慶應義塾大学 法学部合格|推薦AO編

松島 未来先輩 松島先輩は、
推薦AO、論文、日本史など
をお茶の水ゼミナールで
受講しました。
国立学芸大学附属
国際中等教育学校出身
松島 未来先輩
×
末崎 貴士先生 推薦AO 有賀先輩の推薦AOを担当 末崎 貴士先生
一人ひとりをしっかりと見てくださる少人数制の指導が推薦AOにマッチ。
自信満々で入試に臨むことができた!

合格の可能性を広げるための、一般入試と推薦AO入試の両立。 お茶ゼミならどちらの対策もできた!

自分自身が帰国子女という経験。そして、中学の頃から取り組んでいた学校外のグローバルな活動から、サードカルチャーキッズという母国の文化があいまいな子どもたちのケアに、まだまだ日本が対応できていないという課題感を持つようになった私。この解決に向け、慶應義塾大法学部をめざそうと思ったのが、受験勉強開始のきっかけでした。この夢を叶えるために私の前にあったのが、一般受験と法FIT入試という選択肢。AO推薦専門の塾だとどうしても一般受験の対策ができないのがネックだったので、合格の可能性を広げることを考えると、一般と推薦AOのどちらの準備もできる予備校として、お茶ゼミを選ぶのは自然な選択でした。お茶ゼミは少人数制で私に合ったアドバイスをしていただけると考えたのも、大きな理由の一つです。

視野を広げてくれるクラスメイトと、心からやりたいことを言える先生。 推薦AO入試をめざすうえで最適な環境!

お茶ゼミは少人数制なので、先生と1対1で話す時間が多く取れるだけでなく、クラスの仲間とも助け合うことができる、というメリットがあります。志望理由書を書いているとき、同じ授業を受けていても、完成度はまちまち。進んでいるクラスメイトから、効率的な情報の集め方や間違えたときの対処法などを教えてもらったり、ときには本音を話し合ったりと、相手から学ぶことは視野を広げるうえでとても重要でした。先生はフランクで、心からやりたいことを言える雰囲気を作ってくださいます。厳しいときもありますが、授業がなくてもSNS上で添削をしてくださりと、一人ひとりをしっかりと見て指導してくださいました。私の抱える課題もロジカルに解き明かしてくださり、数字が出ないので合格に近づいているのか不安になりやすい法FIT入試において、とても頼れる先生でした。

お茶ゼミのここが良かった 慶應プレミアム

早期からの推薦AO対策 早期からの推薦AO対策

姉が推薦入試を受けていたこともあり、推薦AO入試はそんなに甘いものではない、と考えていました。その点、お茶ゼミは高2から推薦AO講座が開講されていたため、私の向き不向きや、合格に必要な力も早期からわかったので、対策がしやすかったです。

志望理由書作成 志望理由書作成

推薦AO入試で最も重要な志望理由書作成。春は授業で一人ずつテーマを発表し、クラスメイトからの意見をもらったあと、先生が整理して次の授業に向けて調べるべき点や、参考にする本などを指導してくださいます。夏以降はテーマが固まってくるため、先生との個別のやり取りが増えていきます。志望理由書を1行変えたら、先生に見ていただくなど、細部まで詰めていきました。途中で先生から「本当にそれをやりたいの?」と厳しく指導を受けた際、「これがやりたいんです」と気付いたら返していた私。これまでの指導で本当にやりたいことを見つけられたことを実感し、自信を持って入試に臨むことができました。

ページの先頭へ