触れることができ、最初はつまらないと思っていた英語も英文学や実用英語に繋がっていると思うと知的好奇心が刺激され、いつの間にかポジティブに学習に取り組めるようになりました。
ただ、最も印象に残っているのは、やはり先生が本当に面倒見良く指導をしてくださったことです。僕は高3春に2か月ほど留学したのですが、正直受験勉強のことを考えると、不安もありました。ですが、先生からは「お前なら大丈夫」と送り出していただき、帰国後に不在の間のプリントをくださり、添削でフォローをしてくださったことで追いつけました。
英語は受験にとらわれすぎると面白くありません。お茶ゼミで面倒見の良い先生のもと、刺激を受けられる授業をぜひ受けて欲しいと思います。

お茶ゼミのここが良かった 英語S東大

Weeklyテスト Weeklyテスト

毎週のWeeklyテストの点数は、しっかり先生がチェック。返却の時に点数が悪いとしっかりと指摘されるので、気が引き締まります。点数が良いと、「この調子」と褒められるので、嬉しくなってしまいます。このメリハリのある指導で、自然と学習に熱が入ります。

長文和訳&文法問題 長文和訳&文法問題

低学年のうちから最難関大の問題に触れ、最終的なゴールをイメージすることができます。また、先生は教養的な観点で長文を解説してくださるので、知的好奇心を刺激されます。文法も疎かにせず、毎回要点がまとまったプリントを配布してくださり、後々見直すのに非常に役立ちました。

英作文&添削 英作文&添削

僕が受けた英語講座では、英作文は宿題でした。授業前後に提出して、先生自ら丁寧に添削し、返却をしてくださいます。マンツーマンで個々の出来具合に合わせてしっかりと指導してくださいました。僕は長期の欠席があったため、クラスに追いつくために先生が熱心に添削をしてくださり、とても助かりました。

※講座は2018年度の名称に置きかえています。

ページの先頭へ